きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シラカシ ~白く香る尾状花序

市内の公園で、遠目から見ると、深い緑の葉と黄緑に近い明るい緑の葉が混じり、明るい緑の葉がモサモサしているように見える樹がありました。(5月の中旬の頃です。)

「モサモサのシラカシ」

近くによると、変わった花が咲いていました。この花も初めて見ます。辺りにはクリの花に似たような香りがただよっていました。名札はありませんでした。でも、葉には見覚えがあります。たぶんシラカシですよね。(シラカシの基礎情報はコチラに。)

「細長いシラカシの花」


1.尾状花序といい、ブナ科やヤナギ科に見られるそうです。
2.隣のシラカシは、まだ蕾(?)の状態でした。鈴なりです。
一週間後にも見に行きました。
3.一つ一つの花はシベを伸ばし、白っぽくなっています。
4.花は最後に丸ごと落ちます。
5.別のシラカシには、花はありませんでしたが、若い葉がキレイ並んで輝いて見えました。
「1」「2」「3」「4」「5」
「シラカシ~白く微香の尾状花序」

二週目(3.や4.の時)は、風が吹いていましたので、花がたくさん落ちてきました。
同じ花でもサクラは花弁毎にハラハラ舞いながら落ちますが、シラカシの花は、小さなアラレのようにパラパラ落ちてきます。

ちなみに、専門的(?)なサイトでは、「花黄褐色(雄花)、前年の枝腋に尾状花序下垂、雄花を密生、雄花花片4-5(がく片)、おしべ4-5、新枝葉腋から雌花穂状花序を直立、小花を数個つける、雌花総包に包まれる、がく4-5裂、花柱3。」と紹介されています。

難しい単語ばかりです。他のサイトも見て判ったことは、私が見たのは雄花序なんですね。ということは、雌花はどこに・・・?

カシの樹=ドングリというイメージがありますので、花を見ることができたのは、ちょっと嬉しい出来事でした。
スポンサーサイト

| 常緑高木 | 23:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

シラカシ

こんにちは。
シラカシどんぐりですね~
こんなに豪華に咲くのですが。
驚きとともに初めて見せていただき感謝です。
公園などでも、何気なく見てきた「シラカシ」かもしれませんが
珍しい木ありがとうございます。

| ころん | 2011/06/16 16:00 | URL |

ころんさん おはようございます

私も、ほ~っと思いました。
最近思うのですが、シラカシに限らず、花の期間が短い樹は、
見る機会がなかなか無いですよね。
知らないうちに終わっている。そんな感じです。

| 山ぼうし | 2011/06/18 11:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/195-2a0067bf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT