きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

冬のオオバコ・コブシ2・他

さいたま市の「見沼自然公園」と隣の「さぎやま記念公園」で樹見散歩してきました。気になった植物を2回に分けて取り上げたいと思います。〈散歩日:2月4日(土)〉

冬のオオバコ
オオバコはどこにでもある所謂雑草です。幼い頃には二人で花穂を引っ張り合う遊びもしました。昨年の冬は葉だけが地表に拡がる(ロゼット)様子も見ました。見慣れたもの・・・のはずでした。
ところが、公園奥の遊歩道から外れた境界近くを枯葉を見ながら歩いていると、オオバコの花穂が枯れた状態で残っていたのです。これは、私にとって珍しいものでした。
きれぎれの風彩 「冬のオオバコ」01

(↑ピントは枯葉に・・・トホホです。)
これまで見過ごしていただけなのかもしれませんが、ココは滅多に人が立ち寄らない場所だと思いますし、周りを見てもこの4本の花穂しかないので、これだけがたまたま残ったのだろう=貴重!と思いました。

その後、ぐるっと回って隣のさぎやま記念公園との出入り口を過ぎた辺りにくると・・・ココも雑草が多く散歩道から外れている所ですが、なんと!オオバコの枯れ花穂が沢山ありました。
きれぎれの風彩 「冬のオオバコ」02

残る所には残るということなのでしょうか。先ほどまでのラッキー感が一気に吹き飛びました。でも、昨年のココはロゼットだけだったと思うのですが・・・。


コブシの冬芽と枝が!
コブシの毛に覆われた冬芽が膨らんでいました。(コブシと判った理由は名札があったからです。間違いないですね。)花芽でしょうか。今年は、花のついたコブシを取り上げたいと思います。
きれぎれの風彩 「コブシの花芽」

樹の幹に目をやると強い剪定のせいか枝ぶりが今一つ、というか変ではないかと?左の幹から伸びた太い枝と右の幹が・・・。
きれぎれの風彩 「コブシの枝」01

よく見ると、枝と幹が完全にくっついていました。
きれぎれの風彩 「コブシの枝」02

コブシというのはこうなる性質を持っているのでしょうか。それとも人の手によるものでしょうか(何のため?)。上の細い枝も右の幹とくっつきそうでした。不思議です。


オレンジの花芽は不明
池のほとりにありました。葉は常緑で全縁、オレンジに近い赤い花芽?が目立ちます。これが何なのか?少し調べてみましたが分かりません。
きれぎれの風彩 「オレンジ花芽?」01

きれぎれの風彩 「オレンジ花芽?」02

けっこう大きな樹です。
きれぎれの風彩 「オレンジ花芽?」03

最近、分からないと直ぐに「このきなんのき」に頼っていましたが、時間がある時に調べようと思います。もしくは、春まで待って変化を見たいと思います。
とはいえ、教えていただく分にはウェルカムなんですけどね。
スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 23:10 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

オオバコ、このような状態で残っているのは初めて見ました。
コブシは花芽の数で今年の開花が予想できます。たくさんついていると、嬉しくなりますね。
オレンジの花芽…、こういうことはぼくも多いです。興味を持ったら一年中観察を続けて、花まで確認しないと…。「葉っぱでおぼえる…」という図鑑があるにはありますが、似たのがたくさんありますから。

| ディック | 2012/02/08 18:47 | URL | ≫ EDIT

本日根岸森林公園コブシを見に行ったら、昨年はあれほど数多く着いていた花芽が、ほんのちらほらしか見えません。
「ああ、今年はもう絶望! 」とがっかりして帰ってきました。

| ディック | 2012/02/10 18:21 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

ディックさんも、枯れ花穂は初めてですか(良かった)。
何故でしょうね。気候的なものかな?

根岸森林公園のコブシは残念ですね。でも、
花芽が遅れているということにしましょうか。

私も葉っぱで分かる・・・という本を持っているのですが、
この本では分かりませんでした。残念です。

| 山ぼうし | 2012/02/10 23:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/257-b87a502e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT