きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ムラサキサギゴケ ~地表を覆う葉と唇形の花

最初に気付いたのは、4月15日「見沼自然公園」での散歩中でした。
池の近くで地表を這うような小さな葉の絨毯と花が目にとまりました。遠目ではスミレ?と思ったのですが、違いました。何でしょう?後日、ムラサキサギゴケと知りました。その後4月29日、5月12日にもながめてきました。

ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)は、ゴマノハグサ科サギゴケ属の多年草です。本種の白花に限ってサギゴケということもあるそうです。また、同属の「トキワハゼ」と大変よく似ています。※下段参照

名前の由来は、花色が紫のサギゴケ(属)のようです。和名の苔は、小さくて地表を覆う様子がコケのイメージなのでしょう。

▼4月15日の様子
1~3.地表に貼りついたような葉の中で、ポツンポツンと花が飛び出ていました。花だとすれば、もう大人?ずいぶん背の低い花だと思いましたね。
4.高さは、人差し指の厚み位しかありません。
「1」「2」「3」「4」
「ムラサキサギゴケ ~地表を覆う葉と唇形の花(1)」

数日後、他の方のブログで名前を知りました。(調べる作業が省けました。)
ムラサキサギゴケの花冠は唇形というものです。(変わった形だと思いますが、最近はけっこう唇形の花があるものだと感じています。)

▼4月29日の様子
5~6.背が伸びていましたし、花の数も増えました。
7~8.別の場所では群生していました。花もたくさん!驚きました。
「5」「6」「7」「8」
「ムラサキサギゴケ ~地表を覆う葉と唇形の花(2)」

9.花数が増えると見応えがあるのは、何でも同じですね。
きれぎれの風彩 「ムラサキサギゴケ」1-9

花の中央で盛り上がっている部分に黄褐色の斑があります。シャガにも似たような色の斑がありましたけど、虫が好む色なのでしょうか。
盛り上がった部分に毛が生えているのも謎です。

▼5月12日の様子
10.さらに背が伸びていました。このような姿を見ると、なぜ1ヶ月前の涼しい時、地表スレスレの状態で花をつけるのか不思議に思えます。
11.蕾もありますが、花が終わった所は果実ができはじめているよう…?
12~13.他の植物が大きく生長してきたせいか、群生という感じはなくなりました。短い期間で主役の座は交代していくようです。
「10」「11」「12」「13」
「ムラサキサギゴケ ~地表を覆う葉と唇形の花(3)」


※ムラサキサギゴケとトキワハゼ。当地で見たのは本当にムラサキサギゴケなのか、Webで調べてみました。

例えば: ムラサキサギゴケ / トキワハゼ
・性質: 多年草 / 一年草
・茎 : 無毛で走出枝がでる / 毛がある走出枝はない
・花の大きさ: 15~20ミリ / 5~12ミリ
・花の色: 紫(稀に白) / 薄い淡紅紫色
・花の下唇: / 白色で、わずかに紫色を帯びる
・花の上唇: 深裂しウサギの耳のよう / 浅く裂けて割れ目が目立たない
・適地: 湿って日当りのよいところ / 乾いたところ

このような違いを元に、撮影した画とWebでの画像などを見比べたところ、ウサギの耳、下唇の色、走出枝などからムラサキサギゴケと判りました。
もちろん池の近くというのは湿った地質になっているのでしょう。

公園内での場所を覚えましたので、この後の様子も追ってみようと思います(でも、目立たないとスルーしてしまうこともよくある事なので・・・)。
また、トキワハゼも見てみたいものです。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:12 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

こちら根岸森林公園とは比較にならない大群生ですね。
個体差もあるので、下唇の色や耳の様子で区別しようとすると、慣れないうちは間違いやすいです。
決定的なのはランナーで、これが地面を這っているかいないかで区別するのが一番確実です。根岸森林公園では湿地帯にムラサキサギゴケが広がり、トキワハゼはほとんど見つからなかったのですが、今年になってはじめて、丘の中腹にトキワハゼが出てきました。
あ、「敵地」って「適地」の誤りでは?

| ディック | 2012/05/26 08:54 | URL | ≫ EDIT

むらさきの。。。

山ぼうしさま^^こんにちは~♪

ムラサキサギゴケの群生に驚きです。
しかも、1か月間の変化をありがとうございます。
今ごろは、
ほんとうに唇形の感じのお花が目につきまして、
流行りのような、逞しいということでしょうか?

>班が・・・虫が好む色
その模様は、蜜標と呼んでもいいのでしょうか。
私的には、今日は、「6」のお写真が好きでした~♪
いつもありがとうございます~♪

| 紗真紗 | 2012/05/26 11:43 | URL |

ディックさん こんばんは

あ~ホントだ。ありがとうございます。修正しました。

ムラサキザキゴケもトキワハゼについても
ディックさんの記事や写真を参照しました。
何かとありがとうございます。
ランナーは有無なので確実ですね。
私的にはウサギの耳もけっこう違うと思います。
ただ、いずれにしてもチラ見では分からないですね。

| 山ぼうし | 2012/05/26 19:58 | URL |

紗真紗さん こんばんは

思いもよらぬ群生には、私も驚きました。
なるほど蜜標ですか。ポイントになりますものね。

この後も「追ってみよう」と書いたのですが、
今日、行ったら群生地は刈られていました。
雑草が伸びすぎたせいでしょうか。
公園だからしようがないですね。

| 山ぼうし | 2012/05/26 20:06 | URL |

群生るとと

 我が家の近くでは、あまり見かけない野草です。
これだけ一面に群生していると壮観ですね。
小さい花弁かと思ったら、花の大きさが15~20cm
もあるようで、見応えもありますね。
詳細に同定されて特定されることに敬服します。


| 西恋おじん | 2012/05/27 11:00 | URL | ≫ EDIT

西恋おじんさん こんばんは

またもや入力ミスです。すんません。
花の大きさ15~20ミリです。修正しました。
こりゃいけませんね。
群生している様子はなかなかでした。
ただ、小さいので目線も下に~下に、でした。

| 山ぼうし | 2012/05/27 19:06 | URL |

いつも困っています。

こんばんは。

ムラサキサギゴケとトキワハゼ。とにかく
区別の難しい植物ですよね。こちらでも
咲いていますが、はて..
たぶんムラサキサギゴケだとは思うのです
が..

| 地理佐渡.. | 2012/05/27 19:23 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん.. こんばんは

当方は、まだ白いサギゴケもトキワハゼも
見たことがありませんので・・・・・。
その場で見比べることができれば分かりやすい
でしょうね~。
ということで、植物は面白いですね。

| 山ぼうし | 2012/05/27 23:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/301-6862b63b

TRACKBACK

まとめtyaiました【ムラサキサギゴケ ~地表を覆う葉と唇形の花】

最初に気付いたのは、4月15日「見沼自然公園」での散歩中でした。池の近くで地表を這うような小さな葉の絨毯と花が目にとまりました。遠目ではスミレ?と思ったのですが、違いま...

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/26 03:23 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT