FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フユノハナワラビ/オオハナワラビ

北本自然観察公園では、オオハナワラビ〈私は今年の10月20日が初見〉とフユノハナワラビ〈初見は4年前〉が見られます。〈散歩日:11月10日、12月1日〉

フユノハナワラビオオハナワラビは、ハナヤスリ科ハナワラビ属の多年草で冬緑性(夏は枯れる)シダ植物で、球形の胞子嚢を多数つけます。
当園では案内がありますので、そのように認識することができますが、両者はとても似ていますので、判別するのは一見難しいです。Webで違いを拾ってみると、

フユノハナワラビ
 ・明るい草地、平地から低山地の向陽の道ばた、林縁で見られます
 ・栄養葉の裂片は鈍鋸歯縁 ・葉柄や葉軸は無毛 ・基部近くで分岐 

オオハナワラビ
 ・日陰~半日陰となる山地のやや湿気た林床で見られます。
 ・縁は鋭鋸歯や不規則で波状など ・葉柄や葉軸は有毛 ・基部から少し上で分岐


フユノハナワラビ〈11月10日〉
きれぎれの風彩 「フユノハナワラビ/オオハナワラビ」1-1

きれぎれの風彩 「フユノハナワラビ/オオハナワラビ」1-2

きれぎれの風彩 「フユノハナワラビ/オオハナワラビ」1-3


オオハナワラビ〈12月1日〉
きれぎれの風彩 「フユノハナワラビ/オオハナワラビ」1-4

きれぎれの風彩 「フユノハナワラビ/オオハナワラビ」1-5


他のWebサイトで紹介している栄養葉の裂片をみると、ある程度の違いが見てとれますが、当園の両者はそれほど違いが分かりません。
唯一確認できた違いは、拡大して軸を見ると、オオハナワラビには毛が有り、フユノハナワラビは毛がほぼありませんでした。
スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 22:20 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

確かに鋸歯の様子は似ていますね。フユノハナワラビとオオハナワラビの雑種のアイフユノハナワラビもあるようですからややこしいです。

| 多摩NTの住人 | 2019/12/16 16:29 | URL | ≫ EDIT

フユノハナワラビとオオハナワラビ・・・
葉っぱに違いがあるようですが、よく見ないと
わかりません。

| 山小屋 | 2019/12/16 19:31 | URL | ≫ EDIT

フユノハナワラビ

おはようございます。

ずいぶん似ています。これですと
区別せずにフユノハナワラビと
してしまいそうです。いずれにせ
よ長岡にいてその姿を見ることは
今のところありません。
佐渡ではよく見たのですが..

| 地理佐渡.. | 2019/12/17 06:46 | URL | ≫ EDIT

私がよくいくところでは、自然教育園に両方あり、こども植物園にどちらか単発でふだがたっていたことがあるけれど、いずれにせよ遠くで何が何だか…。「変なシダみたいなのが出ている…」という様子なので、それじゃあ「見た」といううちに入らないでしょう。
へぇー、そんなふうな見分け方があるんだね、とこちらで知識だけはもらいました、という段階です。

| ディック | 2019/12/20 14:54 | URL |

多摩NTさん こんばんは

似ていますね~。私が両者を見たのは同じ園内でも離れた場所ですが、立ち入りできない森の中にもあるかもしれませんし、交雑ですか・・・心配です。

| 山ぼうし | 2019/12/22 17:02 | URL |

山小屋さん こんばんは

生長のどこかのタイミングでは、もう少し分かりやすい時があるのかな~と思ったり、願ったりです。

| 山ぼうし | 2019/12/22 17:02 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

この園内においては、両者の生育環境はまったく異なり、本文説明の通りです。
まずは、環境で絞るのもありかと思いました。

| 山ぼうし | 2019/12/22 17:02 | URL |

ディックさん こんばんは

近くでも分かり難いので、遠かったら絶対何が何だかですね~。
私はここでしか見たことがないので、別の所でも見てみたいです。

| 山ぼうし | 2019/12/22 17:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1163-1e5f29c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT