FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブナ ~松之山『美人林』2019

帰省で実家に行く前に、十日町市松之山のブナ林『美人林』に立ち寄りました。林内は5年振り2回目です(たぶん)。〈散歩日:5月3日〉

ブナ(椈・橅:木ヘンに無)はブナ科ブナ属の落葉高木です(分布は下段参照)。ブナ林は豊かな生態系を育み、美しい姿から森の女王と呼ばれています。
松之山の『美人林』には、丘陵を覆うように樹齢約100年ほどのブナの木が広がっています。二次林(下段参照)として一斉に育ったブナの林は、すらりとした立ち姿が美しい事から「美人林」と呼ばれるようになりました。

1. ため池越しのブナ林の光景です。いつの頃から全国から写真愛好家が集まる、人気の観光スポットになりました。その撮影スポットの一つになっています。
きれぎれの風彩 「ブナ」3-01


2. ため池の反対側からの光景です。ブナ林の広さもありますが、ブナの数が多いので先まで見えません。
きれぎれの風彩 「ブナ」3-02


3. 起伏のある林で、遊歩道で規制することなく林内は自由に入り込めます。おかげで様々なブナ林の光景を眺めることができます。
きれぎれの風彩 「ブナ」3-03


4. 斜面は豪雪地特有の「根曲り」になります。雪も残っていました。
きれぎれの風彩 「ブナ」3-04


5. 画の中央下側には散策の方がいます。ブナの全体を入れて、ブナの高さが分かるようにと思ったのですが、結果・・・上手くいってません。
きれぎれの風彩 「ブナ」3-05


6. 数人の方が低い位置でカメラを向けていたのは、「ここで!」の芽生えでした。
7-9. 前回訪れた時は、ブナの芽生えを見ていませんでした。まだ殻を帽子のように被ったものや重なっていた2枚の子葉が開きかけているもの、本葉が見えているもの。様々な芽生えの様子が見られました。(でも、ほぼ年を越せないそうです)
10. 美人林から出ようという時、仰ぎ見る葉の様子を撮っていないことに気付き・・・。
「6」「7」「8」「9」「10」
「きれぎれの風彩 松之山『美人林』2019」



『美人林』に隣接する越後松之山「森の学校」キョロロの中に、雪里のブナ林に関するパネル説明がありましたので、参考に一部抜粋し記録しておきます。

100年前、美人林は「はげ山」になった
 当地は、大正末期、地主が入用となり全てのブナを伐採し、炭にして売ってしまったことから、美人林はこの時期、一時はげ山になったと言われている。
 伐採前にブナの豊作年があり、明るくなった森の中ではブナの実生や稚樹が一気に成長を開始し、非常に高密度でブナ林が再生してきたことで、枝張りの少ないすらっとした樹形のブナ林に生長した。このように美人林は原生林ではなく、人の手によって二次的に再生してきた「二次林」と呼ばれるブナの林である。

低標高のブナ林が里山にある理由
 新潟県は全国2位のブナ林面積を誇る。ブナの生育に適した温度領域は標高でいうと約1,000~1,700mだが、日本海側のブナ林の分布範囲は標高約200~1,500mと大きな幅があり、しかも生育に適した温度領域から上限下限ともにずれている。特に下限を大きく下回り、新潟県の分布下限は標高25mに存在する。
 新潟県は低標高域でも多量の積雪があることと、ブナが多雪環境下でも優占できる樹木であることが、低標高域でのブナ林の成立を可能にしていると考えられている。美人林は標高約300mに位置し、全国的には低標高に位置するブナ林。おかげで、里山の林としての利用や、アクセスのし易さから観光地としての利用がされてきた。
(私の帰省時散歩コースのブナ林は。松之山より低く標高150m弱)

また、ブナの分布がないのは全国で沖縄県と千葉県の2県です。地域によって葉の大きさはだいぶ違い、北国よりも南国の方が小さく長さで半分ほどのようです。

スポンサーサイト



| 落葉高木 | 23:24 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

松之山の美人林は有名ですね。
ブナは大木になることが多く、秩父の山歩きでも
たくさん目にします。
秋に実を拾って食べるのが楽しみでした。
こんな小さな実でもクマの大好物だそうです。
ブナの芽生え・・・かわいいですね。

| 山小屋 | 2019/05/14 06:13 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんにちは

これまで果実はあまり見ていなかったです。
食用にできるとは聞きますが、食べたことはないです。
どこかで機会があればと思います。

| 山ぼうし | 2019/05/14 12:33 | URL |

いいなあ

いいなあ。
ブナ林って見たことがありません。ブナもよく知りません。
だから、記事の内容、とても勉強になりました。

| ディック | 2019/05/14 21:14 | URL | ≫ EDIT

美人林

おはようございます。

いきたいと思っているのに未だに行っていないです。
いつでもと思う近さがですね。邪魔しています。

ブナは長岡市郊外の山でもたくさん見ます。
説明されているように低山でも見られますね。
佐渡ではドンデンで見かけます。

| 地理佐渡.. | 2019/05/15 05:39 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

気持ちの良いブナ林ですね。標高25メートルに生育するのですか。いくら雪国とはいえ驚きです。

| 多摩NTの住人 | 2019/05/15 08:20 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

ブナ林は気持ち良いですよ~。
関東だと、けっこう山に入らないといけないので気軽には行けないですよね。

| 山ぼうし | 2019/05/17 00:31 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

新潟にいたらブナ林は身近ですよね。
是非一度、美人林にも。

| 山ぼうし | 2019/05/17 00:31 | URL |

多摩NTさん こんばんは

玉原高原のブナ林は大変でしたが、ここは適度な起伏が良いですね。
足元スッキリ美人の林でした。

| 山ぼうし | 2019/05/17 00:32 | URL |

ブナ林

綺麗です・吸いこまれそうです・
良い散歩なさいました・
樹木の下の樹に丸みにゆがみが又」お洒落のも見えました。

良い風景見せていただきました。

| ころん | 2019/05/17 18:50 | URL |

ころんさん こんばんは

美人林独特の光景+散歩のしやすさがあると思います。
たまに行きたくなる所です。

| 山ぼうし | 2019/05/18 21:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1123-d91e720f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT