きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブナ林・大ケヤキ・稲・里の花(新潟)

実家の近くにある道の駅に、山の散策路やそこに至る吊り橋が作られたのが平成14年で、それからは5月や夏に帰省した時に、時々散歩しています。
今回の帰省でも、散策路とそこから続く農道などを散歩しました。(前々回のネムノキはその途中で見ました。)〈散歩日:8月16日〉

1~2.斜面地のブナ林です。雪で折れた枝がそこかしこに残っています。
 気持ちがイイ~と言いたいところですが、前日の夕立ちで湿度が高いです。
3.散策路を散歩する人はめったにいません(たぶん)。
 足元の落葉絨毯には幼いブナ(?)だらけで、足の踏み場に苦労します。
4.見上げると、ちょっと窮屈そうな樹冠が拡がっていました。
5.スギ林の近くでは、スギの子がいくつも。
「1」「2」「3」「4」「5」
「新潟 ~実家近くのブナ林」

当地には、特に何もありません。(謙遜しているわけでもなく、本当に。)
でも、せっかく道の駅ができ、周辺の環境も整備したわけですから、それらを活かせるような“何か”がほしいですね。(難しいと思いますけど。)


2011年1月、雪の中で大ケヤキを見ましたが(その時の様子はコチラです)、久し振りに夏の大ケヤキを見に行きました。

6~8.県指定天然記念物で、目通り周囲10メートルの大きなケヤキです。
 何年かの間に大きな枝がいくつか折れてしまいましたけど、ここ1年半の間でも
 折れた?と思いました。樹高・枝張り共に約45メートルという説明なのですが、
 枝張りに関しては、今ではもうそれほど無いと思います。残念です。 
9~10.田んぼの稲がスクスク育っていました。
 お米に付いている白いのは、雄しべの名残りですね。
「6」「7」「8」「9」「10」
「新潟 ~大ケヤキと稲」

(大ケヤキのある社の境内で、ツバキの赤い果実を見ました。次回取り上げます。)


実家近くの道路沿いで、たくさんの草花を見ました。数年前までは草花のことにほとんど興味が無かったので(今でもどちらかというと樹木寄りなので)、「夏はこういう感じだったのか!?」と改めて思いました。
きれぎれの風彩 「実家近くの草花」

名前は分かりませんし、チラ見程度なので調べることもしていません。今のところは、それでイイと思っています。また機会もあるでしょう。
スポンサーサイト

| 樹木・草花アレコレ | 23:24 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

大ケヤキとブナ。。。

山ぼうしさま^^こんにちは~♪

ちょっとしなったブナの林の雰囲気っていいですね。
もう、ブナの赤ちゃんを見つけますと、
どこを歩いていいのやら、
「ブナの実一升、金一升」・・・と、
言われるほどに、まさに森の恵みですね~!!

稲についているのは、雄しべの名残と知りました。
それにしても稲も順調のようで、
鮮やかな色を放ち、うれしい実りです。
ピンクのお花の名前が出てこなくて・・・。(#^.^#)
いつも、ありがとうございます~♪

| 紗真紗 | 2012/08/28 16:11 | URL |

ご実家の周辺は自然の豊かなところですね。
ちなみに、ぼくもブログを始める前は木の名前も花の名前も何も知りませんでした。
単に「知らないことに挑戦」のつもりで始めたのでした。花はかみさんにかなわないので、樹木中心に憶えましたから、ぼくも「樹木寄り」です。
いまの山ぼうしさんの姿勢なら、あと二、三年でかなりの「通」になりそうです。

| ディック | 2012/08/29 09:59 | URL | ≫ EDIT

紗真紗さん こんばんは

斜面ということと雪の重みもあると思いますね。
どこでもブナ林はイイ感じです。

実は・・・(新潟のこんな田舎出身なのに)
恥ずかしながら、稲の花のことは
今回調べてみて初めて知りましたし、
花が咲いているのを見たことがありません。

| 山ぼうし | 2012/08/29 23:09 | URL |

ディックさん こんばんは

自然といえば自然ですが物りない自然ですよ。

ディックさんも樹木からでしたか。それはそれは心強いです。
「通」になれたらカッコイイですね~。でもどうでしょう。
近年は新しい情報が頭に留まらないという直しようのない病に
かかっておりまして・・・(小笑)。

| 山ぼうし | 2012/08/29 23:10 | URL |

あるもの探し

おはようございます。

>当地には、特に何もありません。
 (謙遜しているわけでもなく、本当に。)

豊かな自然がまずありまして、こうなると
地理佐渡としてはその自然がどのような
ものをはぐくんでいるかを撮影して調べる
のが楽しくなってしまいます。
地理佐渡と名乗っていまして山野草のサイト
のようになっていますが、自分としてはある
ものを紹介しているという思いもあります。
故郷にはきっとたくさんの動植物がありそ
うですよ。これらを探し回っている内にまた
新しい事も発掘できますよ。

| 地理佐渡.. | 2012/09/01 07:43 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん.. こんにちは

そうですね~“何か”はあるのかもしれません。
当たり前に見ているので気がつかないのかも。
ただ、年に2~3回の帰省で、長期滞在でもないので
なかなか時間がとれないですね。
今後は、今回のように子供不在の時が増えそうです。
もう少し見て回れるかもしれません。

| 山ぼうし | 2012/09/01 14:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/327-233d4141

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT