FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヤブツルアズキ ~アズキの原種と云う

北本自然観察公園の駐車場入口近くで、2年前にノアズキを見つけました。似ているというヤブツルアズキは過去に1枚だけ、それらしい花のみを記録しただけでした。以来、なかなか見られませんでしたが、今回、これは!と・・・。〈散歩日:10月4日〉

ヤブツルアズキ(藪蔓小豆)は、マメ科ササゲ属のツル性の一年草で、本州~九州の原野の草地で見られるそうです。花期は8~10月。

これは!と言っても、見つけたのは園路の脇で花一輪です。それでもラッキーでした。
きれぎれの風彩 「ヤブツルアズキ」1-1


葉は3出複葉(3小葉)で、頂小葉は側小葉より大きい。小葉は狭卵形から卵形で、全縁か浅く3裂し、先端は急に鋭くとがる〈Web情報〉。
花に近い3小葉は、浅く3裂しています。次の左側の葉は、サイズが大きく全縁です。
きれぎれの風彩 「ヤブツルアズキ」1-2


花は黄色で長さ幅とも15~18ミリほど。旗弁は左右非相称で、竜骨弁は2枚が合着して筒状になりクルリとねじれる。左側の翼弁が竜骨弁にかぶさり、右側の翼弁は竜骨弁を抱くようにつきでる〈Web情報〉。ややこしい花姿です。
きれぎれの風彩 「ヤブツルアズキ」1-3

きれぎれの風彩 「ヤブツルアズキ」1-4


たまたまヤマトシジミがヤブツルアズキの小葉にとまりました。サイズを比較するスケールとして役立ちました。
きれぎれの風彩 「ヤブツルアズキ」1-5



こちらは駐車場入口近くのノアズキ(マメ科ノアズキ属)で、同日に見られました。
ノアズキの葉は左右の角が円い菱形で横に幅があるので、ヤブツルアズキと比較すると見た目(雰囲気)が異なります。
きれぎれの風彩 「ヤブツルアズキ」1-6


また、花後にできるヤブツルアズキの豆果は線形で、ノアズキの豆果は広線形(扁平)なのでヤブツルアズキの方がアズキ(小豆)に近いそうです。

栽培種のアズキ(マメ科ササゲ属)は、茎が直立しツル性になりません。
ヤブツルアズキは、アズキの原種とされています。名前の由来は、藪に生えるツル性のアズキという意味からのようですが、原種なのに名前は後付けです。
スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 23:25 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ヤブツルアズキ

おはようございます。

こちらでも同種は見られると思います。
といいますか、農道脇などで見てきた
黄色いつる性の植物がこれであろうと
記憶があるのです。細長い鞘状の豆も
できていました。
そのヤブツルアズキのあるあたりは今
セイタカアワダチソウの黄色が目立っ
ています。

| 地理佐渡.. | 2020/10/16 06:41 | URL | ≫ EDIT

ヤブツルアズキ・・・
偶然、私も近くの野山でみかけました。
ノアズキはありませんでした。


| 山小屋 | 2020/10/16 07:41 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん こんにちは

細長い果実であればヤブツルでしょうね。外来種のセイタカアワダチソウが、田舎の農道で見られるのは少し残念です~。
栽培種のアズキの花も見たいものです。

| 山ぼうし | 2020/10/17 15:37 | URL |

山小屋さん こんにちは

Webで「ヤブツルアズキはどちらかと言うとやや湿ったところ、ノアズキはどちらかという乾いたところ」との記載も見ました。

| 山ぼうし | 2020/10/17 15:37 | URL |

ヤブツルアズキかノアズキか…、多摩方面の長池公園で見たことがあります。ちょっと撮りにくくて、記事にしないまま忘れかけていました。
「あの、変なふうに曲がった花…」というふうに憶えているわけです。

| ディック | 2020/10/27 17:54 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

曲がって歪んで・・・何でこういう形になろうとしたのか不思議です。
今回は見比べることができて良かった。葉が違いますね。

| 山ぼうし | 2020/10/29 22:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1233-0d8bee9e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT