FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ネジキ花、ヒメコウゾ他の木本の果実

久し振りに(50日振りに)北本自然観察公園へ行ってきました。すると、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、駐車場を閉鎖していました。センターは開館していましたので、他の駐車場にとめて散歩することにしました。〈散歩日:5月23日〉

ネジキ(捩木)は、ツツジ科ネジキ属の落葉小高木で本州(東北南部以南)~九州の低山などに自生します。和名は、成長すると幹が捻じれることから付いたようです。
これまで同園にネジキがあることを知りませんでした。今回「生き物マップ」に記載があり、たまたま他の方がカメラを真上に向けていたので容易に確認できました。
きれぎれの風彩 北本自然観察公園0523_210609-01

花は前年の枝から横枝として長さ4~6センチの花序を出し、等間隔で花を下向きにつけます。花冠は壷型で長さ1センチ弱に満たないほど。まっ白な花がキレイです。
きれぎれの風彩 北本自然観察公園0523_210609-02


イボタノキの白い花も咲き始めていましたが、載せる画はカメラにありませんでした。
以下は、木本の果実で目にとまったものです。

ヒメコウゾ(姫楮)は、クワ科コウゾ属で雌雄同株の落葉低木です。
雌花序は赤紫色の糸状の花柱を放射状に伸ばしていましたが、花の時期は終わり、若い果実ができていました。
きれぎれの風彩 北本自然観察公園0523_210609-03

葉裏で暗いため、片手で枝を持ち上げて見ます。キレイだった花糸はしなしなです。
きれぎれの風彩 北本自然観察公園0523_210609-04


クワ(桑)は、クワ科クワ属の総称で落葉高木です。埼玉は養蚕県だったのでクワの木が多いようです。公園ののクワも近所で養蚕をしていた名残とされています。
日当たりの良いクワの果実は黒く熟し、遊歩道に落ちて踏まれ一面黒くなっていました。↓画は、色の変化が解るところを記録したつもりですが、イマイチです。
きれぎれの風彩 北本自然観察公園0523_210609-05


ミズキ(水木)は、ミズキ科ミズキ属の落葉高木です。
枝を扇状に四方に広げて、階段状に(段々に)なる姿は特徴的ですし面白いです。この日は、緑色の若い果実を葉の絨毯の上に広げていました。
きれぎれの風彩 北本自然観察公園0523_210609-06


ウワミズザクラ(上溝桜)は、バラ科ウワミズザクラ属(サクラ属)の落葉高木です。
元々果実が少なかったのか、野鳥に提供したのか分かりませんが、まだ緑色の果実はほとんど無くなっていました。~黄色~赤色~黒色への変化は見られないかも。
きれぎれの風彩 北本自然観察公園0523_210609-07


クマシデ(熊四手)は、カバノキ科クマシデ属の落葉高木です。
これも、同園では初めて確認しました。遊歩道からは遠いので、けっこうなズームです。葉状の果苞が多数下がっていました。面白いものです。
きれぎれの風彩 北本自然観察公園0523_210609-08


ウグイスカグラ(鶯神楽)は、スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木です。
早春に花をつけ、既に果実は熟しているようです。液果(果皮が肉質で液汁が多い実)が陽を浴びて透けるように実っていました。
きれぎれの風彩 北本自然観察公園0523_210609-09

スポンサーサイト



| 樹木・草花アレコレ | 22:10 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めて見るネジキ

おはようございます。

小さな白い花をたくさんつけていますね。
名も・姿も初めてです。こちらで見られ
るものがあれば無いものもありそうです。
木はなかなか分からないですが、こうし
て拝見することで少しは意識を持ちたい
ものです。今朝は晴天。ひんやりとして
いるのは朝だけかもしれませんが、真夏
の朝から暑いというものでも無いので、
まだ良いですね。

| 地理佐渡.. | 2021/06/10 06:34 | URL | ≫ EDIT

おはようございます。
ネジキ(捩木)の花は、清楚で可愛い花ですね。少し、馬酔木の花ににているような。
ヒメコウゾ(姫楮)の果実も可愛いけれど、ふとコロナを連想してしまいました。
桑の実もたくさん生っていますね。よく友人にいただいていたのに、しばらく会えていません。
初夏の北本自然観察公園は、生き生きしていますね。

| ringo | 2021/06/10 08:02 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

ネジキの花が見られて良かったですね。純白で綺麗ですね。次は是非果実や冬芽をご覧下さい。

| 多摩NTの住人 | 2021/06/11 11:39 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん こんばんは

見上げる枝に、白くて小さな花を見ることはあまりないですよね。
久しぶりに見ましたが、キレイなものです。

| 山ぼうし | 2021/06/12 06:40 | URL |

ringoさん こんばんは

花の見た目はアセビに似ていますね。ただ、花の数は段違いに少ないです。
ヒメコウゾがコロナ?な~るほどです。
当地はクワが多いです。木の下は歩行注意。野鳥には食べ放題だと思うのですが。

| 山ぼうし | 2021/06/12 06:40 | URL |

多摩NTさん こんばんは

ネジキの花は久しぶりでしたので見れて良かったです。
ただ、ここの枝はちょっと遠い・・・。

| 山ぼうし | 2021/06/12 06:40 | URL |

こんばんは

ネジキは、冬芽から憶えた私です。
花は最近になって多摩NTの住人さんのところで憶えました。大型のドウダンツツジみたいなもの、と憶えた次第です。
自分で見分ける自信がないのはクマシデかな。
一度にこれだけの植物を見られる公園はすばらしいです。

| ディック | 2021/06/12 19:53 | URL |

ディックさん こんばんは

ネジキは、過去に他の所でも見ましたが、林の中で見上げるところにあり花序はそれほど多くないので、見逃しそうです。
クマシデの果苞は、仲間のそれよりも密でふっくらしているイメージでいます。

| 山ぼうし | 2021/06/13 18:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/1305-d1376ea3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT