FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フジ ~北本の大きなツル2019

北本自然観察公園の北西側の園路から山側に少し上ると、大きなフジのツルが間近で見られるところがあります。久し振りに訪れてみました。この日記で確認すると、2012年・2016年の記録がありますので、3年振りです。〈散歩日:1月5日〉

相変わらず大きなツルが絡まっていました。3年前の画と比較すると、所々でツルの位置が下がっているようです。自重と上部の生長、支える樹の枝によるのでしょう。

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園」190126-1

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園」190126-2

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園」190126-3


ここのツルは、支える樹の主幹に絡みつく感じではなく、樹の上部の枝につかまっているような感じです。(3年前の5番目の画で何となく分かります)

ということは、支える樹が小さい頃に枝に絡みつき、そのまま一緒に生長しているのかもしれません。歴史を感じます。支える樹は大変そうですが、ツルでつながれて風向きによっては相当な強風にも耐えられそうです。

フジは寿命が長いと聞きます。「あしかがフラワーパーク」の大藤(野田長藤)の樹齢は約150年、春日部市の「牛島の藤」は推定樹齢1200年とされています。いずれにしても長寿のようです。
ここのフジと支える樹が将来どのように変わっていくのか気になりますが、見届けることはできそうもありません。


---*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*---


近くの高木では、緑の葉が拡がっていました。キヅタのようです。

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園」190126-4

キヅタは気根を出して這い登りますし、樹冠までは登れないので、絡んだ木を枯らすことはないそうです。でも・・・重そうです。

スポンサーサイト



| 他の木元 | 14:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

フジの蔓がずいぶん伸びていますね。樹齢1200年のフジがあるのですか。それは驚きです。

| 多摩NTの住人 | 2019/01/27 16:48 | URL | ≫ EDIT

大きなフジのツル

おはようございます。

はい。たまになのですが、藤のつるというより
ふじの木と言いたいものがありますよね。
こうしてくねくねとねじ曲がっている姿が藤
らしいです。

| 地理佐渡.. | 2019/01/28 06:53 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。
ほんとうに大きなつるですね。初めは細いつるが、こんなに太くなるにはすごい年月が経っている証拠でしょうね。

「あしかがフラワーパーク」の大藤(野田長藤)の樹齢は約150年、春日部市の「牛島の藤」は推定樹齢1200年なのですか。どちらも見ていないので見に行きたいです。まずは「あしかがフラワーパーク」の藤を、ぜひ見に行きたいです。

| ringo | 2019/01/28 15:35 | URL | ≫ EDIT

多摩NTさん こんばんは

「牛島の藤」は、私もまだ見たことはありません。
埼玉なので、一度は1200年モノを見てみたいと思っています。

| 山ぼうし | 2019/01/29 22:08 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

実家の方で、ちょっと山に入るとフジの太いのがあります。
何が?ということもなく、ただただスゴイな~と思います。

| 山ぼうし | 2019/01/29 22:08 | URL |

ringoさん こんばんは

私はあしかがフラワーパークの大藤を2度見ましたが、
最初は、ちょっとした感動でした。機会があれば是非とも。

| 山ぼうし | 2019/01/29 22:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1100-58fcb19d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT