FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハダカホオズキ ~真っ赤で丸い果実

北本自然観察公園で、今年の9月13日に初めて「ハダカホオズキ」の花を見ました。日記にとりあげる際、果実は赤く熟すことを知り、その後の経過を10月、11月と確認しに行きました。〈散歩日:10月4日、11月8日〉

ハダカホオズキ(裸酸漿)は、ナス科ハダカホオズキ属の多年草で、本州~沖縄の山地の林縁に分布します。花期は8~9月。草丈は60~90センチ。果実は液果で、直径7~10ミリの球形になり赤く熟す。

〔10月4日(日)の様子〕
前回、花を見た時は、できたての先が緩くとがった果実も見ましたが、この時は全ての果実が球形に膨らみ、でも色は緑のまま垂れ下がっていました。
きれぎれの風彩 「ハダカホオズキ」2-1

額も緑色なので、何かの容器みたいです。
きれぎれの風彩 「ハダカホオズキ」2-2


〔11月8日(日)の様子〕
1ヵ月経過しました。果実を見に行くと、赤くなっていました。葉はまだシャキッと。
きれぎれの風彩 「ハダカホオズキ」2-3

熟しても萼はそのまま緑色で浅い皿状です。さらに熟すと黒っぽくなるようです。
きれぎれの風彩 「ハダカホオズキ」2-4

このアップは、古いコンデジで撮りました。こちらの方が目視に近い赤色です。
きれぎれの風彩 「ハダカホオズキ」2-5


和名は赤い果実が袋を取ったホオズキ(ナス科ホオズキ属)に似ていることによりますが、サイズは小さいです。
それはともかく、今年はハダカホオズキを初めて(花の状態を)見て、果実も緑~赤と経過を見ることができ良かったです。
スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 22:26 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ハダカホオズキは一度だけ出会ったことがありますが、実にばかり注目して、萼の部分まで気が回りませんでした。
面白い形の萼ですね。
葉が枯れるころには色が変わるのでしょうか。

| とんとん | 2020/11/25 10:19 | URL | ≫ EDIT

ハダカホオズキの実はたまたま座り込んだらそこにあって、写真に撮って調べて憶えました。たった一度きりだけど印象深い。
でもそれ以来、花もまだ見たことがないのです。
ほかの方のブログの写真で見て「これが花か!」と。

| ディック | 2020/11/25 17:52 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

ハダカホオズキの果実が見られましたね。これは公園で見守られているのですね。ハダカホオズキは連絡障害の性質があるらしく、多年草でも数年経つと消えてしまうことがあるようです。当地でも見られなくなった場所があります。

| 多摩NTの住人 | 2020/11/25 18:10 | URL | ≫ EDIT

ハダカホウズキ・・・
赤く熟すとルビーのような輝きですね。
指輪にして奥さんにプレゼントしてください。

| 山小屋 | 2020/11/27 16:20 | URL | ≫ EDIT

とんとんさん こんばんは

萼がなかなか見ない感じではないですかね。
陶芸のような?何というのでしょうかね。
この後も、行ったときには経過観察したいと思います。

| 山ぼうし | 2020/11/27 21:57 | URL |

ディックさん こんばんは

花の奥ゆかしい感じからは、果実の真っ赤は想像でき難いですね。
額も含めて造形もよくできたものだと思います。

| 山ぼうし | 2020/11/27 21:57 | URL |

多摩NTさん こんばんは

自然観察公園の面目躍如(?)ということでしょうか。
でも、数年後に見られなくなるかもしれないのですね。それも自然ということで。

| 山ぼうし | 2020/11/27 21:58 | URL |

山小屋さん こんばんは

キレイな姿形の果実でした。
ステキなコメントありがとうございます。

| 山ぼうし | 2020/11/27 21:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1245-53ec97be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT