きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スノードロップ ~雪の雫・耳飾り

2年前に初めて市内のお寺でチラッと見ました。昨年は気付いたら終わっていました。今年こそは日記でもとりあげようと思いましたので、2年前と同じ2月に見に行きました。〈散歩日:2月23日~3月15日〉

スノードロップは、ヒガンバナ科ガランサス属(スノードロップ属、マツユキソウ属)の球根植物の総称です。寒さの残る早春から花を咲かせる春を告げる花です。

花は白色で、外側に大きな花弁(外花被)が3枚と、内側に小さな花弁(内花被)3枚があります。一般的な種では内花被に緑色の斑点がでます。

1~3〈2月23日〉期待して見に行ったスノードロップは、まだ草丈が小さいです。
  大雪のせいでしょうか(?)でも花は咲いていました。
4~5〈3月2日〉雨上がりの曇天です。花は水滴をつけて閉じていました。
「1」「2」「3」「4」「5」
「スノードロップ ~雪の雫・耳飾り(1)」

6~8〈3月9日〉天気も良く、外花被の3枚が大きく開いていました。
  しかし、葉はまだ短いように思いまし、花茎は斜めが多く・・・。そこで、
9~10〈3月15日〉昨日も見てきました。葉は伸びたものの、大半の花は終了に。
「6」「7」「8」「9」「10」
「スノードロップ ~雪の雫・耳飾り(2)」


以下は、2年前(2012年2月26日)の同所のスノードロップです。
11~12.今年の花姿とはかなり違い、花茎も葉もシュッと伸びています。
  内花被の緑色の逆さハートも、今年のよりもキレイです。
きれぎれの風彩 「スノードロップ」1-11


きれぎれの風彩 「スノードロップ」1-12


今年の様子はイマイチかもしれませんが、これが数十年振りの大雪によるものとすれば、これはこれで珍しいのかもしれません。(と思う事にします。)

ところで「スノードロップ」という名前ですが、ドロップは雫(しずく)なので花弁を「雪の雫」に例えたということです。でも雪の雫というのは、雪が融けて水になってそれが滴り落ちるところ・・・ということでしょうか?雪国産の私にはピンとこない単語です。氷の雫であればイイ感だと思いますけど。

そんなことを考えていたら、あるWebサイトで~この場合の「ドロップ」は「イヤードロップ(耳飾り)」の意味で、つまりスノードロップとは「雪の耳飾り」を意味する名前~との記載がありました。それなら納得です。

スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 22:41 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

スノードロップは可愛い姿ですね。
先週末にいつも見ている場所に行ってみましたが、姿が無く、残念に思っていたところです。
大雪にやられたのかも知れません。
またどこかで出会いたいものです。

| 多摩NTの住人 | 2014/03/18 08:11 | URL | ≫ EDIT

スノードロップ

 スノードロップを初めて見たとき、こんな可愛い花が
あるんだと感激した記憶があります。
 昭和記念公園にあるのですが、皆さん地面に這いつくばって
撮ってますよ。

| 西恋おじん | 2014/03/18 18:15 | URL | ≫ EDIT

耳飾りでしたか。ぼくもそれなら納得です。
大船フラワーセンターで、2月25日に撮りました。
背丈が低くて、撮り方の位置によっては魅力を引き出せないし、撮るのはなかなかたいへんでした。

| ディック | 2014/03/18 21:19 | URL | ≫ EDIT

スノードロップ

これが咲くと次はスノーフレークですね。
スノーフレークは雪の小さな塊だそうです。
一般にはスズランスイセンといったほうがわかりやすいですね。
葉っぱがスイセンの葉に似ていて花がスズランのような花です。

| 山小屋 | 2014/03/19 18:41 | URL | ≫ EDIT

まだ見ていないです。

こんばんは。

もう咲いているんですね。こちらでは
見ていないです。まだでしょう。
どうも今年は本格的春の到来が遅れて
いる気がします。

スノードロップ   可愛い花です。


| 地理佐渡.. | 2014/03/19 20:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/504-60ecc82b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT