きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ツユクサ ~花弁は青2+白1、雄しべ6

子供の頃から名前を知ってはいても、上辺の姿をチラッと見て通り過ぎている植物はたくさんあります。特に所謂“雑草”は目にする機会が多い分、見聞きすることがあっても興味・関心がなければ、もしくは何かきっかけがなければ、それ以上にはならないですね。私にとってはツユクサもそういう雑草でした。

他の方のブログでツユクサの姿を見た時に「何か変わった花だな~」と思ったのがきっかけでした。そこで、さいたま市の『秋葉の森総合公園』に行った際には意識して探しました。でも、そういう時はなかなか無くて・・・、あっても草むらの中に埋もれていたり・・・、これならと見つけた時は嬉しかったですね。〈散歩日:9月16日〉

ツユクサ(露草)はツユクサ科ツユクサ属の一年生植物で、夏の間青い花をつけます。どこにでもある雑草ですが、古くから万葉集にも詠まれていたり、粋人には何らかの情を感じさせる植物だったようです。

1.遊歩道の脇で、緑の中からひょこり青い花が現れました。
きれぎれの風彩 「ツユクサ」1-1


調べてみるとツユクサの花は、知らないことばかりで難しいことになっていました。
<1> ツユクサの花の下には、丸い葉を半分に折ったような(半円形の葉が合わさったような)形のものがついていますが、これは苞(ホウ)でこの中で蕾を育てます。
<2> 花弁は青くて大きい2枚が目立ちますが、下方に白っぽく目立たない花弁が1枚あります。(ツユクサ属の特徴のようです。)
<3> 花は2種類。花柱が長く前に出る「両性花」と、花柱が短く隠れて見えない「雄花」があります。
<4> 雄しべは6本で、上の3本は葯が黄色で目立ちますがわずかな花粉しかありません。下方に伸びている2本が花粉持ちで機能し、中間の黄色1本が中間的です。

2~4.花は苞から飛び出すように咲いていました。上方の3本の雄しべは黄色い花弁の小さな花のように見えます。雌しべを画で確認していたら3(4も同じ花です)には見えません。たまたまですが2は両性花、3は雄花のようです。
5.苞の中を覗き見です。これは翌日以降に咲く蕾でしょうか。
6.こちらは咲き終えた後のようです。
「2」「3」「4」「5」「6」
「ツユクサ~花弁は青2+白1、雄しべ6」

青い花弁と黄色い葯で虫を誘うのでしょうが、ツユクサはしぼむ時に長い雌しべと下方の長い雄しべ(葯に花粉があります)を巻きながら縮むので、その時に柱頭と葯が接して自花受粉をするそうです。種を残すために2段構えなのですね。感心します。

7.しばらく歩いていると・・・何と、それまでなかなか見つからなかったツユクサが群生していました。背の低いツユクサですが、それぞれに花をつけていました。
きれぎれの風彩 「ツユクサ」1-7


ところで、万葉集ではツキクサ(月草・着草)と呼ばれており、ツユクサの名はツキクサが転じてツユクサになったとか、朝咲いた花が昼にしぼむ様が朝露を連想させ「露草」と名付けられたとか諸説あるようです。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 21:44 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ツユクサ

こんばんは。

涼しげな色合いの植物です。色の取り
合わせの妙でしょう。今回紹介の様に
じっくりと撮影に及んだことはないで
す。

いつも丹念に調べられて記事化されて
いまして、見習うことばかりです。


| 地理佐渡.. | 2012/09/24 19:29 | URL | ≫ EDIT

月草が気に入りました。。。

山ぼうしさま^^こんばんは~♪

ほんとうに^^雑草はちら見ですので、
知っているようで知らなくて・・・なのです。

緑の袋の中から、こんにちは~♪なのですね。
この可愛い3つの黄色いのが雄花なのですね。
画像が鮮明ですので、お勉強になります。。(#^.^#)
今度観察してみます。

それに、月草など、ツユクサの謂れも風流なのですね。
今、月明かりのなかのツユクサをイメージしております。
いつも、ありがとうございます~♪

| 紗真紗 | 2012/09/25 00:13 | URL |

詳しいサイトはそれなりに多いのですが、これほど要領よくまとめられていないので、解読に苦労します。山ぼうしさんがもう数年先行されていたら、ぼくもあまり苦労せずに済んでいたのに、と思います。

| ディック | 2012/09/25 13:25 | URL | ≫ EDIT

ツユクサ

よくみると愛嬌がある顔をしています。
昔から親しんでいる花ですが、最近は少なく
なったようです。

逆に白い花のトキワツユクサが目立つように
なりました。
この花はその名の通り、1年中青々としています。

| 山小屋 | 2012/09/25 13:26 | URL | ≫ EDIT

露草

こんばんは。
教科書のような説明で見せていただきました。
感謝です。

露草って花が終わると包を閉じて一人で受粉して・・
明日のお花がちゃんと待ってるのですね。
すごい生命力(努力家なのでしょう)~
露草の群落に出会った見たくなりました。

| ころん | 2012/09/25 20:54 | URL |

健気

おっしゃるように、ツユクサなど見慣れた草花は、
チラ見で通り過ぎてしまいますよ。
でも、よく見ると可愛いんですよね。
しかも誰にも頼らないで自家受粉するなんて、偉いですよね。
生命力を感じます。

| 西恋おじん | 2012/09/27 17:36 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡さん.. こんばんは

そういえば青い花って多くはないですよね。
(私が知らないだけかもしれませんが。)

ツユクサは少し調べてみたら「そうなの」「え~そうだったの」
みたいな感じで、よけいに気になりました。

| 山ぼうし | 2012/09/27 23:48 | URL |

紗真紗さん こんばんは

そうそう3つ並んだ黄色い雄しべには「ハッケ~ン!」と思いました。
でも肉眼では分からないですね。デジカメってエライものです。

古来より草花にひかれ詩に表現する。
私にはできませんが、そういう文化があることを嬉しく思います。
(ちょっと気取った口調になったサ)

| 山ぼうし | 2012/09/27 23:49 | URL |

ディックさん こんばんは

ものすごいお褒めの言葉を頂き、ありがとうございます。
私も調べているだけでアチコチ見るのでけっこう時間を費やします。
また、できれば“分かりやすい文章を心がけよう”とすると、
何度も見直したり、3行書くのに何分もかかったり、
内容はともかく時間だけはかかります。

| 山ぼうし | 2012/09/27 23:51 | URL |

山小屋さん こんばんは

>最近は少なくなったようです。
だから、いざという時になかなか見つからないのですね。

トキワツユクサ!新物です~分からないな~。
一年中青々!どこかで!

| 山ぼうし | 2012/09/27 23:52 | URL |

ころんさん こんばんは

いえいえ教科書なんて、もう恐縮です。
目立つ花を咲かせるのに自家受粉するなんて、
ずいぶん用意周到ですよね。頑張ってます。
ここは、ころんさんの所からそう遠くはないですよ(たぶん)。

| 山ぼうし | 2012/09/27 23:54 | URL |

西恋おじんさん こんばんは

それでなくとも多少植物に興味を持ち始めたのが数年前なので、
まだまだチラ見だらけです。
最近は何かきっかけとなることや、関心をひく所があれば見るように
なりましたけど・・・。皆さんのおかげもありますね。

| 山ぼうし | 2012/09/27 23:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/336-059dd6c8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT