FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ナヨクサフジ ~片側に整列する花序

今回からは、埼玉県川越市・上尾市・川島町の境にある『三ツ又沼ビオトープ』及びその周辺散歩に行った時のことからとりあげます。〈散歩日:5月17日〉

農道沿いや休耕田で、青紫色の花序を多数つけているツル性の植物をあちらこちらで目にしました。後日、調べてみるとクサフジに似ているのが分かりましたが、似ているのは数種類あるのです。その中の『ナヨクサフジ』ではないかと思います。

ナヨクサフジ(弱草藤)は、マメ科ソラマメ属のツル性1年草です。ヨーロッパ~西アジアに自生する植物で、飼料作物・緑肥として栽培されています。
〔Webで確認した特徴〕
・花期は5月~8月。茎の長さは1.5~2メートルになる
・葉は、狭楕円形の小葉が10対ほどつく偶数羽状複葉で、先は巻きひげとなる
・花は、長さ1.5センチほどの蝶形花で総状花序の片側に整列してつく
 花柄は萼筒の先でなく、萼筒の尻(後部)が突き出るように下側につく

1.最初に見たのは、もうすぐビオトープに着く車内からで、目立っていました。
きれぎれの風彩 「ナヨクサフジ」1-1


2.茎はよく分岐して他の物にまとわりついて広がるので、ごちゃっとしています。
きれぎれの風彩 「ナヨクサフジ」1-2


3.なので、花以外は何だかよく分からない感じでした。茎は太いです。
きれぎれの風彩 「ナヨクサフジ」1-3


4.片側に(一方向に)整列する花序です。不思議なものです。
きれぎれの風彩 「ナヨクサフジ」1-4


5.画では分かり難いのですが、萼筒のお尻のちょっと手前に花柄があります。
きれぎれの風彩 「ナヨクサフジ」1-5


本種を同定する花の特徴としては、「旗弁の爪部(筒状部)が長く、旗弁の舷部(幅広の部分)のほぼ2倍の長さがある」そうです・・・見比べないとわかないです。
また、「クサフジによく似ているが、クサフジのような滑らかな茎ではなく軟毛が生えている」というのもあります。

他のマメ科植物と同様に、根に根粒と呼ばれるコブのような器官があり、中にいる根粒菌が空気中の窒素をアンモニアに変換し(窒素固定といいます)、植物の生育に欠かせない窒素を供給する働きをするそうです。土地が次第に肥沃になるわけです。さらに、土にすきこむことで肥料(緑肥)になります。

この辺りで多数見られたのは、昔々緑肥として使っていたから・・・かもしれない。
スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 23:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ナヨクサフジ

おはようございます。

そういえば似た様なものをこちらでも
見たことがあります。ただ、それが何
という種かを確認したことはありませ
んでした。ナヨクサフジ。クサフジは
聞きましたけど、初めてでした。

| 地理佐渡.. | 2020/06/11 06:46 | URL | ≫ EDIT

クサフジは知っていますけれど、こちらは初めてです。
>土にすきこむことで肥料(緑肥)になります
そういう利用の仕方があるんですね。

| ディック | 2020/06/11 17:35 | URL | ≫ EDIT

ナヨクサフジ・・・
こちらでも空き地で咲いていました。
なかなか繁殖力が強い植物のようです。

| 山小屋 | 2020/06/12 05:51 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

ナヨコサフジはニュータウン界隈では見られず、少し離れた里山などで見掛けます。田畑で肥料にされていた名残りでしょうかね。

| 多摩NTの住人 | 2020/06/13 17:29 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん こんばんは

同じような花をつける種類は多そうです。
ナヨクサフジは外来種なので、使いやすいのかもしれませんね。

| 山ぼうし | 2020/06/13 18:58 | URL |

ディックさん こんばんは

クサフジもまだ見たことが無いです。
レンゲソウなども緑肥になるので、田に植えたようです。

| 山ぼうし | 2020/06/13 18:58 | URL |

山小屋さん こんばんは

たまたまですが、貴ブログでも拝見して驚きました。
群生の様子をみていると、繁殖力は超(スーパー)級かも。

| 山ぼうし | 2020/06/13 18:58 | URL |

多摩NTさん こんばんは

よくご覧になっていますね。やはり田畑で使っていたと思うのが自然ですよね。果実(豆)は鶏の餌になっていたかも。

| 山ぼうし | 2020/06/13 18:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1204-4d635422

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT