きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒペリカム ヒデコート ~濃い黄色の全開5弁花

先週の日曜日、少し出かけたついでに市内K公園に立ち寄りました。午後4時半頃でしたので陽が傾き樹木の間は少し薄暗い感じでしたが、その中で黄色い花が目にとまりました。案内板には「ヒペリカムヒデコート」とありました。〈散歩日:7月22日〉

ヒペリカムヒデコート(ヒドコートとも)は、オトギリソウ科オトギリソウ属の半常緑低木で中国原産のキンシバイの園芸品種です。キンシバイが横向きの枝に花をつけるのに対し、少し立ち上がる枝に花をつけます。(案内版より)

キンシバイの和名は「金糸梅」で、花の形が梅に似ている黄色い花が由来のようです。
キンシバイの仲間は、庭木やグランドカバーとして用いられています。K公園でも木々の下草に使われていました。花のピークは過ぎたようです(少し残念)。

1.薄暗い中で黄色が映えていました。(使っているコンパクトカメラは、辺りが暗いせいかシャッタースピードが遅くなり・・・結果ボケが多くなりました。)
きれぎれの風彩 「ヒペリカムヒデコート」1-1


2.濃い黄色の5弁花です。この花も開ききって虫喰い(?)もあり、もうすぐ枯れそう。
3.開く途中だと思われるお椀形です。黄色がキレイです。
4.花糸は花弁と同じ色です。葯と合わせて・・・豆もやしを思い出しました。
5.葉は対生で長楕円形。花弁は落ちずに枯れて朽ちていく感じです。
6.蕾も多少残っていました。これは緑から黄色に変わっていく途中ですね。
「2」「3」「4」「5」「6」
「ヒペリカム ヒデコート ~濃い黄色の全開5弁花」

株の様子を残そうと思ったのですが、離れた画を撮ろうとすると終わった花ばかりになってしまう場所がほとんどで・・・。
7.(なんとか妥協した所です)花も葉も新旧で色が違いますね。
きれぎれの風彩 「ヒペリカムヒデコート」1-7


調べてみると、キンシバイの花はあまり大きく開きませんが、ヒペリカムヒデコートは花弁が大きく全開します。雄しべの様子は両方とも似ています。

「ヒペリカム」はオトギリソウ属のラテン名で、園芸品種には「ヒペリカム○○」と頭にその名がついています。
しかし、「ヒペリカム・カリシナム」というのは学名のカタカナ表記で、セイヨウキンシバイ(西洋金糸梅)のことをいいます。

セイヨウキンシバイ(ヒペリカム・カリシナム)は、キンシバイと名がつくわりには花姿(特に雄しべ)があまりキンシバイと似ていません。同属のビヨウヤナギの花によく似ているようです。

K公園のヒペリカムヒデコートの案内板には「別名:セイヨウキンシバイ」とも記されていましたが、これは間違いですね。
とはいえキンシバイを初め、他の仲間の花も実際に見たことがないので来年以降に!
スポンサーサイト

| 常緑低木 | 13:44 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

魅惑的な花。。。

山ぼうしさま^^こんばんは~♪

ヒベリカムヒデコートですか。
目鼻立ちがはっきりしているお花ですね。
ちょっとこんがらかってしまうお花なのですね。

好みとしては、セイヨウキンシバイも好き!
気楽に咲いているような感をうけまして。。。
キンシバイの深さを知りました。
いつも参考にさせていただいております(#^.^#)

| 紗真紗 | 2012/07/28 21:54 | URL |

金糸梅等似た花を見ますが..

おはようございます。

似た花を見ますが、どうにも街中で見る花などに
関心が向かず、細かいことは一切わからぬ状態で
す。それにしましてもオトギリソウの仲間かぁ。
こちらは知ることができて後々参考になるなぁと..

さて、地理佐渡は明日早朝佐渡を離れて三日間
島外で仕事です。木曜日には再開したいと思っ
ています。よろしくであります。

| 地理佐渡.. | 2012/07/29 06:47 | URL | ≫ EDIT

紗真紗さん こんばんは

たまたま見かけた花でした。=これしか無かった(笑)。

最近は、キンシバイよりもヒベリカムヒデコートの方が
花が大きいのでポピュラーになっているようです。
セイヨウキンシバイやビョウヤナギは来年です~。

| 山ぼうし | 2012/07/29 21:23 | URL |

地理佐渡さん.. こんばんは

オトギリソウというのをまだ認識できていないのですが、
草元ですよね。
同じ科・属の中に木元と草元があるのって不思議です。

| 山ぼうし | 2012/07/29 21:28 | URL |

良く似た花が

お暑うございます。
この言葉、一日何度口走る事かしら、本当に暑いです。
パソコンも暑そうに悲鳴上げています。

この黄色い花似た花が3種類位ありますよね。
以前、私もマクロで滴を撮った写真がそうでしたが、
戻って、何と言う花だったか調べるのが面倒になるくらい暑いです。
ヒペリカムヒデコート、名前が長くて舌を噛みそうです。
私、黄色一色の花を撮るのは苦手です。必ずボケます。

| 風子 | 2012/07/30 10:13 | URL | ≫ EDIT

ちょっといい情報有難うございます。
グランドカバーにも使える草木を探していました。
金糸梅の仲間なら花も綺麗そうだし、玄関へのアプローチ(木柱立てた所の下)に検討したいと思います。

| ジダン | 2012/07/30 20:23 | URL | ≫ EDIT

風子さん こんにちは

そうそう、休みの日にカミさんは家事でバタバタしながら
その都度「暑~い」というのです。もう何度も。なので私も
答えてあげました「(言われなくとも)知ってるよ」とね。

たしかビョウヤナギでしたよね~キレイだったと記憶してます。

| 山ぼうし | 2012/08/01 12:43 | URL |

ジダンさん こんにちは

あ~イイですね~。
木柱の間から枝が垂れ黄色い花がのぞく様子を想像しますよ。
ここのヒデコートは高さが1m~1.5mくらいありました。
好みの樹形にできそうですね。

| 山ぼうし | 2012/08/01 12:44 | URL |

よく調べられましたね。それでもぼくは何が何だかいまひとつです。
ご近所に「ヒペリカム」で知られている園芸種を植えられているところがあり、そのヒペリカムは花が小型で、早めにたくさんの実を付け、その実の彩りがきれいです。花よりも実を楽しむ植物なのでしょうか。園芸種がいろいろとあるのでしょうね。
要はオトギリソウの仲間をヒペリカムという、ということでよいのでしょうか?

| ディック | 2012/08/01 13:20 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

どうも園芸種に関して超初心者なので私なりの「たぶん」解釈です。
調べるとオトギリソウ属の学名が「Hypericum」なのですね。
でも草元ではヒペリカムの呼称は使わないのかもしれません。
園芸では、オトギリソウ属の木元の総称だと思われます。

ちなみに、花は小型だけど多花性で、晩夏から秋にかけてかわいらしい赤い果実を実らせ、樹高は1m以上になるのはヒペリカム‘エルステッド'のようです。
・・・やはり園芸種の類までは手を拡げない方が良いと思いました。

| 山ぼうし | 2012/08/01 19:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/319-0e119e7b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT