FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

森林公園:ミヤマウグイスカグラ ~全体に短毛・腺毛

国営武蔵丘陵森林公園散歩、その4。今回は公園のリーフレット「2021早春散策MAP 梅林特集&南口エリア」を見ながら散歩していましたが、西田沼沿いの遊歩道に「ミヤマウグイスカグラ」の記載があり、探してみました。〈散歩日:2月28日〉

ミヤマウグイスカグラ(深山鶯神楽)は、スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木で、本州・四国・九州の山地に分布します。
葉は対生し、短い葉柄に葉身は楕円形で全縁です。
花は漏斗型で先が5裂して平開する様子は、仲間の「ウグイスカグラ」とよく似ています。異なるのは、本種は全体に短毛・腺毛が密生していることです。

リーフレットには「春一番に咲く低木。園内各所で開花。2月~4月」と。
きれぎれの風彩 「ミヤマウグイスカグラ」1-1


これから花が増えそうです。葉よりも先に花が展開します。
きれぎれの風彩 「ミヤマウグイスカグラ」1-2


実際に見ているときは、ウグイスカグラと何が違うのだろうと思っていました。
きれぎれの風彩 「ミヤマウグイスカグラ」1-3


枝や葉、花冠など全身に毛があるということを知っていたら、もっと特徴がわかるように記録(する努力を)していたでしょうが・・・。
きれぎれの風彩 「ミヤマウグイスカグラ」1-4


Webでミヤマウグイスカグラの画像を見ると、腺毛がもっと顕著に現れている画を見ました。時期によっても異なるのかもしれません。

なお、3月14日(日)に、北本自然観察公園でウグイスカグラを見ましたので、比較してみます。こちらはまったく毛がありません。
きれぎれの風彩 「ウグイスカグラ」210319


同じ仲間には「ヤマウグイスカグラ」というのもあるようですが、まだ見たことはありません。3種類は葉柄の毛で区別ができるようです。
ウグイスカグラは無毛、ヤマウグイスカグラは毛が密生、ミヤマウグイスカグラは毛と腺毛が密生する
とのことです。(*腺毛は、毛のような突起物で、特殊な液体を分泌するもの。先端の膨らんだものが多い。)

スポンサーサイト



| 落葉低木 | 22:26 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ウグイスカグラに3種類あるのですか?
公園などでみるウグイスカグラには
毛がないようです。
あまり毛のことは気にしていませんでした。

| 山小屋 | 2021/03/20 10:21 | URL | ≫ EDIT

ヤマウグイスカグラは「ディックの花通信」に写真があります。http://dickhym.blog9.fc2.com/blog-entry-9116.html
正直言って、撮影していても違いがわかりません。
ブログには山渓ハンディ図鑑の記載などについても記載してあります。

| ディック | 2021/03/20 20:01 | URL |

こんにちは

当地ではウグイスカグラとヤマウグイスカグラを確認しています。ヤマウグイスカグラの葉を触ると毛が多くてフワフワでした。

| 多摩NTの住人 | 2021/03/21 16:27 | URL | ≫ EDIT

山小屋さん こんばんは

ウグイスカグラは、古くから栽培もされてきたようです。
見た目?から、公園など植栽するときには用いられているのでしょうね~。

| 山ぼうし | 2021/03/21 21:04 | URL |

ディックさん こんばんは

ウグイスカグラはまったく毛がないから区別できますね。
人間からすれば毛の有無だけかもしれませんが、わざわざ毛を出すことにエネルギーを使うわけですから、何かしらの働きがあるのかもしれませんね。

| 山ぼうし | 2021/03/21 21:05 | URL |

多摩NTさん こんばんは

ヤマウグイスカグラを見られているのですね。
短毛でフワフワ感じるということは、やはり密に毛があるのですね~。

| 山ぼうし | 2021/03/21 21:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1280-6cb14f52

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT