FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シクラメン ~原種シクラメンの白とピンク

森林公園に行く際に、Webサイトから園内の見頃情報をプリントアウトしていたのですが、最初のコキアを見た後でそれを持ってくるのを忘れたことに気付きました。広い園内でこれは困ったことです。

ところが、コスモス(運動広場)の近くで、たまたま職員の方がいらっしゃって、見頃情報を聞くことができました。ホッ~としました。それ後、コリウスを見てから、針葉樹見本園の道路沿いにある「原種シクラメン」にむかいました。〈散歩日:10月13日〉

シクラメンはサクラソウ科に属する多年草です。クリスマスに向けて華やかで大きな花を咲かせる(一般的な)シクラメンは園芸種ですが、原種シクラメンは、人の改良の手が加えられていない野生のシクラメンです。

1.松の落葉の中に、白と淡いピンクの小さな花がありました。葉はまだ少ないです。
きれぎれの風彩 「原種シクラメン」1-1


2.花茎を伸ばした先に可愛らしい花を付けています。草丈は10センチ前後です。
 (地表に近くしゃがんで撮ったのですが、腕がブレていたようです。ボケました。)
3.ほとんど葉が出ていません。出始めの花茎は花後に結実すると茎はくるくる巻きます
4~6.花弁は上に反り返ります。真下から撮る事はできませんでした。
  他の草花が無い所に咲く様は、春先のカタクリをイメージします。
「2」「3」「4」「5」「6」
「公園の色が増えました。」

7.淡いピンクのタイプは花弁の基部の一部が赤紫です。この葉も可愛いです。
  葉はユキノシタに少し似ていると思います。秋ですがやはり早春の感じです。
きれぎれの風彩 「原種シクラメン」1-7


調べてみると、欧州に分布する原種シクラメンですが、病気に強く暑さ寒さにも強く、日本でも十分に育つそうです。また、原種は約20種類ほどあり、(1)春~初夏咲き (2)夏~秋咲き、(3)冬~早春咲きの3つに分けられ、多いのは(2)と(3)のようです。

シクラメンの語源はギリシア語のキクロスからきており、キクロスは「旋回」「らせん」という意味で、ゼンマイのようにくるくる巻く花茎に由来するそうです。

一般的なシクラメンと違って、華やかさも賑やかさもありませんが、日本には原種の方が合うような気がしました。(個人的な感想込みです。)

スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:02 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これが原種のシクラメンですか。

山ぼうしさま^^こんにちは~♪

あの、強烈なシクラメンしか知らなくて、
こんな感じで楚々として咲いているのですか~!
そう、うつむいて^^、
カタクリの仲間のような咲き方をしているのですね。。

シクラメンの語源がギリシャ語ということ、はじめて知りまして、
いつも、素敵なお話をありがとうございました~♪

| 紗真紗 | 2012/10/23 14:03 | URL |

原種

こんばんは。

意外とシンプルな姿をしているのですね。
見た感じこちらの方が栽培種より良いなぁ
と思いました。何かカタクリの群落地を見
るような感じです。

| 地理佐渡.. | 2012/10/23 20:43 | URL | ≫ EDIT

紗真紗さん こんばんは

“楚々として”という表現はイイですね。
そういう感じですよね~。
個人的には一般的なものより好みです。
ギリシャ語のクルクルも印象的です。

| 山ぼうし | 2012/10/25 19:21 | URL |

地理佐渡..さん こんばんは

華やかに見せたい時の一般的なタイプは
それはそれとして、
見た感じにしても、カタクリのような群落にしても
全く同感です。こういう種があるのですね~。

| 山ぼうし | 2012/10/25 19:22 | URL |

へぇ…、原種シクラメン。ラストの写真はとくに美しい。
>日本には原種の方が合うような気がしました。
真冬に、ほかに彩りがないときに豪華な花を…、というのが花屋さん側の論理なのでしょうけれど…、山ぼうしさんの言われる感性はよくわかります。

| ディック | 2012/10/26 16:02 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんにちは

かなり自転車をこいだ後だったことと、
被写体が低い位置だったせいか、思ったよりも腕が振るえていたようです。ほとんどボケボケでした。
日本の深まる秋へのはなむけかもしれませんね。

| 山ぼうし | 2012/10/27 10:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/345-0e3e1d96

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT