FC2ブログ

きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セイタカアワダチソウ ~傘型の花穂・頭花、侵略

私的には“大きい雑草”というイメージがあるセイタカアワダチソウですが、「見沼自然公園」の池の周囲数か所で咲き誇っており目にとまりました。また、その後どのようになるのかと思い再度見てきました。〈散歩日:10月20日、11月10日〉

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)は、キク科アキノキリンソウ属の多年草で、北アメリカ原産です。切り花用の観賞植物として導入された帰化植物(外来種)。草丈は1~2.5メートルになります。肥沃な土地なら3メートルを超えることもあるとか。

1.セイタカアワダチソウは小さな花が集まり、傘形の花序(円錐花序)になります。
  これは私よりも背が高く、花序も大きなものでした。
2.茎の下の方ではほとんど枝分かれがなく、先の方で花を付ける枝を多数出します。
3.横に伸びた花茎(?)に小花が鈴なりに実集しているように見えます。
4~5.これはさらに背が高いです。緑の樹を背景に花の黄色が映えていました。
「1」「2」「3」「4」「5」
「セイタカアワダチソウ ~傘型の花穂・頭花(1)」

この後、用水の土手の群生も見ました。栄養がないせいか1メートル未満でした。
ここまでは10月20日のことです。その後、この大きなセイタカアワダチソウの花がどのようになっていくのか経過確認のため(大げさですね)、本日も見にいきました。

大きなセイタカアワダチソウがあった所に行くと・・・ありませんでした。もう1箇所も同様です。既に抜かれたようです。しかたがないので、土手の方に行ってみると、

6.花の終わったものが残っていました。(画では分かりにくいですね。)
7~9.花弁部分は茶色になり、その下の緑が濃くなって少し膨らんでいるように
  見えます。9はてっぺんの部分です。
10.土手にはまだ花もありました。こちらの方が泡立つように見えます。
  黄色で花のピーク手前のようです。これに比べると1~3の花は茶色を帯び、
  ピークから幾日か経過したもののように見えます。
「6」「7」「8」「9」「10」
「セイタカアワダチソウ ~傘型の花穂・頭花(2)」


セイタカアワダチソウはキク科なので、調べてみるとその特徴が花にありました。
花序を形成する小さな花に見えるのは頭花(とうか)と呼ばれ、
・1つの頭花を構成する小さな花を小花(しょうか)といい、セイタカアワダチソウは
 舌状花(ぜつじょうか)と筒状花(つつじょうか)で構成されます。
舌状花は頭花の外側につく細長い花弁で、筒状花は中心でいくつか開きます。
・筒状花からは先に雄しべが伸び、それから雄しべの先に雌しべが伸び2分割します。
 舌状花には役に立たない雄しべがあるそうです。

11.11月10日に見た花序。舌状花はありますが、筒状花はまだ開いていません。
きれぎれの風彩 「セイタカアワダチソウ」2-11

12.10月20日に見た花序。筒状花が開き(分かりにくいのですが)雄しべが伸び、
  雌しべも左の方で2分割しています。
きれぎれの風彩 「セイタカアワダチソウ」2-12

約20日あけて2回見たことで、結果花の違いを知る事になりました。ただ、日にちと花の生長が後先になったのがおかしなものです。


セイタカアワダチソウは、ハルジオン、ヒメジョオンと同じ要注意外来生物であり、日本の侵略的外来種ワースト100にも選定されています。

種子だけでなく地下茎でも増えるので、在来の植物とは比べ物にならない繁殖力を持ち、そのうえ根と地下茎からはアレロパシー物質(他の植物の種子発芽や成長を妨げる物質)を出して他の植物が生育することを妨げ、自身は地下茎からどんどんと芽を出して増え群落を拡大していく・・・。

ということで、大きなセイタカアワダチソウがなかったのは抜かれのですね。
自然公園なのである程度は自然に任せ、でも、花が咲いた後は種子飛散による拡大を防ぐため、その前に抜いた・・・ということでしょう。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:59 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ぼくなんぞは、たくさん繁った様子を「きれいだなあ」と撮影して終わりなのですが、ていねいで詳細な観察に感心です。
種まで観察できるとおもしろいでしょうが、花が終わると見た目も汚くなるし、公園などではそろそろ冬支度の草刈りが入る時期で、最後まで観察するのはむずかしいでしょうね。

| ディック | 2012/11/11 12:15 | URL | ≫ EDIT

黄色は元気印の色です。。。

山ぼうしさま^^こんにちは~♪

もう、セイタカアワダチソウを^^、
これほどまでアップで見たことがありませんでした。
とても感謝しております。。。
こんなに繊細なお花がいくつも集まって、見事ですね。。。

勝手ですが、遠くから眺めるとなかなかの美景です~♪
いつも、ありがとうございます~♪

| 紗真紗 | 2012/11/11 15:04 | URL |

佐渡でも大いに咲いています。

こんにちは。

いよいよその季節という感じです。
空き地、荒れ地、その他様々なところで
この黄色を見ます。明るい色合いですか
ら悪くは無いのですが、在来の植物を
駆逐するのではないかという心配が、
やはりこの種を歓迎できないイメージを
固定化させてしまいます。

| 地理佐渡.. | 2012/11/11 17:07 | URL | ≫ EDIT

セイタカアワダチソウ「ブタクサ」と言われ
花粉症の人には嫌われ者ですね。
いっと日本でも少なくなったかと思われましたが、
また今年は、すごいですね。
あちこちで黄色い花が目立つと思うと、この花です。
アップで観る花は綺麗なんですけれどもね。

| 風子 | 2012/11/11 22:31 | URL | ≫ EDIT

おはようございます♪♪

セイタカアワダチソウ ~傘型の花穂・頭花、侵略、・・・・・・。

素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

ご紹介、ありがとうございました。

昨日も、大変に嬉しいコメント&応援ポチに、心より、恐縮、、深謝、深謝です。

| siawasekun | 2012/11/12 01:20 | URL | ≫ EDIT

セイタカアワダチソウ

一時は増え過ぎて社会的大問題になりました。
河川敷を独占したところもありました。

最近あまり群生しているところを見なくなりました。
先日の塩釜で久しぶりに大群落を見ました。
他の植物をダメにするだけでなく、増えすぎると
自分自身も淘汰するそうです。

| 山小屋 | 2012/11/12 09:47 | URL | ≫ EDIT

強すぎる

 以前は、セイタカアワダチソウとブタクサは、同じものだと
思い毛嫌いしてましたが、違うんですよね。
しかし、よく観察されてますね。
いずれにしても、外来種で繁殖力が旺盛な植物で、何処に行っても見かけますね。在来種頑張れといいたくなります。
相撲もゴルフも外人ばかり。

| 西恋おじん | 2012/11/12 14:29 | URL | ≫ EDIT

セイタカアワダチソウ

群生していると綺麗に見えますが、やはり、雑草にしか思えませんよね。

| kawa | 2012/11/12 18:16 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

けっこう傘(花序)が大きくて、足を止めてしまいました。
よく見るものですが、考えてみるとこれも知らないな~と。
まぁ抜かれて当然だとは思いますので、おいおい機会があれば・・・。

| 山ぼうし | 2012/11/13 00:14 | URL |

紗真紗さん こんばんは

フジバカマとセイタカのおかげで、キク科の花の仕組みが
少し分かってきました。
筒状花が蕾の時はカワイイ感じもします。
真っ直ぐで傘がついて・・・矢印のようでもあります。

| 山ぼうし | 2012/11/13 00:15 | URL |

地理佐渡さん.. こんばんは

土手の小さい方の花色(黄色)がキレイでした。
在来の植物を守るために駆除されてしまうのは仕方ないです。
それにしても、大きくなるものです。見つけやすいのは助かりますね。

| 山ぼうし | 2012/11/13 00:16 | URL |

風子さん こんばんは

昔は花粉症の元と言われたそうですが、今は違うようですよ。
あちこちで見ますよね~、しかも堂々としたものです。
本種の仲間は切り花にも使われているとか。
観賞植物として導入されたというのも少しだけうなづけます。

| 山ぼうし | 2012/11/13 00:16 | URL |

siawasekunさん こんばんは

よく見かけるものですが、じっくり見たのは初めてです。
調べてみると、なるほどな~です。
木乗りオシドリは珍しくて面白かったです。

| 山ぼうし | 2012/11/13 00:17 | URL |

山小屋さん こんばんは

各地で駆除活動がなされているのでしょうね。
大群落となると、それはそれで見応えがありそうです。
本種だけになるとアレロパシー物質が自身に働くようですね。

| 山ぼうし | 2012/11/13 00:18 | URL |

西恋おじんさん こんばんは

まだブタクサというのを認識していないのですが、別物のようです。
(昔は同じように扱われていたようですね)
外来種(外国人)は強いし大きいし・・・なかなか勝てませんね。

| 山ぼうし | 2012/11/13 00:19 | URL |

kawaさん こんばんは

花がつく上の方は見た目がイイけど、その下の茎は強靭そうで、
手強い雑草らしさがありますね。
ただ、ハルジオン等に比べると(嫌う)あたりが強いですね。

| 山ぼうし | 2012/11/13 00:19 | URL |

山ぼうしさん、
灯台もと暗しでして、お向かいのOさん宅の花壇のセイタカアワダチソウが放ったらかし…。夫婦お二人とも働いていて、月に一度くらいしか花壇の花の面倒をみられないようなので、セイタカアワダチソウはいま茶色! もう少し頑張ってほしいところ…です(笑)

| ディック | 2012/11/16 21:15 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんにちは

昨年の2月に綿毛の残った本種を見ました。
その前にモコモコになるようですね。
頑張ってくれるよう祈っています(笑)。

| 山ぼうし | 2012/11/18 15:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/355-007501cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT