FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北本:トネアザミ、マユミ、コケなど

北本自然観察公園の様子です。〈散歩日:11月10日、12月1日〉

トネアザミ(利根薊):キク科アザミ属の多年草
草丈が2メートルになる大型のアザミです。毎年秋になると幾つか倒れているのを見るのですが、今年は10月20日に訪問したとき、ほとんどが倒れていました。
そこで、再度様子を見てきました。まずは、11月10日。
花は数えるほどです。マルハナバチ(?)にとっても厳しい状況でしょう。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110-1201」191209-01

綿毛が日に反射して輝いていました。倒れてもたくさんの実をつけます。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110-1201」191209-02

12月1日では、綿毛が少なくなり、多くは飛んだ後でした。また、来年です。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110-1201」191209-03


マユミ(檀、真弓、檀弓)は、ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木(小高木)
11月10日:ピンクの果皮が割れ、赤い種子が現われはじめていました。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110-1201」191209-04


カラスウリ(烏瓜、唐朱瓜):ウリ科カラスウリ属のツル性多年草
12月1日:一本の樹にカラスウリが赤く熟しながらも多数残っていました。これほど残っているのをあまり見ませんので、記録しました。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110-1201」191209-05

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110-1201」191209-06


◇12月1日:ウメの枝にコケがはえていました。
寒くなり枯れそうですが、陽射しに応えるように伸びていました。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110-1201」191209-07

きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110-1201」191209-08


◇12月1日:斜面の林縁で大きくなったせいで、根元が変な(?)形になっています。その隙間にキノコが縦に。
きれぎれの風彩 「北本自然観察公園1110-1201」191209-09

スポンサーサイト



| 樹木・草花アレコレ | 23:42 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

アザミは種類が多いですね。地域によっても色々あるようで同定に悩まされます。同定するポイントをまだ押さえきれていません。カラスウリはたまに大群生を見ますね。

| 多摩NTの住人 | 2019/12/10 08:20 | URL | ≫ EDIT

トネアザミは大きいので別名:タイアザミと
呼んでいます。
カラスウリの鈴なり・・・
柿がなっているのかと思いました。

| 山小屋 | 2019/12/12 06:40 | URL | ≫ EDIT

トネアザミ

おはようございます。

深まる秋の風景をたくさん撮影されましたね。
晴天にも恵まれ、一つ一つを残しておきたく
なります。

こちらは既に雪も経験し、この手の風景はな
かなか見られたようになりました。ほぼ終わ
りかな。

今朝は冷たい雨です。まぁ、雪では無いだけ
ありがたいです。


| 地理佐渡.. | 2019/12/12 06:48 | URL | ≫ EDIT

多摩NTさん こんばんは

この公園では、外のアザミがあまり見られません。
見る機会も少なく、まだまだアザミの種類は分からないですね~。

| 山ぼうし | 2019/12/12 23:59 | URL |

山小屋さん こんばんは

カラスウリの多さに驚きました。
もっと熟して、鳥が啄んで、中身が薄くなった状態での太陽光の透け感も目立ちますね。

| 山ぼうし | 2019/12/12 23:59 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

今日、実家の方のライブカメラを見ました。道路は融けているようですが、周りが白くなっていました。冬が始まりましたね。

| 山ぼうし | 2019/12/12 23:59 | URL |

カラスウリって、家の近くの崖でもずうっとぶら下がって残っていますね。
鳥たちには、あんまりおいしくないのでしょうか。

| ディック | 2019/12/21 17:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1161-3d6df0c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT