きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エノキ ~橙褐色の果実

北本自然観察公園のススキの生える草はらの周りには、クリやクヌギなどがあり、果実の様子を見るため行く度に立ち寄っています。その草はらの中には大きな樹が一本あります。※たまたま近くを通ったら多数の小さな果実が・・・。〈散歩日:9月14日〉

エノキ(榎)は、ニレ科エノキ属の落葉高木です。本州~九州に分布し、雌雄同株で大きく成長すると高さ20メートル、径1メートル以上になります。

同じ仲間のケヤキやムクノキに比べると、枝が横に拡がり丸い樹形になるようです。そのため、街路樹には用いられず、公園や寺社の境内などで大きな樹をみます。ただ、鳥が種を運ぶのでいつの間にか生えてくる樹でもあります。

1.草はらの中のこんもりした大きなエノキです。目線よりも低い所から枝が伸びて
  います。通行があればこうはならないでしょう。自然な感じがします。
きれぎれの風彩 「エノキ」1-1


2.葉に見え隠れして小さな果実が見えました。
3~5.橙色から橙褐色・紅褐色で直径6ミリほどの球形の果実がついていました。
  葉の下なので片手で葉を持ち上げながら撮りました。
6.見上げてもたくさんの果実です。逆光なので・・・。
「2」「3」「4」「5」「6」
「エノキ ~橙褐色の果実」

たくさんの果実ですが、密集するのではなく、少し離れて一個ずつ付いています。
(どのような花だったか?見ていないような覚えてないような・・・。)
完熟果は甘く、小鳥がよくついばみます。(人も食べられるそうです。)

7.樹の幹の様子です。込み入った(?)枝振りです。
  翌週(9/22)には、木登りをして遊んでいる4~5人の子供を見ました。
きれぎれの風彩 「エノキ」1-7


エノキの葉は互生し、長さ10センチほどの卵形又は長楕円形で、少し先がのびます。葉の付け根から3本の葉脈が長くのび、鋸歯は先端から葉の半分ほど、鋸歯の先端には脈が達していないなどの特徴があります


北本自然観察公園のススキの生える草原は、以前は屋根を葺くためのカヤや牛馬のエサをとるために使われていたそうです。

※夏には草が茂りに茂り、とても歩けるような状態ではない時もありました。そのような場所なので立ち入る者は、勢いで突っ込む子供の他滅多に見たことはありません。草が刈られたのはバッタ観察の時期になったから(バッタの宝庫です)かどうかは分かりませんが、おかげで、私も草はらに入ってみようという気になった次第です。


オマケ
左:カヤツリグサ科カヤツリグサ属の「ヒメクグ」だと思います。球形の花序とその
  基部からでる長い葉、それら全体の花姿が面白いです。
右:不明です。シソに似た感じですが、山野草のような?雑草のような?
きれぎれの風彩 オマケ01「ヒメクグ」   きれぎれの風彩 オマケ02「不明」


スポンサーサイト

| 落葉高木 | 23:54 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

エノキの実も熟し始めましたね。
試食はされませんでしたか。
なかなか野趣あふれる味ですよ。
エノキの花は4月頃に咲きますが、全く目立たないので見逃すことが多いです。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/15/ac/78bc4798536ce91de11a9ba6c3f36f96.jpg

| 多摩NTの住人 | 2013/09/24 08:41 | URL | ≫ EDIT

エノキは、葉脈から判別がつくようになりました。
少し気づくのが遅かったせいか、付近の実はもう黒くなったものばかりです。

| ディック | 2013/09/24 21:47 | URL | ≫ EDIT

エノキそしてヒメクグ

おはようございます。

エノキ。こちらでも見られるのですが、
今年はなかなか縁遠いです。
さて、ヒメクグ。久しぶりに見ました。
長岡にいました時に撮影紹介もしたこ
とが有りました。なかなか可愛い植物
です。

| 地理佐渡.. | 2013/09/25 06:43 | URL | ≫ EDIT

食べられる実

 すっかりご無沙汰しました。
休養十分で再登場です。
 エノキの実も食べられるんですね。
先日、長野に行って来ましたが、宿の夕食に
フルーツとして、山ぼうしの実が出ましたよ。
初めてなので皮ごと食べたら、おかみさんから
川を剥いて食べるんだと言われました。
 翌日の朝食には、冷凍して皮を剥いた実を
出してくれましたが、甘くて美味しかったですよ。

| 西恋おじん | 2013/09/25 10:31 | URL | ≫ EDIT

野山も実りの秋ですね。
エノキの実、本当に離れて一個一個実が付いているのは珍しいかもしれません。
食べられると云うのも嬉しいです。
そして、子供が木登りして遊んでいる姿、いいですね、
最近は、あまり見かけません。
先日、また北富士へ行って「サルナシ」と云う実を見つけました。
山ぼうしさんならきっとご存知かな?
北富士の草原を歩きながらいつも思いますが、
きっとこう云う場所、山ぼうしさん好きだろうな~と。

| 風子 | 2013/09/25 15:53 | URL | ≫ EDIT

多摩NTの住人さん こんばんは

さすがに試食は・・・、施設内ですし・・・、
一番の理由は、お腹が弱いのでチャレンジし難いのです。
エノキの花は、奥ゆかしいのですね(苦笑)。

| 山ぼうし | 2013/09/26 00:25 | URL |

ディックさん こんばんは

この実を好物とする野鳥さんは多そうなので、
そちらのレストランは人気店なのでは(小笑)。
黒くなるとシワが目立ちますね。

| 山ぼうし | 2013/09/26 00:26 | URL |

地理佐渡さん.. こんばんは

エノキって果実が成るので、あったら田舎の子供でも
覚えていると思うのですが、実家にいるころ・・・まったく覚えがないです。
カヤツリグサも仲間が多そうですね。これは確かに可愛いです。

| 山ぼうし | 2013/09/26 00:27 | URL |

西恋おじんさん こんばんは

あと数日で月が変わります。だいぶ蓄えたのではないですか(笑)。
山ぼうしの実はまだ食べたことないです。
そのままでしょうか。我が家のシンボルツリーなのですが・・・。

| 山ぼうし | 2013/09/26 00:27 | URL |

風子さん こんばんは

エノキの樹形は安らぎでしょうか。イイ光景だと思いました。
木登り遊びは楽しいのですが、近年は「危ない」になるのでしょうね。
「サルナシ」というのはまだ見たことがありません。やはり食可?
北富士の草原!絶対好きです。寝ころびたいです。
それに、頂いたコメントは(何故かは文字で表現しにくいのですが)
沁みて泣けてきます。とても嬉しいです。ありがとうございます。

| 山ぼうし | 2013/09/26 00:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/455-1c1b0533

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT