きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タブノキ ~冬芽から開花、新緑まで

見沼自然公園でいつものように「これは何だろう?」と気になったのが2月4日の事でした。すぐには判別できませんでしたが、急ぐこともないので花が咲く頃に確認しようと思いました。その後「タブノキ」と判ったのですが・・・・・。〈散歩日:2月~5月〉

タブノキ(椨の木)は、クスノキ科タブノキ属の常緑高木で、シイ類・カシ類とともに日本の照葉樹林を代表する樹です。北海道を除く本州~沖縄に分布し、特に海に近い地域で多く見られます。海に近い地域では街路樹や公園木、工場緑化樹としてよく植えられているそうです。

▽2月4日
1.池のほとりに常緑樹がポツンと。画の左下からが池です。
2.真冬ですが深い緑のツヤのある葉です。
3.枝の先に赤みのある蕾or芽がついていました。一見ツバキに似ているような?
4.2センチ弱あります。大きいです。この先何がでるのかな?と思いました。
5.樹皮は暗いグレーで樹皮が目立ちます。これは何の樹なのだろう?と。
「1」「2」「3」「4」「5」
「タブノキ ~冬芽から開花、新緑まで(1)」

▽3月20日
6~7.1ヶ月半経ちましたが、それほど変わっていない様子です。
8.蕾or芽は少しだけ大きくなったような気がしますが、いったいいつになったら?
▽4月15日
9~10.オ~ッ!やっと変化がありました。先が膨らんできました。もうすぐ!?
「6」「7」「8」「9」「10」
「タブノキ ~冬芽から開花、新緑まで(2)」

▽4月29日
11~12.何という事でしょう!樹を間違えたのかと思いました。蕾or芽の先が爆発したように開き何かが飛び出ています。2週間で大変身!(1週間前を見たかった)
13~14.よく見ると花がついていました。ということは緑の小玉が全部ツボミ~。
15.さらに、先から赤みを帯びた若葉がでているのもありました。
「11」「12」「13」「14」「15」
「タブノキ ~冬芽から開花、新緑まで(3)」

この後、調べて(また、他の方のブログで)タブノキと判りました。
クスノキ科の樹木の冬芽は、比較的大きく目立つ特徴があるそうです。
葉は長さ10センチ以上になり、中央より先に近い方で幅が最大になります。厚みがあり全縁、表面は光沢がある深緑、裏面は白っぽい。

丸い頂芽が開くと、数本の枝分かれした円錐花序が伸び、1センチほどの淡黄緑色の両性花を付けます。一つの花序でいっぺんに咲くのはせいぜい数個だそうです。

▽5月12日
16~18.若葉が増え、蕾が少なくなりました。花はほとんど見られません。前日までの風雨の影響によるのか、地面に緑の蕾がたくさん落ちていました。
▽5月26日
19~20.若葉が増え大きく育っています。新緑の様相でした。
「16」「17」「18」「19」「20」
「タブノキ ~冬芽から開花、新緑まで(4)」

冬芽が開いた後は、花序、新しい枝、新しい葉が次々にでてくるのですね。地面の蕾については、「受粉しなかった花は、閉じたまま落ちる」という記述もありました。

21.果実の赤ちゃんでしょうか。小さい緑の小粒ができていました。
きれぎれの風彩 「タブノキ」1-21


果実は、直径1cmほどで秋に黒く熟すそうです。4ヵ月ほど追いましたので、それまでは、しばらくチラ見程度にしようと思います。

ちなみに、江戸時代の町奉行所の同心といえば、黒紋付の羽織に黄八丈(黄色っぽい地の格子柄)のスタイルですが、これは八丈島に古くから伝わる絹織物で、タブノキ(島ではマダミと呼ばれる)の樹皮を、染料として利用しているそうです。

(前回のように、1回の日記に数日分の日記を盛り込んでいますので、長くなり画数も多くなりました。芽吹きのタイミングには少し合いませんでしたが満足しています。)
スポンサーサイト

| 常緑高木 | 23:41 | comments:12 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

凄いです~!

山ぼうしさま^^こんばんは~♪

タブノキ、4か月にもわたる壮大な記録を、
ありがとうございます~♪(*^_^*))))

タブノキの赤い蕾が意外と可愛らしいのですね~♪
その育ち具合は・・・途中までは普通でしたが、
「11」から「15」までの迫力満点の咲き方に、
よくぞまあ!入っていたものと・・・感じております。。。
実は、ヒスイのようで、これが黒くなるのですね。。。

黄八丈は、タブノキの樹皮からということは知りませんでしたので、
今日は大収穫でした~♪(*^_^*)
9時頃も小さな雹が落ちていました、いつもありがとうございます~♪

| 紗真紗 | 2012/05/28 21:53 | URL |

おはようございます♪♪

タブノキ ~冬芽から開花、新緑まで、・・・・・・。

素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

楽しめました。
心和みました。
ありがとうございました。

昨日も、嬉しいコメント&応援ポチに、恐縮、恐縮、深謝、深謝、深謝です。

| siawasekun | 2012/05/29 03:42 | URL | ≫ EDIT

これはすばらしい観察記録

おはようございます。

ここまで追求されると、図鑑の一部を見させて
いただいている感じです。ぶらり歩いてとにかく
気になったものをつぶさに見てくる。図鑑等で
しっかり調べて見る。生活の中にこうした一時が
ありますと、何か張りを感じるのですよねぇ。

| 地理佐渡.. | 2012/05/30 06:27 | URL | ≫ EDIT

タブノキ

良く長い日数をかけて観察されましたね。
確かに、いつもの道を散歩していて、「オヤ!」っと思う樹木を
眼にすると気があります。
こうして関心を持って見ていると、歩く楽しみが増えて来ますね。

>特に海に近い地域で多く見られます。海に近い地域では街路樹や公園木、工場緑化樹としてよく植えられているそうです<
丈夫で潮風にも強い樹のようですね。

それにしても、あの大きなマツカサのような物がはじけて、中からいきなり花のようなものが
飛びだしているとは、びっくりします。

| 風子 | 2012/05/30 09:13 | URL | ≫ EDIT

タブノキ

公園などでよく見かける木です。
でも新芽が開く様子をここまで観察した
ことはありません。

小さな花にポツンとついた実はミッキーマウスノキの
種を連想しました。
よく観察されました。

| 山小屋 | 2012/05/30 10:59 | URL | ≫ EDIT

メジャー

たぶの木を私は知りませんでした。
詳しい所までよく撮れましたね。
私は撮りたいなと思っても、このくらいの高さの木だと
蕾や花はもう撮影が無理であきらめることが多いです。
メジャー、いいですねこうして使うの!

| 夏のそら | 2012/05/30 14:23 | URL | ≫ EDIT

siawasekunさん こんばんは

どうなるんだろう?と思ったら数ヶ月・・・。
タブノキもなかなか面白い樹でした。

| 山ぼうし | 2012/05/31 00:41 | URL |

地理佐渡さん.. こんばんは

ありがとうございます。
結果的にこんなふうになっちゃっいました。
予想と期待とは大きく異なる花序のおかげ(?)ですね。
「張り」を感じるのはイイですね。ただ、時間がかかって・・・。

| 山ぼうし | 2012/05/31 00:43 | URL |

紗真紗さん こんばんは

いえいえ「壮大な記録」なんて~もう~でございます。
結局、赤みある物体は冬芽でした。
(ひょっとしたら大きい花がボンと咲くのかな~と思ったり。)
11を見た時には、いったいどうしちゃったのかと、
本当にビックリしましたよ。

| 山ぼうし | 2012/05/31 00:45 | URL |

風子さん こんばんは

いつもは「何かあるかな~散歩」が多いのですが、
「どうなったかな~散歩」もイイですね。
2週間でスゴイ生長です。植物ってエライものですね。

| 山ぼうし | 2012/05/31 00:46 | URL |

山小屋さん こんばんは

公園などで見かけるのですね。
でも、私には冬芽や花期でなかったら、判らないかもしれません。
他の公園などでも気にして見たいと思います。

| 山ぼうし | 2012/05/31 00:47 | URL |

夏のそらさん こんばんは

この樹は、一番下の枝が目線辺りでした。
私も、枝が手を伸ばしても届かないような樹は
スルーする確率がかなり高いです。
あっメジャーに1票ありがとうございます。多用しようかな。

| 山ぼうし | 2012/05/31 00:48 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/302-8671ac58

TRACKBACK

まとめtyaiました【タブノキ ~冬芽から開花、新緑まで】

見沼自然公園でいつものように「これは何だろう?」と気になったのが2月4日の事でした。すぐには判別できませんでしたが、急ぐこともないので花が咲く頃に確認しようと思いました...

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/28 06:58 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT