きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ケヤキ ~大久保の大ケヤキ〔巨樹〕

8月7日、与野の大カヤの後は近隣の『大久保の大ケヤキ』を見に行きました。
ケヤキは、ニレ科ケヤキ属の落葉高木です。街路樹や庭木等に使われ、関東地方では社寺や屋敷に好んで植えられてきました。
埼玉県の県木にもなっています。案内板によると、

大久保の大ケヤキ(埼玉県指定天然記念物:埼玉県さいたま市)
 ・樹  高   約20メートル
 ・根回り周囲 14メートル
 ・目通り周囲 9.4メートル(ケヤキでは県内最大)
 ・枝張りの径 約25メートル
 ・推定樹齢  ?(300年以上とか1000年とか・・・)
落雷などにより、幹の中は広い空洞になっていますが、樹勢は今なおきわめて旺盛で、枝は形よく拡がっています。伝説に若狭の八百比丘尼(やおびくに)が植えたとあり、またハバキ様とも呼ばれています。
(ハバキ様の意味は分かりません。)

きれぎれの風彩 「大久保の大ケヤキ」

大久保の大ケヤキは、約10メートルの幹回りと高さ4メートルの辺りで主幹が失われている姿に驚きます。それでも良く伸びた枝のおかげで、形の良い樹形に見えます。下の穴から覗くと中が空洞になっていることが見てとれます。

1.主幹が無い代わりに大枝が幾本も伸びています
2.1の反対側です(小さな公園からの画です)
3.1の右側からです。若い枝も伸びています
4.1の左側、鳥居側からです。根に迫力があります
5.高く、そして横に拡がった枝に葉が茂っていました
「1」「2」「3」「4」「5」
「大久保の大ケヤキ〔巨樹〕」

中は空洞なのですが表面からは全く感じませんし、枝葉を大きく伸ばしているのを見ると大ケヤキの強い生命力を感じますね。

当地は狭い道路に囲まれた住宅街です。その道路沿いに(小さな)日枝神社の細長い敷地があり、参道の途中に大ケヤキがあります。
与野の大カヤを見た後だったので、もう少し環境を良くしてあげたいと思いました。
スポンサーサイト

| 落葉高木 | 23:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

市の木が欅です

 根回りが凄いですね。正にご神木なのでしょうね。
高さ4メートルとは、落雷でやられたのでしょうか?中が
空洞なのは、巨樹によくありますね。長年風雪に耐えて
生き抜いてきたのだから仕方ないですね。

| 西恋おじん | 2011/08/26 16:52 | URL | ≫ EDIT

西恋おじんさん こんにちは

そうですね~長年風雪に耐え、それでも樹勢がある。
エライものですね、ケヤキ。
埼玉県の県木になっていますが、東京でもたくさんの市区で
シンボルになっているのですね。
葉を落とした後の姿も、私は好きです。
コメントありがとうございました。

| 山ぼうし | 2011/08/27 14:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/210-b544063c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT