きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トチノキ ~掌状複葉と丸い実

市内のH公園で樹見散歩をしているとき、高木の上に3~4センチはありそうな実(?)が目にとまりました。(6月18日のことです。)
近づくと、特徴のある大きな葉が拡がっていました。(念のため帰宅後に調べましたが、)これは『トチノキ』でした。
きれぎれの風彩 トチノキの実


トチノキはトキノキ科トチノキ属の落葉高木です。
昨秋、見沼自然公園の隣のさぎ山記念公園で見かけましたが、市内のH公園にあるとは知りませんでした。周りを見ると3本はありました。

今日(7月3日)もH公園に立ち寄ったのですが、緑色もあった実は茶になり、葉の色は緑が深くなったと思いました。

1.立派な樹でした。(曇天のため写真はイマイチです。)
2.6月には緑色の赤ちゃん実もありました。
3.今日見たときは、ほとんど茶色になっていました。
4.小葉が7枚で1枚の葉です。「掌状複葉」です。
5.トチノキの葉は大きいですね。緑も深くなってきました。
「1」「2」「3」「4」「5」
「トチノキ ~掌状複葉と丸い実」

さて、調べてみると、トチノキは大きな丸い実をつけますが、秋になると中からクリに似たタネを落とすそうです。これをすりつぶして粉にし「栃もち」にして食べたりするわけです。(栃もちは聞いたことがあります。)

掌状複葉の葉は日本原産の樹ではとても珍しいようです。トチノキよりも大きく(?)形が似ている「ホオノキ」の葉は、枝先に輪生状のようについているだけで掌状複葉ではないとのこと。

また、ヨーロッパ産のセイヨウトチノキがフランス語名の『マロニエ』で呼ばれ、よく知られているようです。確かにマロニエは目にしたことも耳にしたこともあります。(それが何だったのか思い出せないのですが…。)

ところで、実ができているということは、花は終わったということですよね。私がまだ見たことのない花が・・・。来年は見てみたいものです。

最後に、昨秋さぎ山記念公園で見かけた黄葉です。
きれぎれの風彩 トチノキの黄葉

スポンサーサイト

| 落葉高木 | 23:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

実は高い所にあったのではないですか?
よくきれいに撮られましたね。
葉が特徴的なのね。
栃餅、私も聞いたことあるなあ…。
実に気がついて、そういえば花はどうだったのだろう
私もそう思うことしばしばです!
次には花がキャッチできますように。

| 夏のそら | 2011/07/05 21:10 | URL | ≫ EDIT

栃餅美味しい

栃の木の饅頭や大福もちは美味しいですよね。
私には、そういう理解しかありませんでした。
栃木県てここからきたんですかね。
山ぼうしさんの詳細な観察には、いつもながら驚きますよ。

| 西恋おじん | 2011/07/06 20:32 | URL | ≫ EDIT

夏のそらさん こんばんは

確かに実は高い所にありました。・・・たまたまですね。

葉は、何故こんなに大きいものが必要なのでしょうね。
形にしても・・・不思議。

近くにあることを知りましたので、来年こそ!です。

| 山ぼうし | 2011/07/06 23:46 | URL |

西恋おじんさん こんばんは

私は、栃餅を食べた覚えがないです。
(昔、食べたかもしれませんが認識していないです。)
美味しいのですか。そうですか。機会があれば・・・。

栃木県の由来は分かりませんが、県木のようですね。
新潟県には平成の合併まで「栃尾市」がありました。
「栃」って!?

| 山ぼうし | 2011/07/06 23:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/200-0ac29241

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT