きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

センニンソウ ~白い十字形の萼片

北本自然観察公園内では、一筆書きで一周するように、基本となる私なりの道順があります。自然学習センターの裏にある園路は、その道順から外れるので滅多に通ることはないのですが、先般たまたま歩くことにしました。すると、白い花をたくさんつけたツル植物が目にとまりました。〈散歩日:9月1日〉

初めて見ますが、他の方のブログでセンニンソウという名前を知りました。
センニンソウ(仙人草)は、キンポウゲ科センニンソウ属の常緑ツル植物(草本)です。
(当初「木本」としていましたが、「草本」に変更しました。11月16日)
北海道~九州の各地に分布し、日当りの良い山野の林縁などに多く見られます。名前は、果実から伸びる白い毛を、仙人のヒゲに見立てたことが由来になっています。

1.スギかヒノキの幹が途中で折れた木に、ツルが巻き付いていました。
2~3.多数の白い花と蕾がついています。葉柄や葉の中間部分などで、他のものに
  絡みついて固定するようです。
4~5.茎はよく分枝します。先端付近の葉腋から三出状の散房花序を出すとの記載
  がありました。画を見て「なるほど~」と思いました。
「1」「2」「3」「4」「5」
「センニンソウ ~白い十字形の萼片」

センニンソウの花は8月~9月にかけて咲き、多数の白い花をつけます。花の直径は2~3センチ。4枚の花弁のように見えるものは萼で、花弁はありません

6.白い萼片4枚が十字形に開きます。多数の雄しべが伸びています。
きれぎれの風彩 「センニンソウ」1-6


葉は羽状複葉になりますが、単葉で深裂するものから小葉5~7枚まで変異があります。小葉は卵状楕円形で、細長いものや葉の表面に白い模様を出すこともあります。

7.小葉の先端は小さく突出します。鋸歯はありません(全縁)。
きれぎれの風彩 「センニンソウ」1-7


名前の由来になっている果実の先につく長い毛は(もちろん果実そのものも)まだ見ていませんので、この後(忘れないように)見られることを期待しています。

調べていると、全草が有毒で葉や茎の汁に触れると皮膚炎を惹き起し、誤って食べると胃腸炎や嘔吐などを惹き起こすとの記載がありました。さらに、多量に食べると生命の危険もあるとのこと。誰が?いつの頃か?分かりませんが、多量に食べた方がいたのでしょうか。ありえないとは思いますが気を付けましょう。


オマケ
左:メインの園路から外れた所ですが、何かしらの発見がある所です。草地は何度か刈られています。前回のキツネノマゴは画の右側奥の方で見ました。
右:不明ですが、白い花弁に黄色の雄しべ(?)が目に付きました。
きれぎれの風彩 オマケ「草地」   きれぎれの風彩 オマケ「不明」

※白い花は「シラヤマギク」と教えて頂きました。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

センニンソウが綺麗ですね。
初めてこの花の群生を見つけた時は、感動しました。
是非、花後のヒゲもご確認下さいね。名
前に納得されますよ。
最後の写真は、大きさがわかりませんが、野菊のような大きさでしたか?
何となくシラヤマギクに見えます。

| 多摩NTの住人 | 2013/09/13 07:58 | URL | ≫ EDIT

お越しいただきありがとうございました。

こんばんは。

人によっては三連休。勤務の振り替えがあって早退OK
と言われているのも気づかず、ここしばらく出最も遅い
帰宅をした昨晩。相変わらずバカなことをしています。
身の回りの自然を今のうちに取り残そうかぁ。もうすぐ
冬枯れを見、やがて白い世界。今のうちだよっと..

紹介の種、たぶん自分も見ています。

今は自身の指向性はやはりより深い自然へのあこがれ。
ですので、明日撮影に行って良いよと言われたらアケ
ボノソウとかが頭に..

やはり田舎にいて何がいいかって、言われたら豊かな
自然と飾らぬ生活。ですかねぇ。

何となくですが、都会には緊張が多いかなって感じます。
僕には便利な生活より不便でも自然が豊かな方が豊かさ
の指標としてのレベルが上ですかねぇ。

なんて言いたい放題です(苦笑)。

明日も仕事です(困)。いい加減仕事休めばよいのに
ねぇ。




| 地理佐渡.. | 2013/09/13 20:56 | URL | ≫ EDIT

山ぼうし さん、
自分の写真もそうでしたが、写真の花はまだ雄しべ全盛で雌しべが開いてないようです。少し日が経つと、雌しべが数本あって、その先が開き、雌しべとわかるようになるようです。
それを確認して、さらに花後の髭まで確認すると、センニンソウの観察は完了したことになるみたいです。(自分はそこまでできておりませんが…)

| ディック | 2013/09/13 21:07 | URL | ≫ EDIT

センニンソウ

今、野山でもっともよく目立つ花です。
花後のヒゲが茶色に染まる冬枯れの姿も
なかなかよいものです。
ぜひ、観察してください。

白い花はシラヤマギクという野菊の仲間です。
昨日の奥多摩の山で私も見てきました。
葉っぱに細かい毛があり、触るとザラザラしています。
花びらの数が少ないのも特徴です。

| 山小屋 | 2013/09/14 17:14 | URL | ≫ EDIT

多摩NTの住人さん こんばんは

花後の果実のヒゲが楽しみになってきました。
なのに、今日再訪したら半分位なくなっていました・・・。
ノギクよりも小さかったと思いますが、数枚撮ったのに皆ボケボケで・・・。
検索したところシラヤマギクのように思います。

| 山ぼうし | 2013/09/14 22:50 | URL |

地理佐渡さん.. こんばんは

冬枯れ、白い世界・・・は当地ではないにしても、
秋がジワジワ浸透している里山です。

ときどきリタイア後の生活を考えたりします。
何が自分にとって“快適”なのかを考えたり、
近くに“自然”はほしいな~と。でも家族もいるし・・・とかとか。
仕事頑張ってください。無理のない程度に!

| 山ぼうし | 2013/09/14 22:52 | URL |

ディックさん こんばんは

今日再訪してきたのですが、何故か半分位の大きさになっていて、
花もほとんどなくなっていました。
ただ、近くで別の株を見つけたので、
調べたうえで取り上げるかどうか・・・という状況です。

| 山ぼうし | 2013/09/14 22:53 | URL |

山小屋さん こんばんは

何とか見たいですね~枯れヒゲ。
(ツタ植物は除かれるケースが多いようですね。)

やはりシラヤマギクでしか、繊細な感じで目にとまったのですが
今日も撮ったらボケボケ。相性が悪いようです。

| 山ぼうし | 2013/09/14 22:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/449-cebc7dad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT