きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オオイヌノフグリ ~瑠璃色4枚異形の花弁

堤に行った際に、目にとまった雑草・・・(ではなく)野草があったので、いくつか紹介していこうと思います。

まずは、花の色が瑠璃色というかコバルトブリーの目にも鮮やかな色で、しかも、よく見ると小さいのにグラデーションになっているのです。これには驚きますよね。

過去にもどこかで見たことはあると思うのですが、名前も知らないので調べてみました。『オオイヌノフグリ』でした。
オオイヌノフグリは、ヨーロッパ原産の帰化植物で、路傍や畑の畦道などに見られる所謂雑草です。

1.花弁は4枚で、カーブを描いた雄しべが2本あります。
 花の色が目立ちますが、この角のような雄しべも特徴的です。
2.花弁は、よく見ると大きさ・形状が違います
 こういう花弁は、珍しいのでは!?寄ってくる虫には何に見えているのでしょう。

「1」「2」「3」「4」「5」
「オオイヌノフグリ~花弁は瑠璃色で異形の4枚。」

3.群生しているものもありますが、他の雑草に混じって花をつけているものもあります。
4.花は本当に小さいです。私の人差し指との比較です。
5.陽を浴び一生懸命咲いています(曇りや雨の日は閉じたままだそうです)。
 葉には大ぶりな鋸歯があります。
 草原の緑も鮮やかですね。

オオイヌノフグリの“オオ”は、近縁で似ているイヌノフグリより大型という意味で付けられているそうです。そして、“イヌノフグリ”は、実の形が犬のフグリに似ていることからで、フグリとは・・・(あえて書きません)。

昔の名付け親は、何故、実の形のほうに注目したのでしょう?こんなにキレイな花が咲くのに・・・と思うのは私だけではないですよね。
(写真は、権現堂堤と市内の堤にて。)
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

かわいい花ですよね。帰化植物だったんですか。
学名がベロニカペルシカとかいうそうで、
ベロニカと呼んであげたかったね。
その名も veronica persicaっていう仏レストランもあるのね(!)
奥深いなぁ。

| 夏のそら | 2011/04/27 18:53 | URL | ≫ EDIT

ちょっと可哀想

この野草は、路傍でよく見かけますが、こんなに可憐な花
なのに、名前が可哀想ですよね。花の形じゃなくて実の
形が似てるんですね。それにしてもねぇ。

| 西恋おじん | 2011/04/28 11:31 | URL | ≫ EDIT

ベロニカ

今の時代ならベロニカって名付けたかもしれないですね。
(いつの時代かわかりませんが)昔の方もヨーロッパ人に
聞いてみたら良かったのに。
今からでも、名前は「ベロニカ」(和名:オオイヌノフグリ)
にしてはどうでしょうね。

| 山ぼうし | 2011/04/29 19:49 | URL |

実の形!

そうですよね~。それでなくとも小さな野草の、
さらに小さな小さな実の形を採択しなくとも・・・です。
とはいえ、実を見たことはありません。
形・・・ちょっと気になります。

| 山ぼうし | 2011/04/29 19:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/181-712b56ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT