きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒガンバナ ~ピンクのヒガンバナ

さいたま市の「園芸植物園」と川口市の「花と緑の振興センター」に行ってきました。まだまだ暑い日中ですが、植物の夏はそろそろ終わりが近付いているようです。でも、秋にしてはまだまだ早いですね。

そんなふうに感じながら「園芸植物園」を歩いていると、見過ごしそうな一画にお爺さんがしゃがんでいる姿が見えたのです。何だろう?と思い近づいていくと低木に挟まれたところにピンクの花が見えました。〈散歩日:9月9日〉

ヒガンバナに似ていましたが、まだ9月に入ったばかりですし、花色はピンクですし、正面で陣取っているお爺さんに聞いても無視されるし・・・。他の所を見てから再度見に行きました。

ヒガンバナ(彼岸花)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で、言うまでもなく一般的には花は赤色です。稀に白や黄(オレンジ)も見たことがあります。

1.この花はピンクの花弁です。ヒガンバナにはこのような種もあるのですね。
※ディックさんから「ナツズイセン」の仲間ではないかと教えて頂きました。
 (ヒガンバナが植わっている範囲は、ほぼ画↓通りで狭い範囲でした。)
きれぎれの風彩 「ヒガンバナ」5-1


2~6.一般的なヒガンバナと比べると、花弁はそれほど長くなく、ほとんど
  縮れてもいません。でも、花弁は6枚ですし、雄しべは6本、雌しべは1本で
  長く飛び出ています。
「2」「3」「4」「5」「6」
「ピンクのヒガンバナ」

一般的なヒガンバナは5~7個の花が中心から外に向かって輪生状につき、1本の花茎に1つの花のように見えます。こちらのピンクは、まだ花が咲き揃わないので、そのように見えないですね。(もしかすると揃って咲かないのかもしれません。)

また、一般的タイプは芽が出てから花のピークまでは、花茎がキレイな緑色ですが(花が終わる頃になると枯れ色(?)になりますよね)こちらのピンクは、最初から赤みが混じっています。

ちなみに、検索してみると花弁が淡いピンク色で、花弁の長さや縮れ方は一般的タイプと同じものもあるようです。


その後行った「花と緑の振興センター」では、気の早いヒガンバナが1本だけ咲いていました。周囲は他の草がたくさんあり、場所も間違っているように思います。これは間違いなく一般的タイプですね。
きれぎれの風彩 「ヒガンバナ」5-7


ヒガンバナといえば巾着田ですが、Webサイトによると9月7日時点で「残暑が厳しく、まだ発芽しておりません。」とのことです。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:03 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

綺麗ですね

おはようございます。
巾着田には以前訪れて白と黄色は確かに見たことはありますが、ピンクは珍しいのでしょうね、きっと。
貴重な写真ですね^^

| 薄荷脳70 | 2012/09/10 05:51 | URL |

ピンクの..

おはようございます。

稲刈りの季節が来ますと、次第に田の畦などで
その姿を見かけるヒガンバナです。そう言えば
今年はまだ見ていないですねぇ。これからのこ
とと思います。しかし、ピンクのヒガンバナは
はじめてです。白はありましたよね。

| 地理佐渡.. | 2012/09/10 06:16 | URL | ≫ EDIT

ピンクの彼岸花

ピンクの彼岸花、見て見たいです。
ネット検索して見たら、確かにピンクの彼岸花ありますね。

黄色い彼岸花は時々見ますが、これもあまり見かけませんが。
いろんな色があるんですね。

| 風子 | 2012/09/10 20:40 | URL | ≫ EDIT

可愛いですね~!

山ぼうしさま^^こんばんは~♪

これが、ヒガンバナですか。。。
しかも、ピンクですもの^^
まだ、見たことがありませんでした~!
黄色や橙色は、
ブログの方に見せていただきましたが。。。

巾着田はまだまだ?^^情報がうれしいです~♪
いつもありがとうございます~♪

| 紗真紗 | 2012/09/11 01:13 | URL |

ヒガンバナ

白いヒガンバナはシロバナマンジュシャゲと呼んでいます。
そのシロバナマンジュシャゲにはピンクがかった色も
あるようです。
花のつき方からしてこれはヒガンバナの仲間のようです。

なお、黄色いヒガンバナに似た花はショウキズイセン
と呼んでいます。
これも最近よく見かけるようになりました。

巾着田は私のところから近いのでよく行きました。
でも観光化してからは行く気がしません。
そこまで行かなくてもこの花は他でも充分楽しめます。

| 山小屋 | 2012/09/11 15:57 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん.. こんばんは

一般的にはこれからですよね。
里山で見かけるヒガンバナが、ヒガンバナの風景としては
一番マッチしているのかもしれませんね。

| 山ぼうし | 2012/09/11 23:47 | URL |

風子さん こんばんは

そうですね~決して多くはないのでしょうけど
赤だけではないのですよね。
ここは訪れる人も少なく穴場なのかも?

| 山ぼうし | 2012/09/11 23:48 | URL |

薄荷脳70さん こんばんは

たぶん、このようなヒガンバナの種は珍しいと思われます。
(ハッキリしないので個人的にそう思うだけなんですけどね。)
たまたま見ることができラッキーに思いました。

| 山ぼうし | 2012/09/11 23:49 | URL |

紗真紗さん こんばんは

花弁が縮れていないとちょっと違和感ありますよね。
シュッとしたヒガンバナでした。
巾着田の開花情報などは、行く行かないに関わらず参考になりますね。

| 山ぼうし | 2012/09/11 23:50 | URL |

山小屋さん こんばんは

エッ?ということはマンジュシャゲとヒガンバナを
区別する分類の仕方があるのですか。
でも、なんだか難しそうですね。
巾着田の広さには圧倒されます。これで人が少なければ・・・。

| 山ぼうし | 2012/09/11 23:51 | URL |

これって、俗に「ナツズイセン」と呼ばれているヒガンバナの仲間でしょう。
ネットで「ナツズイセン」で検索してみることをお薦めいたします。
ぼくのところへときどきいらっしゃる「自然を尋ねる人」さんが、ボランティア活動をされている砂留付近に数多く植えて、咲き始めたとの記事を載せていらっしゃいます。

| ディック | 2012/09/13 21:04 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんにちは

ご指摘ありがとうございます。ナツズイセンというのを知らなかったので、早速検索してたくさんの画をみました。確かにタツズイセンの仲間に思えます。
ちょっと違うな~という点は、ナツズイセンは、どの画を見ても色がもっと淡い、花弁の幅が広い、花弁の丸まり方がゆるい・・・ように見えます。ユリっぽい花ですね。これは、ナツズイセンとヒガンバナの間位でしょうかね。
今回は、ナツズイセンやショウキズイセン(山小屋さん)などを教えてもらい勉強になりました。

| 山ぼうし | 2012/09/15 16:45 | URL |

山ぼうし さん、
なるほど、微妙に違いますか…。
ヒガンバナの仲間は種類が多いですね。ぼくもお寺などで似た花を見つけて首を傾げることが多いですが、毎年季節が限られていると、なかなか憶えられません。

| ディック | 2012/09/19 20:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/331-cf3bf140

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT