きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒメツルソバ ~ほふく性・花期の長い球状花

昨年、他の方のブログでヒメツルソバを知り、実際に見ることもできました。今回「森林公園」のボーダー花壇に同種が群生していました。〈散歩日:10月13日〉

ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)は、タデ科イヌタデ属の多年草で、ポリゴナム・カピタツム・カンイタドリ・ビクトリーカーペットなどの別名があります。

面白いのは、ヒマラヤ原産で日本には明治中頃にロックガーデン用として導入したようです。それだけに丈夫で繁殖力も強く半ば雑草化しているものもあります。実際、道路とブロック塀の隙間に根付いている同種を見たことがあります。

茎はほふく性で横に這うように短期間で広がり、しかも育てやすいので、グラウンドカバーとして庭木の下や建物の周囲・通路脇などに利用されています。

1.森林公園では、陽に向かってたくさんの花が立ち上がっていました。道路脇では一株ほどで花色もくすみ見過ごしそうでしたが、群生していると見応えがあります。
きれぎれの風彩 「ヒメツルソバ」1-1


2~4.茎の先に非常に小さな淡いピンクの花が集まり球状になっています。
  分かりにくいのですが蕾のものと開花しているものがあります。
5.葉の縁は赤く彩られ、表面には暗い紫色のV字形の模様があります。
6.上から見た様子です。この幅で横に拡がっていました。
「2」「3」「4」「5」「6」
「ヒメツルソバ ~ほふく性・花期の長い球状花(1)」

ヒメツルソバの開花時期は、主に初夏から晩秋にかけてとかなり長期間です。(真夏には花が途絶えることもあるようです。)秋になると紅葉します。冬に降霜すると地上部が枯れていきますが、地面が凍結しない限り翌年には新芽がでてきます。

和名は、草姿や葉の形が「ツルソバ」(海岸近くの林縁や草地で白い米粒大の花を集合させて咲かす)に似て、花が小さくピンクといことから“ヒメ”がついたようです。
ちなみに“ソバ”と付きますがソバ(蕎麦)はタデ科ソバ属の一年草です。


以下は、昨年11月20日の市内「ふれあいの森」内でのヒメツルソバです。
午後3時頃の日陰ということもあり、上記に比べると暗い感じを受けます。こちらの群生では白っぽい花が多いようです。(日当たりがあまり良くないからでしょうか。)
8では紅葉の始まりが、11では花内部で成熟した種子が見てとれます。
「7」「8」「9」「10」「11」
「ヒメツルソバ ~ほふく性・花期の長い球状花(2)」

スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 18:51 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ポンポンして可愛いですね~!

山ぼうしさま^^こんばんは~♪

このヒメツルソバのお花って可愛いのですね~!
しかも、この咲きっぷりが凄いです。
このような群生を見たことがありませんでしたので、
来年は、この時季に森林公園に出かけたいです~!

どちらかと言いますと、薄ら色した、
ふれあいの森のヒメツルソバの方が大人しめで、
「7」の雰囲気がなんともいいですね。。。
きょうも、ありがとうございました~♪

| 紗真紗 | 2012/10/29 01:00 | URL |

おはようございます。

ヒメツルソバ。今年は見ていないなぁと、ふと感じています。
佐渡・越後でも見ていたものと思いつつ、はて、どこで見ら
れたかなぁと..。
たしかに見かける時は大きな群落でもあったなと思います。

| 地理佐渡.. | 2012/10/29 05:58 | URL | ≫ EDIT

ヒメツルソバ

これから花が少ない時期になりますが、
石垣などに群生している姿をよく見かけます。
決して珍しい花ではありません。

数年前にネパールのヒマラヤの登山道でみたことが
あります。
花はもっと小ぶりで葉っぱに斑がありませんでした。
日本に来てから今の姿に進化したようです。

| 山小屋 | 2012/10/30 09:16 | URL | ≫ EDIT

わが家の北向き花壇前から、道路や玄関前に広がり、今年は改造した庭の中へと侵入しています。
勢いよく花を咲かせているときはきれいですが、寒さに勢いを失い始めると、葉の艶が落ち、だらりと伸びた蔓ばかりが目立つようになり、きわめてだらしのない印象になってきます。わが家ではそうなってきたら刈詰めるのですが、花が残っていると可愛そうな気もして…。いやいやそれでも断固としてやらないと、家の周囲がだらしない感じになるのです。夏場は広がりすぎないように適当に抜きます。
ヒメツルソバは、両刃の剣です。

| ディック | 2012/10/30 11:50 | URL | ≫ EDIT

ヒメツルそば

群生は見事ですね~
お花も可愛いです、金平糖のような
親しみ感じますが、f
お庭で増えると大変でした。
ネパールヒマラヤでもみられたお花・
故郷はと考えてしまいます。

| ころん | 2012/10/30 14:00 | URL |

繁殖力かぁ

 具無沙汰してすみません。
この花は、道端や公園でよく見かけるのですが、
ヒメツルソバというんですね。疎くてね。
繁殖力が旺盛だから、生き延びているんですね。
 根が這うということは、グラウンドカバーには
もってこいですね。
世界中で見られるということは、繁殖力が凄いということですね。

| 西恋おじん | 2012/10/31 10:43 | URL | ≫ EDIT

紗真紗さん こんにちは

小さい小さい花が集まってのボンボンなので
ちょっと愛おしい感じはします。
今の時期が一番良いのかもしれません。
来年は是非ご来園ください。

| 山ぼうし | 2012/10/31 12:52 | URL |

地理佐渡..さん こんにちは

なるほど~コメントを拝見しながら考えました。
どこで見る事ができるのか?ん~3ヶ所位しか
思い出せません。ありそうで無い?
この手はけっこう抜かれることもあるのでしょうね。

| 山ぼうし | 2012/10/31 12:53 | URL |

山小屋さん こんばんは

原産地でご覧になったのですか。
高山植物でもあるわけですね。
見比べてみたいものです。

| 山ぼうし | 2012/11/02 00:40 | URL |

ディックさん こんばんは

なかなか大変な植物ですね~。
私の住んでいる辺りでは、ありそうでもほとんど見ません。
皆さん、抜いているのかな~と思います。
また、「勢いよく花を咲かせているとき」を眺める側でいようと思います。

| 山ぼうし | 2012/11/02 00:41 | URL |

ころんさん こんばんは

可愛い花で、しかも群生しているところがイイですよね。
やはり庭で苦労されましたか。
外来種は原産地と日本で違いもあるようですね。

| 山ぼうし | 2012/11/02 00:41 | URL |

西恋おじんさん こんばんは

良くも悪くもけっこうな繁殖力のようです。
動けない植物の生き残り策は様々ですね~。
ヒマラヤから温暖な日本まで、適応力もスゴイですね。

| 山ぼうし | 2012/11/02 00:42 | URL |

山ぼうしさん、
ヒメツルソバの紅葉の話ですが葉が赤くなり始めると、繁みの端のほうから痛みが著しく目に付くようになり、はっきりいって「汚い」感じになってきます。
花がまだ咲いていてかわいそうなので、端っこのほうから刈って繁みを小さくします。毎日やらないと、どんどん汚くなります。
ぼくのブログのヒメツルソバは、わが家の玄関前の一部で、大きな繁みがいま三カ所くらいできています。

| ディック | 2012/11/11 12:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/350-6773496d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT