FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コアカミゴケ ~秋の帰省で再び

先月の帰省時に、薄日がさしたので名残の紅葉を見ようと少しだけ散歩しました。その際、道の駅の近くにある吊り橋の上で、GW帰省時散歩で初めて見た「コアカミゴケ」を再び見ることができました。〈散歩日:11月17日〉

コアカミゴケは、ハナゴケ科ハナゴケ属で地衣類の一種です。地衣体の上にできる小さな皿状の器官は、子器とよばれる生殖器官で、中に菌類の胞子がつくられます。
日本では低地から山地にかけて広く分布し、地上・朽木・針葉樹の樹幹上に生育するというので、よく見ることのできる地衣類なのでしょう。

1-2. その吊り橋の様子です。二人が並んで歩ける幅はあります。
   木製の歩道面及び左右の木製の部材に生育しています。
きれぎれの風彩 「コアカミゴケ」2-1

きれぎれの風彩 「コアカミゴケ」2-2


3-4. アップにするのは、ちょっと辛い姿勢になりディスプレイも見られず・・・適当に。赤い部分が子器(しき)で、小さい割には目にとまりやすいです。
きれぎれの風彩 「コアカミゴケ」2-3

きれぎれの風彩 「コアカミゴケ」2-4


5. 左右の部材の外側にもついていますが、環境的に向かないのか厳しそう。
きれぎれの風彩 「コアカミゴケ」2-5

調べていると、和名の漢字表記は「小赤実苔」という記載もありました。先端の子器を
「小さい赤い実」が付いているように見えることによるようです。
小さい生き物(地衣類、蘚苔類)も面白いので、時には注意して見ようと思います。


〔オマケ〕吊り橋と名残の紅葉
きれぎれの風彩 「コアカミゴケ」2-6


スポンサーサイト

| 未分類 | 12:16 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

これは、北軽井沢の鬼押出しで見たことがあります。拡大すると口紅を塗った唇に見えますね。

| 多摩NTの住人 | 2018/12/09 15:41 | URL | ≫ EDIT

コアカミゴケ

珍しい植物拝見できました。
朽ち木で成長する、菌苔?類の特徴でしょうか。
紅い花?きれですね。

| ころん | 2018/12/10 17:31 | URL |

出会ったら、突然の赤にびっくりするでしょう。
鮮烈な赤ですから、毒かしらなんて思いながらも、後で調べようとしっかりとってくるかもです。
珍しい植物ですね。

| とんとん | 2018/12/10 22:10 | URL | ≫ EDIT

コアカミゴケ

おはようございます。

すごいですねぇ。

当方も今年の小さな発見。
地衣類・蘚苔類を撮影。
なかなか奥が深いです。

| 地理佐渡.. | 2018/12/11 07:16 | URL | ≫ EDIT

多摩NTさん こんばんは

そうそう唇っぽいです。それに、このサイズが十数センチあったとしたら、なかなかキョーレツだと思います。

| 山ぼうし | 2018/12/12 00:39 | URL |

ころんさん こんばんは

地衣や苔などはよく分からないのですが、生える所が人工物でなければ環境によって生きていけるのでしょうね。

| 山ぼうし | 2018/12/12 00:40 | URL |

とんとんさん こんばんは

そうですね~、小さいことを抜きに考えると驚くと思います。
地衣類って不思議ですね。

| 山ぼうし | 2018/12/12 00:40 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

貴日記のコケは良かったですね。
キレイな色のコケが森林を作っているような感じが好みです。

| 山ぼうし | 2018/12/12 00:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1088-3e33b11a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT