きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒガンバナ ~初冬の葉(巾着田)

ヒガンバナは、花が枯れた後に葉が出てきて冬は葉っぱで過ごします。光合成で栄養を球根(鱗茎)にため、晩春には葉を枯らして休眠状態になり、やがてお彼岸に近くなる頃、芽を出し急成長し独特の花を咲かせます。

ということで、花と葉が同時に出ることが無いことから「葉見ず花見ず」とも呼ばれるヒガンバナですが、これまでは葉を気にしたことはないので記憶に無いです(どこかで見たことがあるのかもしれませんが)。

そこで、日曜日にヒガンバナの葉を見るため関東では有名な埼玉県の「巾着田」に行ってきました。
花期の時しか行ったことがないので、どんなものかと思いましたが、花期の混雑が嘘のようでした。落ち着くというか寂しいというか・・・でも、

花期にはヒガンバナの花で赤い絨毯だった所は、全て緑の絨毯に変わっていました。これはこれで壮観でした。また、ヒガンバナの葉は想像していたよりもボリュームがありました。
1~2.早咲きの(高麗川上流の方)駐車場寄りの方からの光景です。
3~4.早咲きの中間あたりです。
5.遅咲き(高麗川下流の方)の光景です。左奥が「あいあい橋」への登り坂です。
「1」「2」「3」「4」「5」
「ヒガンバナ ~初冬の葉-1」

6.早咲きの遊歩道です。葉は大きくモサモサという感じで育っています。
7.遅咲きの遊歩道です。早咲きと違って杭がよく見えますね。
8.花期には(白い花も咲く)人気のウメの古木に根付くヒガンバナです。
9~10.早咲きのヒガンバナの葉は、伸ばすとゆうにヒザ上まであります。
「6」「7」「8」「9」「10」
「ヒガンバナ ~初冬の葉-2」

11.大きい株は低く横に広がり、クヌギやコナラ等の落葉をまとっていました。
12.広場入口近くの、まだ小さい葉です。
13.葉は細く長く、触った感じはニラより少し柔らかい感じ。
14.これだけの密度になる草原は、「借りぐらし」にしたらジャングルですね。
15.大きめの一つの株を測ってみたら、径は90センチほどありました。
「11」「12」「13」「14」「15」
「ヒガンバナ ~初冬の葉-3」

同じような葉ばかりで恐縮です。(ここまでご覧になられた方、ありがとうございます。)

巾着田のヒガンバナは、花期の頃本当にたくさんの方が訪れますが、この時は、散歩の方を除くと3組位でした。ただ、花期と違って葉の期間は長いのでまだまだ機会はあります。小春日和には程良い散歩道でもありますね。


<追記>
巾着田から高麗川にかかる「あいあい橋」を渡ったところにある「高麗郷民俗資料館」に初めて入館してきました。『シャツのほころび涙のかけら』日記で取り上げましたのでご参照ください。
「高麗郷民俗資料館」はこちらに。ちなみに「あいあい橋」はこちらです。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:30 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

珍しい光景

 去年、巾着田のヒガンバナバスツアーに行ったのですが、時期が早く、まだ咲いていませんでした。サギみたいなツアーですよね。花の時期以外はこうなっているのですね。
 葉に気を配ったことがないので、非情に参考になりました。
赤い絨毯の写真は、よく見ますが、葉だけの状態は、珍しいですよ。

| 西恋おじん | 2011/12/21 11:26 | URL | ≫ EDIT

「葉見ず花見ず」なるほどー ほんとにそうですね!
私も、葉だけの頃は気にとめて見ることがなかったですよ。
こんな風に紹介してもらって、
彼岸花も喜んでいそうです。

| 夏のそら | 2011/12/21 12:48 | URL | ≫ EDIT

緑の絨毯

こんばんは。

珍しい風景を狙いましたね。
花の時期はたくさんのブログサイトで
こちらの風景を見ましたが、
葉だけの風景を見たのは初めてです。
佐渡でも同様の葉だけを見せています。
こんなにすごいスケールではないです
けど(笑)。

| 地理佐渡.. | 2011/12/21 20:42 | URL | ≫ EDIT

おはようございます♪♪

ヒガンバナ~初冬の葉、・・・・・・。

素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

珍しいショットを見せていただき、嬉しかったです。
siawase気分です。

昨日も、コメント&応援ポチに、恐縮です。

| siawasekun | 2011/12/22 04:48 | URL | ≫ EDIT

西恋おじんさん こんにちは

花が咲く前は・・・アスパラ状態ですね。ん~。
残念なツアーでございました。
葉を見る最適期がまだ分かりませんが、
今回はこれで大満足ですし、珍しいのであれば
載せて良かったです。ありがとうございます。

| 山ぼうし | 2011/12/23 11:47 | URL |

夏のそらさん こんにちは

「葉見ず花見ず」・・・昔の方は言葉がオシャレですね。
ヒガンバナに限らず、何かの群生地があるとしたら
年間を通じて見てみたいものだな~と最近思うようになりました。
>喜んでいそうです。
そうなら私も嬉しいです。ありがとうございます。

| 山ぼうし | 2011/12/23 11:48 | URL |

地理佐渡さん.. こんにちは

花と葉、樹だったらあと果実と幹や枝ぶりでしょうか。
一つを見たら他も見たくなりますよね。
葉だけでも風景となるヒガンバナってエライものです。
山里でも緑のワンポイントを作っていることでしょうね、
真冬に一生懸命葉を広げて・・・健気だな~。

| 山ぼうし | 2011/12/23 11:49 | URL |

siawasekunさん こんにちは

結果的に緑だらけの画になってしまいました。
口の悪い知り合いからは「草ばっかりじゃん!」と言われそうです。
でも、真冬に一生懸命がんばっているから、
秋には何よりも目立っていいんだよ!と思いますね。

| 山ぼうし | 2011/12/23 11:50 | URL |

山ぼうしさん、こんにちは~

始めまして♪。
凄い!!ヒガンバナの葉っぱの絨毯ですねぇ~

側に、なっている木は何の木ですか?桜?
また、木の幹になっているヒガンバナ凄いですねぇ~。

私はヒガンバナの葉っぱには興味がありませんでしたが
北海道のCさんに葉っぱの事、聞かれたので
アップしていました。
これからは気を付けてみることにします(*^_^*)

| akuri | 2011/12/23 20:27 | URL |

akuriさん こんばんは

お訪ねいただきありがとうございます。
林のほとんどはクヌギ、そしてコナラだったと思います。
土手の方は桜並木になっています。

akuriさんの日記のおかげで葉の出始めの様子が分かりました。
http://gonbei356.blog20.fc2.com/blog-entry-698.html
ヒガンバナは葉っぱもキレイでしたよ。

| 山ぼうし | 2011/12/23 22:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/244-7d9b61d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT