きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カラタチバナ ~縁起植物の“百両”

先月ヤブコウジを見て取り上げましたが、その翌週に同属の縁起植物「カラタチバナ」を北本自然観察公園で見ることができました。〈散歩日:12月23日〉

カラタチバナ(唐橘)は、ヤブコウジ科ヤブコウジ属の常緑小低木。茨城県・新潟県以西から九州の常緑樹林内のあまり日の当たらない林床に自生するそうです。

樹高は20~70センチ。ほとんど枝分かれせず直立します。
1~2.一見1株と思いましたが、大と中サイズが寄り添っていました。
その隣に小サイズもありました。
きれぎれの風彩 「カラタチバナ」1-1

きれぎれの風彩 「カラタチバナ」1-2


未見の花は葉腋から花柄を斜上させ、散形状の花序になるようです。花期は7月頃。
3~4.果実は径8ミリ前後になり晩秋から赤く熟します。
きれぎれの風彩 「カラタチバナ」1-3

きれぎれの風彩 「カラタチバナ」1-4


5.葉は茎の中程から上部に互生し、細長い披針形で先は尖ります。長さは15センチ前後になり細かい波状の鋸歯があります。
きれぎれの風彩 「カラタチバナ」1-5


名前の由来は・・・ハッキリしていないようです。赤い実を唐(から)から来たタチバナ(ミカン科)に例えたという「タチバナ」ベース説や、花がカラタチの花に似ていることからきている「カラタチ」ベース説もあるようです。
ただ、今のところタチバナもカラタチも認識していないので何とも・・・。

別名「百両」の由来は、マンリョウ(万両)に対して百両と呼ばれる。という記載もありましたが、『イー薬草』では~中国の古い植物名には、百両金という名の植物名があり、江戸時代に伝わったことから、百両にカラタチバナの名に当てて、それより果実が大きいことから、千両、万両の名をあてたそうです。~と記しています。

※名前も縁起の良い樹のメモ書
 ・万両=マンリョウ(ヤブコウジ科ヤブコウジ属)
 ・千両=センリョウ(センリョウ科センリョウ属)
 ・百両=カラタチバナ(ヤブコウジ科ヤブコウジ属)
 ・十両=ヤブコウジ(ヤブコウジ科ヤブコウジ属)
 ・一両=アリドオシ(アカネ科アリドオシ属)


そういえば、2010年4月末に「花と緑の振興センター」で苗木の無料配布があり、高さ15センチ程のマンリョウをいただいたのですが、鉢植えにして、その後枯れてしまったことを思い出しました。


≪オマケ≫
駐車場横のトイレの近くで、赤い実をたくさんつけた樹がありました。<1月3日>
きれぎれの風彩 「赤い実:不明」01   きれぎれの風彩 「赤い実:不明」02



スポンサーサイト

| 常緑低木 | 23:41 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

カラタチバナはまだ見たことがありません。
何となくマンリョウの雰囲気があるんですね。
縁起物では、センリョウ、マンリョウ、イチリョウを庭に揃えて、「千両、万両、有り通し」と言うそうです。
我が家の庭はセンリョウだけです。
以前、マンリョウの苗を同じように枯らしてしまいました。

| 多摩NTの住人 | 2014/01/10 08:02 | URL | ≫ EDIT

そうか、ヒャクリョウというのも当然あったのですよね。
こうして拝見すると、万両、百両、十両は似ているのは科が同じだからか。千両は大きな茂みになりますし…。
宝くじ 見ないうちが花…ですかねぇ。まだ見ていない。百万両になっていないかなあ。

| ディック | 2014/01/10 09:44 | URL | ≫ EDIT

今日は、鏡開き これでお正月気分もおわりですね。
今年初めての訪問になると思います、本年も宜しくお願い致します。

冬の寒いこの時期、花も少なく、歩いているとなぜか眼につくのが赤い実ですね。
本当に赤い実が多いです。
千両、万両、万両の方が良いと思いますが、
千両の実は上を向いて付くので縁起がいいと云われ
お飾りや、生け花に使われると聞いたような気がします。
一両から万両まであるとは知りませんでした。

| 風子 | 2014/01/11 09:40 | URL | ≫ EDIT

カラタチバナ

百両にふさわしい存在です。
10本も集めれば千両になりませんか?(ジョークです)
千両、万両は正月飾りに欠かせない植物です。

| 山小屋 | 2014/01/12 19:20 | URL | ≫ EDIT

多摩NTの住人さん こんにちは

カラタチバナは万両・千両に比べると
庭木に用いられることが少ないのでしょうね。
千両もアリドオシも見てみたいものです。

| 山ぼうし | 2014/01/13 13:57 | URL |

ディックさん こんにちは

ヤブコウジ属は果実が葉の下につくようですね。
それに、赤い実で柄があって似ています~。
昔の方は粋な名前の付け方をするものです。

| 山ぼうし | 2014/01/13 13:57 | URL |

風子さん こんにちは

こちらこそ宜しくお願い致します。
赤い実は鳥さんにも見つけやすいのでしょうね。
縁起植物は並べて見てみたいものです。

| 山ぼうし | 2014/01/13 13:58 | URL |

山小屋さん こんにちは

縁起が良いとされる木は、ナンテンとか他にもあるようですね~。
知らない私がいうのも何ですが、
日本の植物文化はどうなるのでしょう!?

| 山ぼうし | 2014/01/13 13:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/485-cdfeaa8d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT