きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アメジストセージ ~モコモコ紫のハーブ

前回のミナロバータを見た後に、青紫色のモコモコした変な形の花(大株でした)を見ました。これも名札が無かったので、写真を撮りましたが、職員の方に聞くのを忘れていました。

ところが、その後に立ち寄った「花と緑の振興センター」のハーブのコーナーで同じ仲間を見つけました。(色は少し違います。)ここには名札があり「アメジストセージ」と分かりました。

アメジストセージは、シソ科サルビア属でハーブの一種だそうです。「アメジスト」は宝石の紫水晶とのこと、名前の由来はここから?のようです。常緑多年草(半耐寒性宿根草とも)で、原産地はミナロバータと同じメキシコ~中米です。

きれぎれの風彩 「アメジストセージ」1-6


1.モコモコでビロードのような物体がニョキニョキしてました。
2.更に下向きに白いものが…これが花なのですね
3.葉は長披針形で長さは10センチほど。柔らかいけどしっかりしてます。
4.別の株です。全体的な色のイメージが違うような気がしました。
5.こちらは、花も紫でした。
「1」「2」「3」「4」「5」
「アメジストセージ ~モコモコ紫のハーブ」

調べてみると、花も萼も紫色のアメジストセージと花色が白のアメジストセージホワイト、それにアメジストセージの斑入り品種の3品種があるようです。
ということは、最初に見た方がアメジストセージホワイトで、次に見たのがアメジストセージのようです。

最初に見た「大崎園芸植物園」のアメジストセージは、たたみ一畳ほどの大株でした。それだけに目に留まったわけですが、次のも半畳はありましたので、大株になり易い植物なのかもしれません。

某サイトには、「とても丈夫で暑さに強く、暖地では庭植えが可能で、栽培する人が増え、見かける機会が多くなりました。」とありますので、私は知りませんでしたが、植えている方は多いのでしょう。
それにしても、これも(花に詳しくない私には)とても変わった植物にみえます。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 18:02 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アメジストセージ

こんばんは。

身の回りには無いものかと思っていましたが、
たぶんそうじゃないかなと思われるものを見
ていました。ただ、僕にはやはり難しいです。

それにしましても一株が畳半畳や一畳くらい
とは。

| 地理佐渡.. | 2011/11/14 19:46 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん.. こんばんは

私もたぶんどこかの庭先で
目にしたことがあると思うのですが、
花のことは疎いですし、数本の花であれば
見過ごしていたと思います。
これだけ大株だと流石に…「見て見て!」と
呼ばれた感じです。

| 山ぼうし | 2011/11/14 22:45 | URL |

見たことあるけど

「あ!!先生。これ見たことあり~す。」昭和記念公園で
見ました。でも中の白いところが花なんですね。すると周りのビロードはガクなんでしょうか。毎度勉強になります。

| 西恋おじん | 2011/11/16 11:45 | URL | ≫ EDIT

西恋おじんさん こんばんは

「ハイ!西恋くんは、よく知ってますね~。」
花も分からないこと多いです。
ビロードは萼のようですが、変な感じです。
花の付き方が変わっているからでしょうかね。

| 山ぼうし | 2011/11/16 22:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/232-015b3391

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT