きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒメジョオン ~初夏から咲く白い花(外来種)

先週、小雨の中ドライブ散歩で嵐山~都幾川方面に行った時のことです。都幾川沿いの歩道(斜面の山道的な)を背の高い草とクモの巣を気にしながら歩いていると、白い花に小さな虫がしがみついていました。よく見ると幼いカマキリで、白い花の方は「あ~これが!」ヒメジョオンでした。〈散歩日:7月1日〉

ヒメジョオン(姫女菀)は、キク科ムカシヨモギ属の植物で、北アメリカ原産の帰化植物です。(ハルジオンと同じ。)秋に芽生えてロゼットのまま越冬して翌年の初夏から花茎を伸ばす冬型一年草(越年草)です。

同属のハルジオンと共に、道端でもよく見かける雑草ですが、どちらかというと
・ヒメジョオン=背が高い、花は小さくて数が多い、根本がすっきりしている。
・ハルジオン=背は低い、花は大きくて数が少ない、根本に葉がある。
(その他、ハルジオンの方にも記しました。)

このヒメジョオンは1メートル以上あったと思います。花もたくさんついていました。
きれぎれの風彩 「ヒメジョオン」1-1


花は中心部の黄色の筒状花と周りの白い花弁を持った舌状花とからなっています。
きれぎれの風彩 「ヒメジョオン」1-2


ハルジオンを取り上げた時に、「ハルジオンの葉は基部が広がり茎を包むようにつくが、ヒメジョオンの茎葉の基部は細い」と知りました。その通りですね。
きれぎれの風彩 「ヒメジョオン」1-3


最初に目にとまった幼いカマキリです。成虫と同じ姿形なのがカワイイです。
きれぎれの風彩 「ヒメジョオン」1-4


ハルジオンの頃とは異なり、初夏なので様々な虫が寄ってきます。
きれぎれの風彩 「ヒメジョオン」1-5


検索していたら「ヒメジョオンは明治時代に鉄道と共に日本全国に広まったので、テツドウソウ(鉄道草)、テツドウバナ(鉄道花)とも呼ばれた」そうです。面白いですね。

ヒメジョオンは土壌の種類を選ばず、土壌環境に対する適応性が大きい。そして、驚異的な繁殖能力をもっているので駆除がとても難しい。その結果、日本の侵略的外来種ワースト100。外来生物法で要注意外来生物に指定されています。

ただ、「ヒメジョオンは秋に発芽する越年草で、他の草が入り込み陰になると発芽できなくなるので、多年草のハルジオンに置き換わられたりして、現在ではハルジオンの方が優勢である。」との記載もありました。なるほどと思います。

都幾川でヒメジョオンを見た後、群生している所も見たいと注意していたのですが見つかりませんでした。山野での群生は(前述のように越年草なので)難しいのですね。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 22:44 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

つい写す

おはようございます。

群落を見ますと涼しさを感じたりもする白い花。
つい撮影なんて事、僕もあります。白い小さな
花は被写体としても実に良いです。その際、マ
クロでというのが僕の場合の定番です。

さて、今朝は曇り空。まもなく住宅をでまして
仕事に向かいます。

| 地理佐渡.. | 2012/07/08 06:31 | URL | ≫ EDIT

ヒメジョオン

ハルジオンの違いがわかりました。
野でみると白い花がすくっと伸びて咲いてると撮りたくなるお花です。

>検索していたら「ヒメジョオンは明治時代に鉄道と共に日本全国に広まったので、テツドウソウ(鉄道草)、テツドウバナ(鉄道花)とも呼ばれた」そうです。面白いですね。

ホントに検索すると面白いです。
鉄道花きっと鉄道沿線などでみられたのかも?しれませんね。
楽しませていただきました。

| ころん | 2012/07/08 11:23 | URL |

かわいいお姫さま。。。

山ぼうしさま^^こんにちは~♪

ヒメジョオンは・・・、
どこにでも咲くのがもったいないほどに、
目がパッチリ~!
ほんとに、とろけるような笑顔ですね~!

鉄道草に鉄道花というネーミングは、初めてのお話でした。
明治の活気あるよき時代を感じます。。。

アシのこと、リンク拝見しておりまして、
すっかりインプット、これで自信がつきました。
いつもきれいなお写真と解説をありがとうございました~!

| 紗真紗 | 2012/07/08 18:08 | URL |

菊かな

 両花の違いは理解できましたが、実際に見たら
私には見分けが付きませんね。
こういう花の形を見るとみんな菊だと思ってしまいます。
今回理解できてよかったですよ。ありがとうございます。
鉄道の開通によって広く分布したというのは面白いです。

| 西恋おじん | 2012/07/08 20:37 | URL | ≫ EDIT

ヒメジョオン、ハルジョオン、(きっとどちらも)子供の頃名前も知らずに摘んでいました。
家で花瓶にさしても水揚げしなくて残念と子供心に思いました。
外に咲かせておいてくれ、という花の願いかな。

| 夏のそら | 2012/07/09 12:16 | URL | ≫ EDIT

ヒメジョオン

ハルジオンに比べて背丈が高いので、
群生しているときれいです。
6月30日に登った二十六夜山では
降りた里の空き地に群生していました。
まだまだ元気な花です。

| 山小屋 | 2012/07/09 17:12 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡..さん こんばんは

曇り空なのにけっこうクッキリしていて、
白い花は曇りがいいのですね。
朝晩涼しく、日中の日ざしが暑い日々です。

| 山ぼうし | 2012/07/09 23:09 | URL |

ころんさん こんばんは

ハルに比べるとシュッとした感じがします。
鉄道花という名をつけるほどに、
鉄道と一緒にメジャーになったのかな~と思いました。

| 山ぼうし | 2012/07/09 23:10 | URL |

紗真紗さん こんばんは

舌状花がクッキリ、スッキリという感じがします。

ヨシアシのこと、それほど詳しくないので恐縮です。

| 山ぼうし | 2012/07/09 23:11 | URL |

西恋おじんさん こんばんは

書き忘れましたが、今咲いているのはヒメで、
春に咲くのがハルですね。これが分かりやすいです。
ただ、間が微妙です(笑)。

| 山ぼうし | 2012/07/09 23:11 | URL |

夏のそらさん こんばんは

女の子時代に、花瓶にさそうと思われたのですね~。
やはり女性は違いますね。
私にはアレもコレもただの雑草でした。

| 山ぼうし | 2012/07/09 23:12 | URL |

山小屋さん こんばんは

開墾地や造成地にしばし群生するようですね。

8月頃までは余裕で咲きますよね(と思うのですが)。

| 山ぼうし | 2012/07/09 23:13 | URL |

一枚目の写真がいいですね。
ただたくさんの花というのでなくて、変化に富んでいて楽しめます。
ブログを始めた頃、ハルジオンとの区別に悩みましたが、ぼくは「葉と茎との関係」が一番わかりやすいです。

| ディック | 2012/07/10 20:44 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんにちは

1枚目!ありがとうございます。
背が高いせいか、花にも高さの違いがあって、
ちょっとハルジオンとは違うな~と。
ただ、斜面地のせいか少しクネッていました。

| 山ぼうし | 2012/07/14 11:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/313-df5ed3f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT