きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コハコベ ~花弁は10枚…ではなく5枚!

前回のオオイヌノフグリのように、よく見かける野草です。
小さな白い花は目立たないので見過ごしてしまいますが、群生しているところは・・・目に留まりました。

名前を知りませんので、借りている『日本の野草300冬・春』で調べてみると、これが春の七草の「ハコベ(繁縷)」なんですね。

ハコベは、ナデシコ科ハコベ属(コハコベ、ミドリハコベ、ノミノフスマ
等)の総称で、よく見かけるのはコハコベです。越年草。

ハコベの花の特徴は、深く裂けた花弁です。これには驚きました。
見ていた時には分かりませんでしたが、一見10枚の花弁は、実は5枚でした

1.雄しべは3個です。卵形の葉とこの雄しべの数(他より少ない)によりコハコベと判る・・・かもしれません。
2.花弁は萼片よりも短く小さいです。萼片は星型で毛もついていてヒトデのように見えます。(私だけ?)
「1」「2」「3」「4」「5」
「ハコベの花の特徴は、深く裂けた花弁です。」

3.小さい花も群生していると白が目立ちます。
4.蕾から花へ。茶色っぽくなっているのは、残念ながら・・・?
5.オオイヌノフグリよりもさらに小さいです。

粥(かゆ)や汁に入れて食用とするほか、若苗を摘み、ゆででおひたし、あえものに。小鳥の餌にもなります。
ハコベの、全草を天日で乾燥したものを、生薬で繁縷(はんろう)といい、昔から血の道を司どる植物で、婦人の産前産後に用いられているそうです。
昔の方は、いろんな草を試されたのでしょうね。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 21:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はこべ

生薬で繁縷 おひたしなどでも、食と薬と、初めて知りました。
野の花も雑草などと呼ぶのはいけませんね。(笑い)
白くてかわいいお花です。
山ぼうしさま、よく観察されて頭が下がります。

所で羽団扇かえで見つけました・
まだ芽が出ていませんでしたが、
又確認して見たいと思います。

| ころん | 2011/05/01 11:41 | URL |

七草

薬効があるのですか。知らなかったです。
昔の人はそれを知ってのお付き合いだったんですね。
5枚並んだ写真の真ん中、このお写真はまるでブーケのようですよ♪

| 夏のそら | 2011/05/02 15:21 | URL | ≫ EDIT

野草

ころんさん、こんばんは。
そうなんですよね、私は知人に言われました
「雑草じゃない!野草だ!」と。
最近、調べて様々なことを知るにつけ、なるほどな~と思います。
それに、やはり可愛げのある花ですよね。

ハウチワカエデの葉は若葉の頃がカワイイです。是非ご確認を。
コメントありがとうございました。

| 山ぼうし | 2011/05/02 22:29 | URL |

春の七草

夏のそらさん、こんばんは。
正直、知らなかったので、雑草と思っていた草が
「春の七草」と知り驚いています。
次に紹介するのはナズナなのですが、これも・・・!

ブーケですか、なるほどね~やはり女性の見方は違いますね。
まったく思い浮かびませんでした。ありがとうございます。

| 山ぼうし | 2011/05/02 22:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/182-7bf6ad92

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT