きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オオイワカガミ ~光沢ある葉に桃色花

GW新潟帰省時の山散歩、ブナ林の林縁で尾根から崖のような斜面になるところに群生していました。葉は実家にいる頃に見覚えがありますが名前は知りませんでした。調べても?そこで、越後在住の方に教えて頂きました。〈散歩日:5月5日〉

オオイワカガミ(大岩鏡)はイワウメ科イワカガミ属の多年草です。北海道南部~本州中部の日本海側で、山地の落葉樹林の林床に自生します。(尾根筋のやや渇き気味の林床・・・との記載もありましたが、まさしくその通りです。)

1.群生の様子です。急な斜面を樹の枝につかまりながら降りて、見上げました
  斜面の上はブナ林です。山道の中で気付いたのはこの場所だけでした
きれぎれの風彩 「オオイワカガミ」1-1


葉は大きく円形で径は10センチ以上になります。葉には長い柄があり、地面に接して横に這い枝分かれします(見た目では分かりません)。縁には鋸歯があり、表面に光沢がありツヤツヤしています。

花茎を立ち上げた先に、ピンク色の花が数個下向きにつきます。花冠の径1センチほど、長さは2センチほど、花弁の縁は細かく裂けます。

2~3.大きな葉ですが、葉は低く斜上し、花は上に立ち上がるので、花が隠れる
  ことはないようです。上手く出来ています。
4.花弁の縁のビラビラが印象的で、不思議です。花色はピンクですが濃淡様々です
5.画は少しボケていますが、花を正面から見たのはこれしかなくて・・・
「2」「3」「4」「5」
「オオイワカガミ ~光沢ある葉に桃色花」


同属に「イワカガミ(岩鏡)」という草本があり、葉につやがあり固く、光を照り返すので岩鏡の名が付きました。その大型種であることが名前の由来です。

ちなみに、国営越後丘陵公園のWebサイトには「多雪地のブナ林などの林床にはえる多年草です。」と紹介されていました。少なくとも当地ではその通りです。

生まれ育ったところなのに、そこにどのような植物があるのかを知らない。そんなことを実感しているここ数年です。これからは帰省の都度、長~い目で見ていこうと思います。

スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こちらでも見ましたが..

おはようございます。

今朝も雨です。たぶんそちらもでしょう。

オオイワカガミ。僕も見ましたが、紹介
されているほどにぎわうこの種の盛期に
見ていません。それが残念です。
季節の進行は待ってくれません。こうして
撮影されて紹介された。今年は良いタイ
ミングを得ておられますね。

さて、雨脚がまた強くなってきたような..
これから色々準備して出勤なのですが。


| 地理佐渡.. | 2014/05/22 06:27 | URL | ≫ EDIT

オオイワカガミ

イワカガミの中でも葉っぱが一番大きいですね。
標高が高いところにはコイワカガミというのも
あります。
夏山で時々出会います。

| 山小屋 | 2014/05/22 19:16 | URL | ≫ EDIT

オオイワウチワなら見たことがありますが、これもきれいな花ですね。
毎年、帰省されたときはいろいろな花をご覧になって楽しまれ、知識も増えて、ご実家に帰られるにも別の楽しみがあるわけで、すばらしい。

| ディック | 2014/05/22 21:09 | URL | ≫ EDIT

オオイワカガミ

たぶん山小屋さまブログで拝見しましたような記憶。
群落は見事です。
環境に適した林床に咲く。
自然は素晴らしい物生み出しますね、

| ころん | 2014/05/25 20:45 | URL |

地理佐渡さん.. こんばんは

タイミング、そうですよね~今年の帰省の時と合ったのは
ラッキーでした。今までは気付かなかったですし。
別のブログに記しましたが、
22日はゲリラ豪雨にもタイミングが合いました(苦笑)。

| 山ぼうし | 2014/05/26 00:05 | URL |

山小屋さん こんばんは

標高が高い所にはなかなか機会が無いのですが、
イワカガミの仲間もたくさんあるようですね。

| 山ぼうし | 2014/05/26 00:06 | URL |

ディックさん こんばんは

ん~そうですね~確かにここ数年は、ちょっと出かけるにしても
そこの植物はもちろん、地元の巨樹も探したり・・・。

効果は分かりませんけど、本種の花のビラビラは細かくて驚きました。

| 山ぼうし | 2014/05/26 00:07 | URL |

ころんさん こんばんは

広い林床の中からどういう理由で「ココ」となったのか、
不思議です。聞いてみたいものです
場所は分かりましたので、来年も見ようと思いますが、
新潟の春先の植物はタイミングが難しいようです。

| 山ぼうし | 2014/05/26 00:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/535-2380a53b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT