FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キリ ~淡紫色の円錐花序

埼玉県川越市・上尾市・川島町の境にある「三ツ又沼ビオトープ」とその周辺散歩から。その2。〈散歩日:5月17日〉

「三ツ又沼ビオトープ」の遊歩道から田んぼに沿った農道を進むと、高木が屹立していました。近づいて花を見ると、キリのようです。

キリ(桐)は、キリ科キリ属の落葉高木です(以前は、ゴマノハグサ科 or ノウゼンカズラ科に分類していた)。材として軽く、湿気を通さず、狂いが少ないことから、古くから日本各地に植栽されており、野生化したものもみられます。

きれぎれの風彩 「キリ」2-1


枝先に大きな円錐花序をだし、淡い紫色の花をたくさんつけます。
きれぎれの風彩 「キリ」2-2

きれぎれの風彩 「キリ」2-3


花冠は長さ5センチほどの筒状鐘形で先端は唇状に5裂し、外面に毛があります。雄しべは4本。花が落ちた後は雌しべが一本飛び出たようになっています。
きれぎれの風彩 「キリ」2-4


花冠の5裂した下側3辺からは内側に点線のような模様が見られます。また筒内の下側には線状に盛り上がった部分が2か所(?)あります
きれぎれの風彩 「キリ」2-5


田んぼが広がる中で思いもかけないキリ発見でした。何故、田と田の間に植栽されたのか?考えてみると・・・そこに土地があったから。のような気がします。

なお、花後に果実ができますが、5年前の11月にさいたま市「岩槻文化公園」でキリの果実と翌年に咲く花芽を見ました。
スポンサーサイト



| 落葉高木 | 22:08 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

昔は女の子が生まれると桐の木を植えました。
その子がお嫁に行く時桐タンスを作って持たせた
そうです。
春の新緑の中で咲いているとよく目立ちます。

| 山小屋 | 2020/06/14 06:08 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

キリは高木になりますね。以前は花が間近で見られていましたが、年々枝が高くなっています。キリの材は綺麗ですね。

| 多摩NTの住人 | 2020/06/14 16:50 | URL | ≫ EDIT

桐の花も果実も、このような近くで見たことがありません。
横浜の市街地では、そもそも木が見つからないし、植物園にもない。
花札にあったり、紋章としても知られているし、箪笥の材にもなるのに…。
もっと植えられていてもよいような気がします。

| ディック | 2020/06/14 17:57 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんばんは

そうそう、そんな話を聞いたことがあります。
実家にも、私が居た頃は1本のキリがありました。
男兄弟なんですけどね。

| 山ぼうし | 2020/06/15 22:26 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

高くなりますね~。見難いですよね~。
実家にあったキリはもっと真っ直ぐでしたけど・・・。
材の白さは他にないですよね。

| 山ぼうし | 2020/06/15 22:26 | URL |

ディックさん こんばんは

今回は、高倍率のズームがイイ仕事をしました(笑)。
言われてみると、キリって見ないですね。里山の広い庭の片隅とか、畑の中にぽつんとあるイメージです。

| 山ぼうし | 2020/06/15 22:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1205-442815d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT