きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒメオドリコソウ ~紫蘇似の葉と唇形の花

ヒメオドリコソウ(姫踊子草)は、ヨーロッパ原産で、シソ科オドリコソウ属の越年草です。
今春になって名前を知ってからは、道端や田畑の近くなどでよく見かけます。
花や葉、全体的にもちょっと変わった野草です。

1.葉が段々についています。上の方の葉は紫色をおびます。
 葉はシソ科らしく食用の紫蘇に似ていますね。
2.葉柄が短く、枝状にもならないので、全体がまとまっている感じです。
 風に揺られて踊るよう!?
3.花は、上の方の葉の脇から一つ一つ外側にむかってついています。
「1」「2」「3」「4」「5」
「紫蘇似の葉と唇形の花。」

4.唇形をした赤紫の花です
5.ヒメオドリコソウとホトケノザが一緒に生えている所もしばしば見ます。
 写真の右下はホトケノザです。

花の形はもちろん、上蓋(上下に開く上の方)の裏側に雄しべがあるところも似ていますね。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

摘めなくて

これこれ、田んぼ道にいっぱいありました♪
名前を知ったのは最近です。
子供心に、摘むに摘めない花(草)と思ってましたっけ。
たんぽぽやクローバーみたいに様にならなくて
でもかたまって咲いているとどこか可愛らしかった。

| 夏のそら | 2011/05/06 19:23 | URL | ≫ EDIT

ヒメオドリコソウ

夏のそらさん、こんばんは。
ヒメオドリコソウが気になったのは、
知人から花の形がホトケノザに似ていると聞いていたからです。
葉のつき方とか、全体の姿は…(パッとしませんね)。
でも、花は数が少なく奥ゆかしい!?ものですね。
コメントありがとうございました。

| 山ぼうし | 2011/05/07 19:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/185-daaf032d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT