FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コシロノセンダングサ・アイノコセンダングサ

北本自然観察公園で11月10日にセンダングサの仲間を見ました。後で画を見ると白い舌状花がついているのです。そこで、再訪した際に同じ場所に行ってみました。花が終わっていないか心配でしたが、残っていました。〈散歩日:12月1日〉

コシロノセンダングサ(小白の栴壇草)は、キク科センダングサ属の一年草で、関東地方以西に広く帰化しているようです。コセンダングサの変種で似ていますが、明瞭な白色の舌状花を持つ点で区別されます。

1. 先月11日の再掲です。白い舌状花が筒状花の周りで咲いていました。
きれぎれの風彩 「コシロノセンダングサ」1-01


以下は、12月1日です。
2. 花は少なく、ほぼ果実(痩果)だらけ、ひっつき虫だらけです。浸入注意。
きれぎれの風彩 「コシロノセンダングサ」1-02

3. 花が残っているところです。ただ、舌状花(?)が小さいです。
きれぎれの風彩 「コシロノセンダングサ」1-03

4-6. アップでも記録しました(以前、主に使用していた別のカメラ使用)。
よく見ると舌状花の形や大きさがそれぞれ違います。筒状になっているものや唇形花のようになっているものもあります。
きれぎれの風彩 「コシロノセンダングサ」1-04

きれぎれの風彩 「コシロノセンダングサ」1-05

きれぎれの風彩 「コシロノセンダングサ」1-06

改めて調べてみると、センダングサ属の仲間には幾つかの種類があります。

(1)センダングサ:在来種とされ、花は大きく黄色の舌状花をもつ。あまり見ない。
(2)コセンダングサ:外来種で、舌状花がない。要注意外来生物に指定。
(3)タウコギ:在来種で、舌状花がない。茎は緑色で断面が円形。総苞片が大きい。
(4)アメリカセンダングサ:外来種で、舌状花はない。茎は暗紫色で稜あり。総苞片が大きい。要注意外来生物に指定。


これらの4種類は、分かりやすく問題ないと思います。(この日記では、(3)と(4)をまだとりあげたことがないです。)よく分からないのが、白い花をつけるタイプです。品種・名前(呼称)が統一されてないようです。(正解が分からないです)

白色の舌状花があり、花として大きいのがシロバナセンダングサシロノセンダングサと呼ばれ、小さいのがコシロノセンダングサ
アイノコセンダングサは、白く大きな筒状花やそれが変形し小さな舌状花のようになりかけているものなどがあります。
・・・今のところ、そんな個人的理解です。

明確ではありませんが、11月10日に見た花ではコシロノセンダングサが混じり、今回12月1日に見た花はほとんどがアイノコセンダングサと言えそうです。

辺りは、少なくともコシロノセンダングサとアイノコセンダングサ(たぶんコセンダングサも)が混在しながら群生していたのでしょう。
スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 16:29 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

センダングサの仲間はいろいろありますね。「合いの子」は私が子供の頃は良く使っていた言葉ですが、今はほとんど死語ですね。植物の世界で生き残っています。

| 多摩NTの住人 | 2019/12/22 18:04 | URL | ≫ EDIT

センダングサの仲間は多いです。
センダングサとシロバナセンダングサはよく
見かけます。

アイノコセンダングサ・・・
アイノ・コセンダンでしょうか?
アイノコ・センダングサでは少し違和感があります。

| 山小屋 | 2019/12/23 09:02 | URL | ≫ EDIT

コセンダングサやアメリカセンダングサはよく見かけるお馴染みの草ですね。
センダングサにはあまり出会えず、写真もありません。
コシロノセンダングサは外来種なんですね。
アイノコセンダングサは、これから花びらがもっと出てきそうで、なんだか不安な気持ちにさせられます。

| とんとん | 2019/12/23 23:28 | URL | ≫ EDIT

センダングサ

おはようございます。

同種にも色々種があって、それもまた
同時期に咲いたり、種子を見られるよ
うですね。たぶん当方はスルーしてい
るのでしょう。分かりません。

さて、いよいよ今日を含めて一週間。
この間2~3日仕事。4日は自宅を離
れる予定。バタバタします。サイト
管理が滞りそうです。

| 地理佐渡.. | 2019/12/25 06:38 | URL | ≫ EDIT

多摩NTさん こんにちは

いろいろあって分かりにくいです。コセンダングサ、コシロノセンダングサ、アイノコセンダングサまでは、コセンダングサで統一しても良いように思います。個人的には。

| 山ぼうし | 2019/12/30 11:22 | URL |

山小屋さん こんにちは

Webでひろうと、和名を「合いの子」とか「合の小」としているので
「アイノコ」で区切るのでしょうかね。

| 山ぼうし | 2019/12/30 11:23 | URL |

とんとんさん こんにちは

コセンダングサの変種はみな外来種ですね。
アイノコセンダングサの花は、もっと長く咲いていられたら変化しそうですね。
何故、舌状花という選択をしなかったのか不思議。

| 山ぼうし | 2019/12/30 11:23 | URL |

地理佐渡さん こんにちは

いずれにしても、やっかいなひっつき虫ですね。
今年も、今日明日となりましたが、年末という事に関わらず、更新遅れ気味です。

| 山ぼうし | 2019/12/30 11:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1164-e5c46307

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT