きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イボクサ ~3枚片の花、水田害草

北本自然観察公園の湿地には様々な植物が自然のままに生えています。その中に、淡い紫色の花が咲いていました。初めて(?)見るイボクサでした。〈散歩日:9月22日〉

イボクサ(疣草)は、ツユクサ科イボクサ属の一年草です。日本各地に分布し、水田や畦、用水路、湿地に生育します。花は可愛いのですが、水田の害草のようです。

茎は赤みを帯び、下部で分枝しながら横に這い、節から発根しながらさらに拡がります。上部は斜上して高さ20~30センチほど。

1.様々な植物に混じって全体像は分かりにくいのですが、イボクサの花が顔を
  覗かせていました。
きれぎれの風彩 「イボクサ」1-1


2.初秋~秋、茎の先や葉の脇に径1センチほどの卵形の花をつけます。
  花被片は3枚で、基部の白から先に向かって淡い紫色のグラデーションです。
  花糸の下部には白い毛があります(画では分かりにくいです)。
きれぎれの風彩 「イボクサ」1-2


3.花は一日でしぼんでしまうそうです。
  花被片の間に、少し短くて細い萼片があります。
きれぎれの風彩 「イボクサ」1-3


4~5.節ごとに葉をつけ、葉は狭披針形で長さ5センチ前後。
  葉は基部が鞘状に茎を抱きます。葉鞘内でも閉花受粉して種子を作るようです。
きれぎれの風彩 「イボクサ」1-4

きれぎれの風彩 「イボクサ」1-5


イボクサの名前は、疣(いぼ)取り草の意味で、疣を取るのにイボクサの汁を付けたことに由来するそうですが、特に薬効は知られていないようです。

水田の害草として知られ、やや多肉質で晩秋まで枯れないため、水田内に繁茂するとその重みでイネを倒伏させたり、作業機械をスリップさせるという。
といっても、イボクサは自然に育っているだけです。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

イボクサ

可愛い花・か弱そうな花ですが茎がしっかりささえているのですね。
>葉鞘内でも閉花受粉して種子を作るようです。

そのような感じが、ツユクサの性理といいますか?
自家花粉するのでしょうか?
葉はツユクサにしてると思います。

| ころん | 2013/10/12 10:27 | URL |

イボ・・クサ。。。

山ぼうしさま^^こんばんは~♪

この中から、イボクサを見つけるなんて、
すごいことです。
三角形を想わせて、
しかも薄紫の品のあるお花ですね~!
シベが可愛いくて、一日花なのですね。。。

イボを取る!そういうことですと、いい名前です。
先ほどは、ありがとうございました~♪

| 紗真紗 | 2013/10/12 21:28 | URL |

ころんさん こんばんは

そうですね~ツユクサを一回り
小さくしたような感じかもしれません。
ツユクサも自家受粉するようですよ。
茎は丈夫そうです。

| 山ぼうし | 2013/10/13 18:09 | URL |

紗真紗さん こんばんは

イボクサも探しにくかったのですが、
次のハシカグサはさらに・・・。
イボクサの花は可憐な感じですよね。
3枚しかない花弁ですけど、萼とのバランスが
微妙にイイですよね~。

| 山ぼうし | 2013/10/13 18:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/462-be11a554

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT