FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒメキンミズヒキ ~花穂の花は疎らにつく

北本自然観察公園の日の当たらない林縁に、「ヒメキンミズヒキ」の案内板がありました。全体的にキンミズヒキより小型です。初めて見ました。〈散歩日:9月13日〉

ヒメキンミズヒキ(姫金水引)は、バラ科キンミズヒキ属の多年草で、本州~九州の山地の林内・林縁などに自生します。日陰を好みます。
〔Webで確認した特徴〕
・草丈は30~60センチ。花期は8~10月。(当地では8~9月頃)
奇数羽状複葉で小葉は3~7枚。先端の3小葉は楕円形で先はあまり尖らない。
 下の側小葉は小さい。粗い鋸歯。葉柄の基部に托葉がある。
・花は直径約5~7ミリ、細い花弁が5枚。雄蕊は5~8個ある。

残っていた花穂は小さなものばかりで、大きな花穂は果実がついていました。
きれぎれの風彩 「ヒメキンミズヒキ」1-1


羽状複葉の先の3小葉が大きく目立ちます。その下に小さな葉が一段置きについているのが面白いです。(他にも撮ったのですが・・・日陰での記録が苦手なカメラです)
きれぎれの風彩 「ヒメキンミズヒキ」1-2


名前のとおり、ヒメキンミズヒキは〔キンミズヒキ〕に似ています。違いは
・ヒメは、花穂が細く、花は疎らにつき、花弁の幅は狭く、雄しべは5~8個
・キンは、花穂は太く、花はたくさん、花弁の幅は広く、雄しべは8~14個

果実はひっつき虫で、キンミズヒキの果実より萼筒が短いそうです。
きれぎれの風彩 「ヒメキンミズヒキ」1-3


雄しべは5個でした。Web画像で見る花は、花弁がもう少し大きい感じが多いです。
きれぎれの風彩 「ヒメキンミズヒキ」1-4

たぶん当地では以前から自生していたと思いますが、本種のことを知らなかったのでスルーしていたのでしょう。案内板のおかげで確認できました。
スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 21:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

キンミズヒキはよく見かけますが、
ヒメキンミズヒキは見たことがないかも
しれません。
今度から注意して葉っぱをみてみます。

| 山小屋 | 2020/10/08 06:20 | URL | ≫ EDIT

ヒメキンミズヒキ

おはようございます。

くんミズヒキからみますとずいぶん小さな
種ですね。こちらで見られるのかなぁ。と
にかく気をつけていないと見逃しそうです
ね。

| 地理佐渡.. | 2020/10/08 06:33 | URL | ≫ EDIT

ヒメキンミズヒキというのがあるのですか。
近寄って撮影した花を見ると、なるほどと思いますが、
1枚目や2枚目の写真では花序に花が並んで見えないので、ヒメキンミズヒキという名前が、「ほんとにキンミズヒキの仲間なの?」と言いたいくらい違和感があります。
キンミズヒキの葉を意識してよく観察したことがありませんでした。花を見ればそうわかるから。
バラ科なんですね。
あらためて考えてみると、ミズヒキはタデ科で、まったく違うのに、どうしてキンミズヒキとかヒメキンミズヒキとかいう名前が付いたのですかね。

| ディック | 2020/10/08 11:45 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんにちは

私も今回初めて認識しましたので、
これからは、一応疑って見ようと思います。

| 山ぼうし | 2020/10/10 12:53 | URL |

地理佐渡さん こんにちは

パッと見で、全体が小型で、花が疎らなら
注意して見ようと思います。

| 山ぼうし | 2020/10/10 12:53 | URL |

ディックさん こんにちは

たぶん花期は終盤で、残っていた花穂は小さなものばかりでした。大きな花穂は3枚目の写真のように果実がついていました。これくらいの花穂にはなるとイメージしました。
細長い茎をミズヒキに例えたのかな~と思いますが、科が違う時は分かり難いですね~。

| 山ぼうし | 2020/10/10 12:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1231-998b71fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT