きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平成の大合併~市の面積

国の主導で続いてきた「平成の大合併」ですが、その根拠法である新合併特例法の期限が3月末で切れます。少し前のニュースでは、まだ“かけこみ”的な合併があるとのこと。1999年3月に3,232あった自治体は、ほぼ半減し1,730になる見通しのようです。

それなりの成果はあるのでしょうが、出身県でさえよく分からなくなりました。昭和に社会(地理)を学んだものとしては、新しい市町村のことが馴染むのには時間がかかりそうです。

平成の大合併が行われて驚くことの一つに、市町村の面積があげられます。当然、合併するのですから増えるのは当たり前ですが、「広すぎやしませんか」ということです。

例えば、一番面積の広い「市」は、福島県の「いわき市」
(一番面積の広い「市町村」は、北海道の「足寄町」)
というのが、長年、変わらないお約束事のようなものでした。

それなのに「いわき市」は、2003年4月に誕生した新「静岡市」に抜かされ、2005年2月には新「高山市」がダントツの一番になり、さらに同年には、「庄原市」「富山市」「浜松市」「鶴岡市」「釧路市」に抜かされ、2006年には「日光市」「北見市」に抜かされました。

ここで、日本の市では10番目になり、落ち着いたのかと思いましたら、今年の元日、岩手県の「宮古市」が隣の「川井村」を編入合併し、いわき市を抜きました。
現在、市では11位、市町村では14位となっています。
(いわき市が落ちていくような表現になってしまいましたが、決してそういう他意はございません。それだけ変わったということですのでご了承ください。)

現時点での市町村面積ランキング
順位(道県 市町名)(広さ) (合併時期)
 1.岐阜県 高山市 2,177km2  2005年2月
 2.静岡県 浜松市 1,511km2  2005年7月
 3.栃木県 日光市 1,449km2  2006年3月
 4.北海道 北見市 1,427km2  2006年3月
 5.静岡県 静岡市 1,411km2  2003年4月
 6.北海道足寄郡 足寄町 1,408km2 ---
 7.北海道 釧路市 1,362km2  2005年10月
 8.北海道紋別郡 遠軽町 1,332km2 2005年10月
 9.北海道野付郡 別海町 1,320km2 ---
10.山形県 鶴岡市 1,311km2  2005年10月
11.岩手県 宮古市 1,259km2  2005年6月~2010年1月
12.広島県 庄原市 1,246km2  2005年3月
13.富山県 富山市 1,241km2  2005年4月
14.福島県 いわき市 1,231km2  ---


当時はニュースになったと思いますが、改めて「高山市」の大きさに驚きます。
一つの市なのに「香川県」1,876km2や「大阪府」1,897km2という府県よりも大きいのです。
「東京都」にしても2,187km2あり若干大きいのですが、島部を除いた陸続きの面積なら、間違いなく高山市の方が大きいです。「沖縄県」2,275km2にしても同様ですね。

逆に、一番小さい市は、埼玉県の「蕨市」で5.1km2。高山市は蕨市の約430倍も…!これでも同じ“市”という括りなんですね。

また、前述のランキングには、静岡県から2市(浜松・静岡)入っています。
静岡県は都道府県の中で、14番目に広く7,780km2ありますが、その約38%は2市で占めています。別な意味で大きいですよね。
ちなみに、2市だけで(面積を合わせると)、「神奈川県」や「佐賀県」を超えてしまいます。


広範囲な大合併は地元も大変なことでしょう。合併地域間の一体感はあるのでしょうか?職員数の削減や重複投資の解消等もしにくいですよね。また、サービス等の統一も難しいでしょう。もともと「ものさし」が違うのですから。
なんとかなるといいのですが・・・。


*最後までお読みいただき、ありがとうございます。『きれぎれの風採』では、庭木(植木)や草花、自然やエコを中心に、地理や地図のことも綴っております。どうぞ、またお立ち寄りください。
スポンサーサイト

| 生物・自然・環境・地理 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/35-183517e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT