FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダケカンバ ~赤城山:落葉ダケカンバ

紅葉には間に合いませんでしたが、日帰りで山・湖・神社・イルミネーションが楽しる赤城山(群馬県)に行ってきました。赤城山の小沼や見晴山の周辺などは標高1,450メートルほどで、ダケカンバが見られました。〈散歩日:11月10日〉

ダケカンバ(岳樺)は、カバノキ科カバノキ属の落葉高木で、北海道(低地)、本州中部以北・四国(亜高山帯)に生育します。シラカンバ(シラカバ、白樺)に似ていますが、シラカンバよりも標高が高い場所に分布します。

葉が落ちた状態での区別として
・シラカンバの樹皮は白っぽく、あまりめくれることはないのですが、ダケカンバの樹皮は赤茶色がかっており、ぺらぺらとめくれます。
・ダケカンバは枝先が赤っぽい。シラカンバの枝は黒っぽく、幹から枝が出ている基部に黒い「への字」状の模様があります。
共通点は、森林が何らかの理由で破壊されたあとに真っ先に生える木であること。

1. 小沼(標高1,450m)の湖畔。背後の山裾の林もダケカンバです。
きれぎれの風彩 「ダケカンバ」1-1

2. 山裾のダケカンバをズームで。
きれぎれの風彩 「ダケカンバ」1-2

3. 尾根の遊歩道を少し上ったところのダケカンバの樹皮。ペラペラです。
きれぎれの風彩 「ダケカンバ」1-3

4. 見晴山近くの赤城総合観光案内所から地蔵岳(1,674m)を見ます。
きれぎれの風彩 「ダケカンバ」1-4

5. こちらもダケカンバのようです。
きれぎれの風彩 「ダケカンバ」1-5


実は、観光案内所の西側は『白樺牧場』、案内所と大沼の間には『白樺樹林』という看板も見られ(この辺りは車で素通り)、最初はシラカンバなのかと思っていたのですが、2年前の妙高山で「ダケカンバは枝先まで白いと聞いた」と妻がいうので、そういえばと思い出し。(その後、改めて調べて、上記の違いを画で確認した次第です)

とはいえ、何か根拠となりそうな赤城山の植生についての記載がないものかとWeb検索していたところ、東京福祉大学赤城山宿泊研修実行専門委員会・委員長の2011年の文献で「人々を楽しませる赤城山の魅力 1.地形の概要と山頂における植生の特徴」を見つけました。

これによると「地蔵岳から見晴山にかけての地域はシラカバ純林地帯として紹介されているが、実際はダケカンバが大部分である。また、大洞から小沼にかけての斜面もダケカンバの群集となっており、これらの地域にあるダケカンバの樹齢はいずれも50~60年である。」
つまり、上記の画はダケカンバで間違いないと思われます。さらに、続きます。

「一方、黒檜山~薬師岳~見晴山の斜面(赤城山での北東側にあたる)にあるダケカンバの樹齢はそれより古く、100年以上のものも少なくない。
(このような群集形成の一つが)人工的な要素で、新坂平~大沼周辺~小沼までの山頂一帯は牧場として利用され、高木は伐採されていた。牧場の閉鎖によって真っ先にダケカンバが茂り始めたのである。つまり、樹齢が60年より若いダケカンバが群集している地域は、かつての牧場の範囲と考えてよい。

ダケカンバ群集はやがてブナやミズナラ林に移行する過渡期の林なのである。実際、樹齢100年以上のダケカンバがある場所では、ミズナラの大径木と共存している例が少なくない。つまり、赤城山山頂の植生はダケカンバに始まり、溶岩の風化と落ち葉の堆積による土壌の冨養化の進行に伴って、(ブナを挟んで)ミズナラに移行することが考えられる。」

私が見た範囲は、元牧場だったようです。次世代では、赤城山のダケカンバは少なくなり、ブナ林に代わり、ミズナラが点在する・・・ような光景かもしれません。

お土産にも「白樺」の名がついたものがあったり「白樺」を前面に出しているのは、名前が通っているから(ダケカンバよりメジャーだから)だろうと個人的に納得することにしました。
ただ、観光案内所から白樺牧場内を撮りましたが、この樹もダケカンバに見えます。でも白樺牧場だし、いくら何でも・・・不明です。
きれぎれの風彩 「ダケカンバ」1-6


◆別ブログに赤城山日帰り見学を記録しました。諸々面白かったです。
 ・赤城山:(大洞)赤城神社、大沼
 ・赤城山:鳥居峠,小沼,覚満淵,白川
 ・赤城山:ぐんまフラワーパーク


〈オマケの不明〉
小沼や覚満淵で見た、赤い果実をつけた樹が不明です。お分かりになる方がいらっしゃいましたら、ご教示いただけると幸いです。
きれぎれの風彩 「赤城山:不明」


スポンサーサイト



| 落葉高木 | 23:18 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

ダケカンバは暖地では見られない樹ですね。樹皮の特徴が良くわかりました。赤い実は何の樹でしょうか。当地では見られない樹のようです。

| 多摩NTの住人 | 2018/11/27 08:24 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

たびたびすみません。赤い実はバラ科の樹だとは思いますが、エゾノリンゴやズミあたりしか思い浮かびません。

| 多摩NTの住人 | 2018/11/27 09:10 | URL | ≫ EDIT

多摩NTさん こんにちは

>バラ科の樹だと なるほど~、そう見るのですね。流石ですね。
リンゴの仲間でしたか。
再度調べてみます。大変ありがとうございました。

| 山ぼうし | 2018/11/27 12:42 | URL |

「ダケカンバは枝先まで白い」を、自分の撮った白樺の写真と見比べて見たのですが、はっきりわからない写真ばかりでした。
シラカバに出会ったら枝の先までしっかり確かめたいと思います。
シラカバは樹皮が剥けても白いままですが、ダケカンバは樹皮が剝けると赤が出てくるところで見分けています。

この赤い実、枝の感じも実の感じもズミで間違いなさそうですね。
実の頭の大きな丸ポチ(萼のついていた痕)が面白いです。

↓題に返り咲き、となっていたのでノアザミが咲いていたのかと・・・
不注意ですみません。

| とんとん | 2018/11/27 13:57 | URL | ≫ EDIT

ダケカンバ・・・
冬山で樹皮が剥がれて雪の上に落ちていることが
あります。

ズミはコナシとかコリンゴと呼ばれています。
この実をみるとコリンゴのほうがピッタリですね。

| 山小屋 | 2018/11/28 06:18 | URL | ≫ EDIT

赤城山

おはようございます。

赤城山まででかけてきましたか。良いですねぇ。
これからしばらくすると、山へは登れなくなる
んじゃ無いでしょうか?

たいして雪は降らないでしょうけど、凍結が
心配されそうな気がします。

| 地理佐渡.. | 2018/11/28 07:18 | URL | ≫ EDIT

とんとんさん こんにちは

似ている樹木は、横に並べて比べたいですね。
妙高では横がブナでした。
ズミ情報ありがとうございます。次回とりあげます。

| 山ぼうし | 2018/12/01 16:05 | URL |

山小屋さん こんにちは

コナシにコリンゴですか~。
でも大きさから言うと、粒ナシ、粒リンゴでしょうか~。

| 山ぼうし | 2018/12/01 16:06 | URL |

地理佐渡さん こんにちは

そうですよね~1000m超えてますもんね~。
あっ、ワカサギ釣りがあるそうです。行けそうです。

| 山ぼうし | 2018/12/01 16:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1085-22ae02bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT