FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キクザキイチゲ ~菊似の一華は萼片

カタクリの群生地を見に行った時のこと、白い花が群生している場所がありました。帰省していた時なので、兄夫婦に聞いてみるとイチリンソウ?ニリン?サンリン?キクザ?アズマ?などなど(言われても分からない)。

調べてみると、花が一輪で、葉が深く切れ込んでいることから『キクザキイチゲ』と判りました。
キクザキイチゲ(菊咲一華)は、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、スプリング・エフェメラルの一種です。(兄夫婦から聞いた花もすべてイチリンソウ属でした。)

花茎が1本で、その先に白か紫の花を一個つける。菊のような花を咲かせる一輪草ということから“菊咲一華”名前もキレイですね(それに比べてオオイヌノフグリは…)。

1.群生しているので見応えがありました。
2.花弁に見えるのはすべて萼方で花弁はありません(驚きです)。
 萼片の数は定まっておらず10枚前後あります。
3.葉は、春菊の葉を小さくしたようです
 花が似ているアズマイチゲの葉は、切れ込みが浅く、葉先に丸みがあり垂れ下がって見えるそうです。
「1.群生しているので見応えがありました」「2.花弁に見えるのはすべて萼方で花弁は無い」「3.葉は、春菊の葉を小さくしたようです」「4.青みをおびたキクザキイチゲもありました」「5.カタクリと仲良く!?咲いています」
「キクザキイチゲが群生していました。」

4.青みをおびたキクザキイチゲもありました。
5.カタクリと仲良く!?咲いている所もありました。
 実家の方では、カタクリの群落等によく見られるようです。

カタクリだけでなく、キクザキイチゲも見ることができ満足です。
(他にも見慣れない花がありました。エンゴサクの一種だと思うのですが何なのか判明しません。難しいものですね。それに、野草にも様々あるものだと改めて感心します。)
スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 11:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あ、これもなつかしい。
そうそうカタクリと一緒に咲いてました!
名前知らなかった、キクザキイチゲというんですね。
山に春が着たーという思い出の花のひとつです。

| 夏のそら | 2011/05/18 17:32 | URL | ≫ EDIT

山の春

夏のそらさん、こんばんは。
夏のそらさんも雪が降る地域で育ったのですか?
人それぞれに“春がきたー”と感じるところがありますよね。
私も雪融けの後に咲くこのような花やツクシ、
それから、晴れた日に雪融け水が道路に流れ、
温められ、もやっている光景を想い出します。

| 山ぼうし | 2011/05/19 23:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/187-cd9a04a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT