FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シュウメイギク ~白とピンクの秋の風情

森林公園のボーダー花壇に「シュウメイギク」がありました。名前だけは聞いたことがありましたので、見ることができてよかったです。〈散歩日:10月13日〉

シュウメイギク(秋明菊)は、キンポウゲ科イチリンソウ属(アネモネ属)の植物の一種です。名前にキクが付きますが、キクの仲間ではないのですね。英語ではジャパニーズ・アネモネ。京都の貴船で多く見られたことから、別名「キブネギク」。

北海道を除く日本の山野に自生するそうですが、日本原産ではなく、中国から古い時代に入ってきた帰化植物です。現在、類似のいくつかの種や、これらの交配種も含めて、総称的にシュウメイギクと呼ばれているようです。

1.白い花と丸い蕾、長い花茎が特徴的です。シュウメイギクは切り花をはじめ、
  花壇や鉢植えに広く利用されています。品種は「オノリーヌ・ジョベール」。
きれぎれの風彩 「シュウメイギク」1-1

2.秋の風情を感じさせる花です。草丈は1メートル近くありました。
3.大きくしっかりした花弁・・・・・ではなく、これは萼片で、花弁は退化しています。
4~6.茎は途中で枝化され、その先端に花を咲かせます。
  夏の終わりごろから花茎が伸び出し、先端にまず1輪、そしてその両脇に1輪ずつ、  さらにその脇というように順に花を咲かせるそうです。
「2」「3」「4」「5」「6」
「シュウメイギク ~白い秋の風情。」


7~9.ピンクのタイプもありました。何故か白よりも面積が広いです。
  「ダイアナ」という品種で、花期は9月。花の終わりのようです。
「7」「8」「9」
「シュウメイギク ~ピンクの秋の風情」

調べてみると、日本では長く3種類(八重の紅色、一重の白とピンク)しか栽培されていなかったのですが、近年、ピンクの矯性品種や、濃紅一重、白八重など、徐々に品種が増えているそうです。
スポンサーサイト



| 草本(草花・野草) | 23:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

シュウメイギク白

おはようございます。

長岡市にある自宅。そのお隣の家が庭にこれを
咲かせています。白です。お隣さんにきれいだ
と話しますと、今度ピンクも欲しいのだと言い
ます。深まる秋にこの花はよく目立ちます。
皆日のある方へと花を向けまして、なかなか見
ていて心地よい風景を演出してくれます。

| 地理佐渡.. | 2012/10/24 06:19 | URL | ≫ EDIT

先端に一輪…

京都と奈良への旅行から帰宅すると、北東向きの花壇で白いシュウメイギクがようやく咲きそろっていました。「先端に一輪」のあと、ずうっととまってしまっていたのでした。
こうしてこちらのブログを拝見していると、やはり陽当たりのよいことが大切なんだ、と思います。わが家の北東向き花壇では少し可愛そうです。京都や奈良でも、一番たくさん見たのがこのシュウメイギクだったように思います。
やはり陽に輝く白が一番美しいように感じます。

| ディック | 2012/10/24 21:55 | URL | ≫ EDIT

地理佐渡..さん こんばんは

お隣さんで咲いているのですか~。
秋明というのは、「秋を明るくする」
という意味なのでしょうか?
街並みに明るい秋を与えているのですね。

| 山ぼうし | 2012/10/25 19:29 | URL |

ディックさん こんばんは

おかえりなさい。
ご自宅にあるのですね~。日照不足?
私は初めてみましたが、京都や奈良でも
(全国的に?)秋はシュウメイギクなのですね。

| 山ぼうし | 2012/10/25 19:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/346-75bc4aeb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT