きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニワトコ ~円錐花序に淡黄白色の花

久しぶりに北本自然観察公園に行ってきました。駆け足で過ぎる春の様々な光景ですが、前回同公園に行ったのは3月のウメが見頃の頃でしたので、「久しぶり」ではないかもしれませんが、かなり様子が変わっていましたし、初見も多かったです。1周するのにいつもより倍くらい時間がかかりました。〈散歩日:4月19日〉

今回は、初めて認識した「ニワトコ」です。他の方のブログで拝見していましたので、花を見た時にすぐに分かりました。(名前も記憶に残っていました。)

ニワトコ(接骨木:セッコツボク、庭常)はレンプクソウ科(旧スイカズラ科)ニワトコ属の落葉低木またはです。日本各地の山野に自生し樹高は3~6メートル。

1.枝先につく淡黄白色の花序は形が様々で(質感は別にして)綿アメのようです
きれぎれの風彩 「ニワトコ」1-1


2.枝(幹?)は弧を描いていました
3.今回は3ヶ所でニワトコをみました。これは一番大きな樹です
4.日陰のニワトコです。いずれも全体の姿を撮りにくい樹形でした
5.花冠は5裂して反り黄白色、雄しべは5個で、赤いのが雌しべ(?)
6.花が終わった後は緑色の子房が現れ、緑色の房になります
「2」「3」「4」「5」「6」
「ニワトコ ~円錐花序に淡黄白色の花」


7.葉は奇数羽状複葉で対生します。長楕円形や広披針形という形のようです
  日陰の↓は細長いです。細かい鋸歯があり、大きい葉で長さ10センチ前後
  小葉は相対的に花の付かない枝の方が小葉の数が多いです
きれぎれの風彩 「ニワトコ」1-7


初夏には球形の果実が熟して赤くなるそうです。場所は分かりましたので実際に確認したいと思います。

ニワトコという名前には諸説あるようです。例えば、庭ツ五加木(ニワツウコギ)の略転、ニワツコギがニワツコとなりニワトコになったという説があります。
スポンサーサイト

| 落葉低木 | 22:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ニワトコ、これで憶えられましたね。
根岸森林公園、本牧山頂公園、横浜市こども植物園で、それぞれ複数見ていますが、ぼくも、これといった樹形がないように思います。食べられるので、若芽を摘んでしまう人がいます。

| ディック | 2014/04/26 20:48 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

ニワトコの花が今、盛りですね。
真っ赤な果実を是非ご覧下さいね。

| 多摩NTの住人 | 2014/04/27 16:56 | URL | ≫ EDIT

ディックさん こんばんは

今日は大きい株を見ましたが、
枝が弧を描く様子が顕著でした。
食べられる!?山菜なのですね~。

| 山ぼうし | 2014/04/27 23:12 | URL |

多摩NTの住人さん こんばんは

今日も同地を訪れましたが、
全体的には終わりでした。
果実は見逃さないようにしたいと思います。

| 山ぼうし | 2014/04/27 23:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/516-488c1f54

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT