きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベニバナトキワマンサク ~紅色リボンの花弁

マンサクは3月に黄色く細長い花弁の花をつけます・・・しかし、4月の中旬に同じような細長い花弁で、しかもまだ蕾が多く、花色が赤紫色の花木がありました。「花と緑の振興センター」での『ベニバナトキワマンサク』です。〈散歩日:4月15日と4月29日〉

ベニバナトキワマンサクは、マンサク科トキワマンサク属の常緑低木です。マンサク科の植物の一種に薄い黄色の花をつける『トキワマンサク』があり、その紅色の変種が本種のようです。花期は4月~5月です。
(マンサクは、黄色の花色で、高木になり、落葉樹で、花期も早いですね。)

庭木の他、葉が密に茂り樹高も低く抑えることができるので生垣にも利用されます。当センターには大小3株ありました。近年増えているのかもしれません。

1.4月15日に初めて見た時は蕾が多く、最初は「何だろう?」と思いました。
2.よく見ると花弁は細いし「ぴーひゃらら」なのです。まっまさかマンサク!?
3.でも花弁は開いていないし、しっかり葉は付いているし???
4~5.樹の幹にプレートがありベニバナトキワマンサクということが判りました。
「1」「2」「3」「4」「5」
「ベニバナトキワマンサク ~紅色リボンの花弁(1)」


6.4月29日に再び訪れた時には満開でした。花数が多いですね。
きれぎれの風彩 「ベニバナトキワマンサク」-6

7.細長い花が密集して枝先はモワモワです。しかも陽に透けてキレイでしたね。
きれぎれの風彩 「ベニバナトキワマンサク」-7


別の場所にも小さい株がありました。こちらは「アカバナトキワマンサク」の名前が付いていました。ベニバナ…の別名のようですが、何故名前を変えているのでしょう。

8.新緑が多くなっているこの時期にアカバナは目立ちます。こちらも満開です。
9.常緑なので葉があるのですが、それ以上に花数があるように見えます。
10.花弁は4枚です。それが枝先にいくつか集まって花房を作っています。
11.葉は何故か2色あり、赤紫になる「銅葉」と緑色の「緑葉」があります
「8」「9」「10」「11」
「ベニバナトキワマンサク ~紅色リボンの花弁(2)」

新しい葉や枝には、白っぽい粉のようなものが見えますが、毛の一種で星状毛(セイジョウモウ:星の形に見えることから)と呼んでいるそうです。

ちなみに、トキワマンサクの分布には面白い経歴があります。
「ヤサシイエンゲイ」Webによると、日本で発見されたのは、中国から輸入されたランの鉢についていた苗で、当時は中国特産の樹木とされていました。それが開花し1905年にトキワマンサクの命名。しかしその後、1931年に伊勢神宮で発見され、後に日本各地やインドでの分布も確認されたそうです。
スポンサーサイト

| 常緑低木 | 23:52 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>マンサク科の植物の一種に薄い黄色の花をつける『トキワマンサク』があり、その紅色の変種が本種
>こちらは「アカバナトキワマンサク」の名前が付いていました。ベニバナ…の別名のようですが、何故名前を変えているのでしょう。
う〜む、さっぱりわかりません。
昨晩のぼくの記事「ママ下湧水から矢川緑地保全地域へ」のトップの写真はいったい何でしょう? このピンク色のトキワマンサクは近所の崖の上の方に見えます。あれがトキワマンサクなのだろう、と思っていました。そうかトキワマンサクにはピンクと赤があるのか…、と。
その程度ですから、この花についてはたぶん山ぼうし さんのほうが突っ込んで調べられているはずです。解明していただきたいところですm(_ _)m

| ディック | 2012/05/01 20:52 | URL | ≫ EDIT

これがマンサク?

 これはまた見事ですねぇ。マンサクでもベニバナトキワマンサクは、花の付き具合が全然違いますね。これは目立ちますね。驚きましたよ。

| 西恋おじん | 2012/05/01 21:30 | URL | ≫ EDIT

見事な咲きっぷりです。。。

やまぼうしさま^^こんばんは~♪

このような見事なベニバナトキワマンサク初めてです♪
いつも無造作に開き切っているところしか見ておりませんで、
このマンサク独特の咲きはじめが、ちょっと嬉しいです。。。

ほんとうに、吹き戻しのようですね~!
葉っぱもいろいろ、不思議です~。。。
先ほどはありがとうございました~♪

| 紗真紗 | 2012/05/01 22:36 | URL |

ディックさん こんばんは

ディックさん、ハードルは低く見えて結果的に高かった!が良いです。
ドン!と胸を叩きたいところですが、最初から高いハードルには、まわれ右です(笑)。
トキワマンサクは薄い黄色がベーシックのようです。
“ベニバナトキワマンサク”が紅か赤か桃かは、人の眼によるところですので、その時の環境で・・・今はそんなところでいかがでしょう。スンません(-_-;)。

| 山ぼうし | 2012/05/01 23:46 | URL |

西恋おじんさん こんばんは

『マンサク』と比べたら、花数は段違いですね。
ヒドイ!じゃなくて…スゴイ!です。目立ちました!
ただ、早春に咲くのと今の時期に咲くのとは、ちょっと印象が違いますよね(偏見です)。

| 山ぼうし | 2012/05/01 23:48 | URL |

紗真紗さん こんばんは

よく見ると蕾から4分割してるんですね。な~るほど!です。
“ぴーひゃらら”を使わせていただきました。最適な表現だと思いました。
葉っぱは何気に驚きです。何で?どうした?と思います。

| 山ぼうし | 2012/05/01 23:49 | URL |

山ぼうしさん、
困ったことにぼくが見たのはほんとうに真っ赤だったのです。
ピンクがふつうだということは、ネットで真っ赤なのが見つからないから、よくわかります。ぼくの記事のあれは別種なのかなあ。
題名は付けていないのですが、文中で「トキワマンサクでしょうか」と書いたら、みなさん「ベニバナトキワマンサクは…」とコメントを付けられていて、困りました。
最近園芸種で真っ赤なのがあるとか、そんなことなのでしょうかねぇ。

| ディック | 2012/05/02 19:15 | URL | ≫ EDIT

おはようございます♪♪

ベニバナトキワマンサク ~紅色リボンの花弁、・・・・・・。
綺麗ですね。
美しいですね。

不思議な花形ですね。

眺めて、心和みでした。
ありがとうございました。

昨日も、コメント&応援ポチに、恐縮、恐縮、深謝です。

| siawasekun | 2012/05/03 08:25 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんにちは

確かにディックさんの写真を見るとまっ赤ですよね。
普通のベニバナトキワマンサクとは違うな~と思います。
でも、たまたま赤が特質したのかもしれませんね。
新しい品種だとしても、名前はベニバナの中の内なのかもしれません・・・。どうなんだろ?

| 山ぼうし | 2012/05/03 12:24 | URL |

siawasekunさん こんにちは

花は本当に不思議な形です。
この形状にも何か意味があると思うのですが・・・。
少なくとも人は吸い寄せられますね。

| 山ぼうし | 2012/05/03 12:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/291-ae521d87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT