FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サルトリイバラ ~赤く丸い果実の丸い房

北本自然観察公園内の埼玉県自然学習センターの前庭(?)は、樹の周りに芝生があり養生中で立入禁止なのですが、ロープで樹まで行ける通路が作られていました。そこを進むと、樹の下にサルトリイバラの案内板があり、赤い果実の集まりがいくつもありました。サルトリイバラをとりあげるのは初めてです。〈散歩日:12月20日〉

サルトリイバラ(猿捕茨)は、サルトリイバラ科(またはユリ科)シオデ属の落葉ツル性半低木。(半低木:地下や根際で数本の幹に分かれ、主幹が不明瞭で、茎の下半分~根元の部分のみが木質化し、草本と木本の中間的な性質をもつ。)
別名、サンキライ
・ツル性の茎には棘があり、葉柄からは巻きひげが2本でる。この棘と巻きひげで他の樹の枝等に絡みつきながら伸びていく。
・葉は互生し、葉身は3~12センチの円形~広卵形。クッキリした葉脈が入る。
・花期は4~7月。散形花序を成し、淡黄緑色の多数の小花が集まって咲く。
果実は液果で、径7~10ミリの球形。秋に熟すと赤くなる

既に落葉していますので、赤い果実のみがついています。この果実は、ツルから脱落しにくいため、生け花やクリスマスリースにも使われるそうです。
きれぎれの風彩 「サルトリイバラ」1-1


胸の高さ辺りの果実です。この辺りから上の茎は緑色です。巻きひげが残ります。
きれぎれの風彩 「サルトリイバラ」1-2


花軸の先から放射状に花(果)柄が伸びるので、花序自体も丸くまとまります。
色も形もキレイな果実です。
きれぎれの風彩 「サルトリイバラ」1-3


見上げる先にもツルが伸び、果実がついていました。葉は支えている樹の葉です。
きれぎれの風彩 「サルトリイバラ」1-4


まだ葉も花も見ていませんが、前庭にあることが分かりましたので、来年(忘れていなければ)確認しようと思います。
サルトリイバラは縁起木ではないかもしれませんが、キレイな赤い実ですし、新年の最初にとりあげる良い機会になりました(・・・かもしれません)。
スポンサーサイト



| 他の木元 | 17:37 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

明けましておめでとうございます
形も色も良いサルトリイバラの実がこんなに沢山!
通路ができるわけですね。
1月に訪問したことがないので、これは初めてです。
お正月におめでたい実として、ナンテン(語感で得してる)は取り上げられますが、
サルトリイバラの実が取り上げられることがないのは、もったいないですね。

北本の記事は特に楽しく拝見しています。
今年もよろしくお願いいたします。

| とんとん | 2021/01/03 21:14 | URL | ≫ EDIT

サルトリイバラ

おはようございます。

赤い実が嬉しい冬枯れの風景です。
やはり晴天下での風景ですから明
るいですねぇ。うらやましいです。

こちらは雪の降り方が少し和らぎ
ましたが、一気に融けるわけでも
無いので、しばらくは心配しなが
らの日々が続きます。

さて、いよいよ仕事始めです。
今朝は除雪もしなくて良いので
ありがたいスタートです。

| 地理佐渡.. | 2021/01/04 06:44 | URL | ≫ EDIT

サルトリイバラ・・・
春に小さな花をたくさん咲かせます。
また、秋の赤い実はきれいです。

晴天に恵まれた三が日でした。
今日から仕事始めのところも多いようです。
昔のように新年会はできそうもありません。

| 山小屋 | 2021/01/04 08:20 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

今年もどうぞ宜しくお願い致します。サルトリイバラの赤い実を見つけると楽しいですね。山帰来はサルトリイバラの別名だと思っていましたが、調べていると、日本には無い中国の生薬のドブクリョウ(土茯苓)で、いつの頃からかサルトリイバラと混同されてしまったようです。毒掃丸には生薬の大黄や甘草などとともに山帰来も入っていますが、これはサルトリイバラではなさそうです。

| 多摩NTの住人 | 2021/01/04 18:06 | URL | ≫ EDIT

サルトリイバラの実はきれいですね。
葉はとても特徴的なので、ネットなどで写真を一度憶えてしまうと簡単に見分けが付くようになります。
じつは、いまわが家のモクセイの木の表面にサルトリイバラが取り付いています。気がつくと取り払っているのですが、毎年出てきます。
他所では見て知っていますが、わが家では花も実も見たことがありません。
雌雄異株なのでご注意ください。
冬芽と芽吹きもとても特徴的でおもしろいです。

| ディック | 2021/01/04 22:06 | URL |

とんとんさん こんばんは

サルトリイバラは初めてのようなものですが、この実の成りっぷりは良い方ですよね。正月にと理由付けしたのですが、安心しました。
北本自然観察公園には、早速3日に行ってきました。後日に取り上げます。
今年もよろしくお願いします~。

| 山ぼうし | 2021/01/08 21:22 | URL |

地理佐渡さん こんばんは

冬の赤い実は縁起が良い感じになりますね。今回一番の発見でした。
昨日から寒波が凄いですね。大雪かと思います。お気をつけて。
今年もよろしくお願いします。

| 山ぼうし | 2021/01/08 21:23 | URL |

山小屋さん こんばんは

今度は、春の小さな花を見ようと思います。
でも、春ですし目立ってくれないと忘れそう・・・という心配はあります。
今年もよろしくお願いします。

| 山ぼうし | 2021/01/08 21:23 | URL |

多摩NTさん こんばんは

私も調べている時に、元々は別モノだと知りました。リースや生け花で利用されるのは山帰来と呼ぶとか。流通量が違うけど似ているからかな?
山帰来は毒掃丸にも入っているのですね。ご教示ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

| 山ぼうし | 2021/01/08 21:24 | URL |

ディックさん こんばんは

特徴的なのはイイですね。冬芽と芽吹きも。花も葉もこれからなので、楽しみに待とうと思います。
取り払っているのは、けっこう蔓延るからでしょうかね。
今年もよろしくお願いします。

| 山ぼうし | 2021/01/08 21:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1258-60fe5566

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT