きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒナタイノコズチ ~大型草本の花は極小

他の方のブログで小さな花を拝見し、次に出かけた時に見てみようと思った植物です。北本自然観察公園の園路沿いで数か所に群生していました。今までも見ていたはずですが、私にとっては所謂雑草でまったくスルーしていました。〈散歩日:9月14日〉

ヒナタイノコズチ(日向猪子槌、牛膝)は、ヒユ科イノコズチ属の多年草です。本州~九州の日当たりのよい道端や野原などに生育します。

名前は、イノコズチ(ヒカゲイノコズチ)よりも日当たりのよい場所に生えることによりますが、そもそものイノコヅチの由来は、茎の節のふくらみが猪の子の膝頭に似ているということからという説や他にも諸説あるようです。

1.大きなものは1メートル以上あります。茎も太くしっかりした感じです。
2~3.枝先で3つに枝分かれし、その先に細長い穂状の花序をつけています。
4~5.こちらは斜面地の群生で、草丈は50センチほどでした。
  伸びている花序は、ほとんど果実になっています。
「1」「2」「3」「4」「5」
「ヒナタイノコズチ ~大型草本の花は極小」

蕾と花は横を向き、花後は下を向きます。果実だけになる頃には花穂はより細長くなるようです。果実には小さなトゲがあり衣服や動物の身体にくっつきます。
(この「ひっつき虫」は知っていました。)

6.茎の断面は四角状で、短い毛がつきます。茎は節で枝分かれし、節は膨らみ赤味
  を帯びます。

きれぎれの風彩 「ヒナタイノコズチ」1-6


7.見たかった小さな花は、本当に小さく径は数ミリ。進んでいる老眼では厳しい。
  マクロで見ると迫力のある花序です。
きれぎれの風彩 「ヒナタイノコズチ」1-7


8.緑色の花は見ようと意識しなければ分からないと思います。
  花被片は5枚、雄しべは5本、雌しべは1本のようです。花軸に毛があります。
きれぎれの風彩 「ヒナタイノコズチ」1-8


花は開いた後、花被片が再び閉じるので、つぼみと果実の区別がつきにくいのですが、今咲いている上の方は蕾ということでしょう。

本種をイノコズチ(ヒカゲイノコズチ)ではなく、ヒナタイノコズチと紹介していますが、ひょっとしたら違うかもしれません。

ただ、調べてみると「ヒカゲイノコズチは花がまばらにつき、ヒナタイノコズチの方は花が密につきます。」という記載がありました。園内の日陰でも似たようなのを見ましたが、まさに花がまばらでした。

また「葉の裏の毛の長さがヒナタの方が明らかに長い」とのことですが、この時は知りませんでしたし、花に注目していたので、葉を見るのを忘れていました。いずれにしても、両者を並べて比較しないと分からないかもしれません。

なお、イノコズチとイノコヅチの表記があり、「ズ」と「ヅ」のどちらを使うのか?検索してみると、図鑑類ではイノコズチで、現代仮名遣いのルールに従うとそうなるようです。ミミズクと同じ解釈です。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:18 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

こういう地味な植物もきちんと撮られているんですね。
とても共感を覚えます。
去年、このイノシシの膝を取りましたので添付します。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/26/99/939ce96f0133787aabdda18bb49e41e3.jpg
漢字は「槌」ですから、私は現代ルールには従わず、イノコヅチとしました。考え方の古い頑固者です。

| 多摩NTの住人 | 2013/09/18 08:14 | URL | ≫ EDIT

イノコヅチ

この時期、野山でたくさん生えています。
繁殖力もなかかな強いようです。

イノコヅチを別名:ヒカゲイノコヅチと呼ぶのに
対して日向を好むのでヒナタイノコヅチと呼んで
います。

私も漢字で書くと猪子槌ですからイノコヅチと
普段から書いています。
濁点をとってみればわかりやすいです。

| 山小屋 | 2013/09/18 16:19 | URL | ≫ EDIT

多摩NTの住人さん こんばんは

ディックさんのとこで見て気になっていました。
こういうのは実際見てみないと分からないですからね。
立派な膝小僧です。
ちなみに、前回のツルボは多摩さんのとこで
見ていたので「オオッ!これか!」と思いました。

| 山ぼうし | 2013/09/18 22:21 | URL |

山小屋さん こんばんは

大きくしっかりした草本でした。
(ヒカゲは細い感じでした。)
私も最初、イノコヅチで書き終えたのですが、
(漢字の字面では、確かにそうですね)
たまたま本文にも書いた説明を見て
「図鑑でもそうなら」と変えてみました。

| 山ぼうし | 2013/09/18 22:21 | URL |

漢字でよく分かりました。

山ぼうしさま^^こんばんは~♪

もう、シランフリして歩いております。
緑が美しく、見過ごしてはソンをしますね。。。
これからは気をつけたい・です。

コズチという名から、豊かさをイメージします。
やはり、マクロの醍醐味です。。。
先ほどは、ありがとうございました~♪(#^.^#)

| 紗真紗 | 2013/09/19 00:30 | URL |

ヒナタイノコヅチ

おはようございます。

同種かどうかは定かじゃないですが、見ます。こちらでも。
ヒナタイノコヅチ。ヒナタで切らねばならんのですね。
最初戸惑いました(笑)。

さて、天気が続きます。田も乾いて来ましょう。
週末年に数回の農家体験をします。実家の稲刈りの
手伝い。良い気分転換になるのです。

| 地理佐渡.. | 2013/09/19 06:59 | URL | ≫ EDIT

紗真紗さん こんばんは

そうですよね、マクロ様さまです。
肉眼では本当に分からない小ささです。
大きい草なんですけどね、何故こんなに花が小さいのか?

| 山ぼうし | 2013/09/19 23:09 | URL |

地理佐渡さん.. こんばんは

カタカナだけの表記を見ていると、どこで区切っていいのか
分からない(間違えていた)ことが何度かあります~。
こちらも朝晩涼しくなりましたが、イイ天気で、名月で!

| 山ぼうし | 2013/09/19 23:10 | URL |

写真を撮ろうかな、と思ったとき、きれいに撮れそうなので撮りたい、と思うのがヒナタのほうで、こんなの撮っても絵にならん、と思うのがヒカゲのほう。
それは多分、花が蜜とかまばらとか、その辺りが影響しているような…、そんな感じがしています。
自信はありませんが、多分ぼくの上の判別は、こちらで調べられたいろいろの記述からして、正しいのではないか、とそんな気がしていますが、どうなんでしょうね。

| ディック | 2013/09/20 21:39 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

「日陰でも似たようなのを見ましたが、まさに花がまばらでした。」と記しましたが、さらに、茎が細く、花序は長くなっていて、結局一枚も撮りませんでした。
この時はヒナタを見たので充分と思っていましたが、違いを知るためにはヒカゲらしい方も撮っておけばよかったかな~、でも(この時は)違いを知らないんだから撮りようもないな~などと後から思った次第です。
ヒカゲをまだ明確に認識していないので、はっきりと言えませんが多分そうなのかもしれませんね。

| 山ぼうし | 2013/09/22 00:29 | URL |

その後も注意して見ていますが、ヒナタが成長してひょろひょろと長くなったのか、ヒカゲなのか、どうもよくわかりません。
ひょろっと長いのは、カメラマンの目からは魅力がないのは確かです。

| ディック | 2013/09/27 21:01 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

今日も行ってみたのですが、台風のせいで倒れていたり、
斜面地の群生は刈られていたりで・・・。
もちろん残っているものもあるのですが、花が終わったこともあり・・・チラ見程度です(笑)。

| 山ぼうし | 2013/09/28 22:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/452-4fd2ae8f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT