きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フジバカマ ~園芸種のサワフジバカマ

「花と緑の振興センター」の管理棟入口に“(温室の近くで)フジバカマが見頃”とありましたので、その辺りに行くと・・・・・名前のプレートがないのです。でも、たぶんコレであろうと思いながら眺めていました。〈散歩日:10月20日〉

フジバカマ(藤袴)は、キク科ヒヨドリバナ属の多年生植物です。秋の七草の1つですからメジャーな草花だと思いますが、実際にこれがそうと見たのは初めてです。

調べてみると、秋の七草ということから日本産と思っていましたが、原産は東アジアのようで帰化植物でした。また、フジバカマと似ている植物が他にもあることがわかり(後述します)、ここに記すまでには時間がかかりました。

1.これは、フジバカマの園芸品種で「サワフジバカマ」と呼ばれています。
きれぎれの風彩 「フジバカマ」1-1

フジバカマよりも花色の紅紫がやや濃く、茎が赤みを帯び、葉が上部のものまで全て3裂します。(フジバカマの茎は緑で、上部の葉は3裂しません。)
一般的に「フジバカマ」名で入手できるのは、サワフジバカマのようです。

2.茎の先端に直径5ミリほどの小さな花がたくさん集まっています。
3.よく見ると花の中には、さらに小花が5つありシベが伸びて揺らめいています。
  何とも面白い花です※。小さな虫も居ましたね。
4.葉は3枚の別々の葉に見えるほど深く3裂し、短い葉柄がつきます。
5~6.草丈は1メートル以上ありました。花序は横から見るとブーケ状です、
「2」「3」「4」「5」「6」
「フジバカマ ~園芸種のサワフジバカマ」

※面白い(変わった)花の形を整理すると以下の通りです。
花序は小さな頭花(とうか)が散房状↓に集まります
 (下部から出る頭花ほど柄が長くなり、花序の上部がほぼ平らになります。)
・1つの頭花は、先が白い5つの筒状花(つつじょうか)で構成されます。
筒状花は5つに裂け、白くて細い2本の花柱(雌しべ)を伸ばします
 (雄しべは頭花の中にあり見えません。)

7.上部だけに陽があたり、下は(バックが)日陰なので暗くなりました。
  カマキリは虫待ち待機で、私が近寄ると睨まれました。
きれぎれの風彩 「フジバカマ」1-7


ヒヨドリバナ属の植物は皆花が似ています。簡単に主な特徴をあげると、
ヒヨドリバナ:葉は対生し2枚つきます。
ヨツバヒヨドリ:名前の通り、葉が4枚輪生状につきます。
サワヒヨドリ:花が赤みを帯びて一番似ていますが、葉は対生し葉柄がありません。
マルバフジマカマ:丸い葉が対生。米国原産で属が異なります。

これらはまだ未見の植物なので、実際に見た時に再度確認しようと思います。
他にもヒマワリヒヨドリやタイワンヒヨドリといった沖縄に分布するものや、関東南部の希少種で草丈が低いハマサワヒヨドリもあるようです。

万葉の昔から日本人に親しまれてきたフジバカマは、自生地では密生した群落を作っていましたが、現在の日本には自生に適した環境が少なくなったため激減し、環境省のレッドデータには準絶滅危惧(NT)種になっています。
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06040454683
秋の七草の一つですが、山野でフジバカマを見るのは難しいようです。



オマケ
直径10センチを超えるキノコが4っつ、おしくらまんじゅう状態です。このような(異様な)キノコが突然現れると驚きます。(これは見沼自然公園でした。)
テイカカズラの実は、少し茶色くなっていました。
きれぎれの風彩 テイカカズラとキノコ

スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 14:14 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

フジバカマ

こんばんは。

うらやましいです。これがフジバカマ。
とにかく佐渡ではヨツバヒヨドリと
ヒヨドリソウだけです。サワヒヨドリ
なんかをちと探したいなぁと..。
で、フジバカマは残念ながらこちらで
は..

さて、最後のキノコですが。寝る前に
図鑑を見ようかなぁ~(笑)。

| 地理佐渡.. | 2012/11/03 22:06 | URL | ≫ EDIT

おはようございます♪♪

フジバカマ ~園芸種のサワフジバカマ、・・・・・・。
綺麗ですね。
美しいですね。

素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。
ありがとうございました。

昨日も、嬉しいコメント&応援ポチに、心より、恐縮、深謝、深謝、深謝です。

| siawasekun | 2012/11/04 01:30 | URL | ≫ EDIT

無知なもんで

 秋の七草でも外来種があるんですねぇ。
その上絶滅危惧種だなんて知りませんでしたよ。
またまた勉強をさせて頂きました。

| 西恋おじん | 2012/11/04 17:32 | URL | ≫ EDIT

たしか上賀茂神社のフジバカマについてピンクの色が薄いとのコメントがありました。あれはカメラのせいではなく、原色に忠実です。
たまたま本日また建仁寺禅居庵のフジバカマを出してますが、これも色が薄い。
ぼくはまともにフジバカマを見たのが京都旅行でなので、あんなふうに白っぽいのが当たり前なのか、と思っていました。
つぼみが多いときに撮ったほうがピンクが強めに出てきれいですね。
花の構造が変わっているようですが、旅先で初めて見たのでそこまで観察している余裕がありませんでした。

| ディック | 2012/11/04 21:24 | URL | ≫ EDIT

繊細なお花。。。

山ぼうしさま^^こんばんは~♪

フジバカマは見たことがあります。
この品のある色合いが、なんとも繊細な感じがして、
可愛いらしいですね~!!

川越七福神めぐり(秋の七草寺)の第7番・妙昌寺【弁財天】は、
藤袴のお寺としても知られておりますのでい今、思い出しました。。。

随分と大きいキノコですね。
気になりますので、名前が分かりましたら教えてくださいませ。。。
いつも、綺麗な画像を楽しませていただいております。。。

| 紗真紗 | 2012/11/04 22:08 | URL |

地理佐渡さん.. こんばんは

先般、森林公園に行った時にフジバカマらしき花を撮ったのですが、
その時は情報不足で、しかもピークが過ぎていたので
数枚しか撮りませんでした。葉もハッキリしません。
ひょっとしたらヒヨドリソウだったのかな~と残念です。

| 山ぼうし | 2012/11/04 22:42 | URL |

siawasekunさん こんばんは

ちょうどイイ感じで良かったです。
時機が合うと「ラッキー!」と思いますね。
あ~今日もリスですね~羨ましい自然がいっぱいです。

| 山ぼうし | 2012/11/04 22:43 | URL |

西恋おじんさん こんばんは

そうなんですよね~外来種には驚きました。
樹木に興味を持って約3年。
草花はまだ分からないことだらけです。
いまだに七草を全部知りません。

| 山ぼうし | 2012/11/04 22:44 | URL |

ディックさん こんばんは

拝見しました。正真正銘のフジバカマですよね。
私も見て比較したいな~と思っているのですが、
このへんだとどこで見ることができるのか?
と、その前に時期が終わりますね。

| 山ぼうし | 2012/11/04 22:45 | URL |

紗真紗さん こんばんは

フジバカマをじっくり見たのが初めてなので、
「こんなことになっていたの!」という感じです。
川越にフジバカマで有名なお寺が・・・そうでなのですか。
また川越に行きたい理由が増えました。

| 山ぼうし | 2012/11/04 22:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/352-8fb6ecf1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT