FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヨシ ~冬のヨシ原と枯穂

自然観察公園には、湿地・池があり一部はヨシ原になっています。(散歩日:1月8日)
ヨシを眺めながら思ったのですが、ヨシ原といえば冬のヨシ原をイメージします。緑色のヨシ原はうかばないのです。何故か?
ただ、いずれにしても夏でも冬でもヨシを間近で見たことがない・・・と思いました。ヨシズ(ヨシの茎で作った簾)は見ますけどネ。ということから、ヨシ原に近付きました。

ヨシまたはアシ(葦、芦、蘆、葭)は、背の高いイネ科の草の一種です。世界中の亜寒帯から暖帯にかけての水辺に生えています。湖や河川はもちろん、湿地や海と川の水が混ざる場所(汽水域)にも生えます。

同じイネ科のイネやムギとの大きな違いは多年草であり、もっと背が高くなる(5~6メートルになるものもある)ことです。
また、春に地下茎から毎年新しい芽が出て大きく成長し、地下茎自体も横に伸びて成長し、その結果ヨシ原はぐんぐん広がっていき大群落を作るそうです。

ここのヨシ原は大群落ではありませんが、池の周辺にヨシ原が拡がっていました。
きれぎれの風彩 「ヨシ原」


1と2.公園の荒川方面のヨシ原です。ヨシは陽をよく反射しますね。日影と日向では大違いです。池は氷っていました。
3.円錐花序(?)の花穂は、まだ穂の状態を保っているものもあります。
4.離れて見た時は感じませんでしたが、萼(?)が尖ってピンピンしています。
5.綿毛が残っているものもあります。
「1」「2」「3」「4」「5」
「ヨシ ~冬のヨシ原と枯穂」


(おまけ)ヨシに囲まれ、氷に張られ、カモたちは「セマッ!」と思っていることでしょう。
きれぎれの風彩「ヨシ原と氷とカモ」


関東地方でのヨシ原の大群落といえば、埼玉・栃木・千葉・茨城の4県にまたがる「渡良瀬遊水地」でしょうか。
広さ約3,000haの利根川中流部の遊水池。ここに約1,000ha(オギ原などを入れると約2,000ha)のヨシ原が存在するそうです。機会があったら・・・と思います。

ちなみに、「ヨシ」という名は「アシ」が「悪し」に通じるのを忌んで(忌み言葉)、逆の意味の「良し」と言い替えたのが定着したそうです。でも、関東では「アシ」と呼ばれることもあるそうです。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:56 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

寒いですね~

待望の雨に寒いですが喜んでいます。
今年は、ドライアイの患者さんが多いとか、私もその仲間、眼薬が離せません。

昔、渡良瀬遊水地のある近くに住んでいた事があります。
その頃は、まだエアコン等ありませんでしたので、
ヨシズがとても良い日除けになりました。
そんな昔を思い出しました。

今年初めての訪問になりましたね。
本年もよろしくお願い致します。

| 風子 | 2012/01/20 10:37 | URL | ≫ EDIT

何とも澄んだきれいな色。
色味が少ないのはシャープな美しさがありますね。
冬枯れの木々に水面、カモ…絵になりますね。

こちら、暑さが増してきたので簾を買いに行きたいと
窓辺でサイズを計っていたところです。
これが原材料になるんですよね。

私が今水辺で見る物といえば公園のパピルスです。

| 夏のそら | 2012/01/20 18:07 | URL | ≫ EDIT

葦原

関東の鳥屋仲間はアシ原と呼ぶ人が多いように感じますねぇ。
渡良瀬の葦原は猛禽類の天国で、冬は鳥屋にとっては楽園です。v-221
多い時は10種類近くの猛禽類を見る事が出来ますよ。

| ジダン | 2012/01/21 01:04 | URL | ≫ EDIT

おはようございます♪♪

ヨシ ~冬のヨシ原と枯穂、・・・・・・。
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

眺めて、心和みでした。
ありがとうございました。

昨日は、コメント&応援ポチに、恐縮です。

| siawasekun | 2012/01/21 03:34 | URL | ≫ EDIT

佐渡の加茂湖にも

こんにちは。

このような風景が次第になくなりつつあるような
気がします。また緑が芽吹くようになりますと、
オオヨシキリのギョシギョシなんて鳴く声が聞か
れそうですねぇ。
佐渡の加茂湖畔にも部分的にですが見られます。
以前よりずいぶん面積が狭まりました。今一度
復活させて欲しいのですが。

| 地理佐渡.. | 2012/01/21 12:01 | URL | ≫ EDIT

風子さん こんばんは

今日も寒いですね。
それなのに石油ストーブの燃料が切れました・・・。

ヨシズは日光を遮りながら風を通す優れ物ですよね
遊水地の辺りで(その昔で)あれば、
風も涼やかだったのではないでしょうか。

まだまだ寒い日が続きます。ご自愛ください。
本年も宜しくお願い申し上げます。

| 山ぼうし | 2012/01/21 16:45 | URL |

夏のそらさん こんばんは

そうですね~この時期は色味が少ないですね。
でも、雪国に比べれば多いですし、
こうやって散歩もできます。冬枯れも面白いです。

そちらでは日よけが必要になっているのですね。
こちらでは日が欲しいです!特に今日は!

| 山ぼうし | 2012/01/21 16:46 | URL |

ジダンさん こんばんは

やはり「アシ」なんですね。
同じ植物なのに真逆にしなくても・・・と思います。
でも、アシズはないですよね、そこはヨシズで。

渡良瀬は猛禽と鳥屋さんのお宝ですかぁ~。
10種類もね~。保護してほしい場所ですね。

| 山ぼうし | 2012/01/21 16:47 | URL |

siawasekunさん こんばんは

一見何もないように見えたので、
今まではスルーしていましたが、
ヨシ原も枯穂もさまざまな表情がありますね。

毎日の更新お疲れ様です。

| 山ぼうし | 2012/01/21 16:48 | URL |

地理佐渡さん.. こんばんは

ヨシ原には年間を通じてたくさんの生物がいるのでしょうね。
水を浄化する役割もあるとか。
加茂湖は汽水湖でしたっけね。増えてほしいものです。
ご存知かと思いますが、私の実家の方ではヨシ原はありませんので
ヨシのことはほとんど知りませんでした。
これからは、もう少し気にして見ようと思っています。

| 山ぼうし | 2012/01/21 16:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/250-c6e91a55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT