きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウメ ~花と緑の振興センター

ウメ(梅)は、バラ科サクラ属の落葉高木です。サクラ属には、サクラやウメの他、モモ、プラム、アーモンド等の果樹や花木が含まれ、経済的にも重要な樹が多いようです。

先週、埼玉県「花と緑の振興センター」の梅園に行きました。
ウメは、1月中旬から咲き出すもの~3月中旬から咲き出すものなど、様々な品種があり、さらにサクラと異なり、咲き方も散り方もゆっくりなので、梅園では咲いている樹もあればこれからの樹もありました。

下のマウスオンの1・2番目は、最初に目にとまったウメで、大きな花弁をもつ「芳流閣(ほうりゅうかく)」というウメです。私の(どちらかというと細い)指と比べても大きさが分かると思います。
3~5番目は、ガクの緑が特徴的なウメです。「司(つかさ)」という名札がありました。
「1.芳流閣」「2.芳流閣」「3.司」「4.司」「5.司」
「様々な品種の中から…芳流閣」


次のウメは、梅園の中でカメラマンに一番人気の「国光」です。名札の文字がかすれてコッコウ?ココウ?…ハッキリしません。
大きな蕾をたくさんつけている様は、(私的に)雛祭りのイメージでした。
こちらも花の径が大きなものです。花弁がウェーブ状のもの、大きく開いているものがありました。写真でみると開いている方は、シベも開いていますね。
「6.国光~一番人気」「7.国光~雛祭りのイメージ」「8.国光~ウェーブ花弁」「9.国光~開ききった花弁」「10.国光~幹」
「様々な品種の中から…国光」


梅園は、平地と山の斜面を利用して作られています。最初の写真の左右に拡がっています。全景が撮れる場所はありませんでした。2・3番目は平地の一角です。
4・5番目は、ついでですが近くのお寺のしだれ梅です。ちょうど見ごろのしだれ具合ではないでしょうか。
「11.梅園~遠景」「12.梅園~平地1」「13.梅園~平地2」「14.枝垂れ梅1」「15.枝垂れ梅2」
「振興センターの梅園」


ちなみに「花と緑の振興センター」の梅園では、約135とか138品種のウメがあります。敷地はそれほど広くないので、窮屈な感じがしないでもありません。

サクラは、長い葉柄のおかげで花が下向きになるので見やすいのですが、ウメの場合は、枝に直付きなので、樹冠辺りを横か上から見たいものですね。(と、嫁さんが言っていました。)
スポンサーサイト

| 落葉高木 | 21:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

枝垂れがいい

いい所がありますね。梅の種類も多いし、それぞれに
名前の表示もあるようで、行ってみたいですね。
でも、もうそろそろ終わりですかね。
枝垂れがいいですね。

| 西恋おじん | 2011/03/08 11:45 | URL | ≫ EDIT

しだれ梅

種類の多い梅のアップありがとうございます。
枝垂れはいいですね。
桜もですがやはり優雅です。

綺麗に撮られましたね
ブログお引っ越しされてタグいい感じです。

| ころん | 2011/03/09 13:30 | URL |

西恋おじんさん、ころんさん、こんばんは。

すっかり間が空いてしまいました。
この時は、見応えのある梅をたくさん見ることができました。

それから約2週間後、大変なことが起きています。
東北の方では、これから咲く今年の梅を見ることができない、見たくても見ることができない方が・・・。
とても、やりきれないですね。
自分でもできることを考えながら、復興を願っています。

| 山ぼうし | 2011/03/15 23:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/168-ba7928fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT