きれぎれの風彩(ふうさい)

庭木や植物、自然やエコを中心に…関心のあること、気になったことを綴っています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ショウジョウバカマ ~紅紫で球状の花序

GW新潟帰省時に近くの棚田を見に行った時、車道に接する急斜面の下側にショウジョウバカマ咲いていました。小さい頃から馴染みのある花ですが、よく知らない花でもあります。近年は帰省時にしか見ません。〈散歩日:5月4日〉

これまで漠然と見ていましたが、調べてみると「そうなの!?」と思う事が多々ありました。そこで、過去に撮った画も併せて取り上げることにしました。

ショウジョウバカマ(猩々袴)は、ユリ科ショウジョウバカマ属の多年草です。
北海道から九州までの、やや湿った場所(小川沿いや水分の多い傾斜地など)に自生します。雪国では、雪解け後すぐに花茎を伸ばし花を咲かせます。

1.花茎は高さ10~30センチで数個の鱗片葉(りんぺんよう)をつけます
  これまで鱗片葉がついていることにも気がつきませんでした
  この花茎は花後にさらに伸び50センチ超にもなるそうです
きれぎれの風彩 「ショウジョウバカマ」1-1


2.葉はやや細長く光沢があり、根本からロゼット状に伸びます
  「花時に本年の新しい根出葉のロゼットが出ます・・・」という記載がありました
  花茎の根本の小さい葉がそれのようです
きれぎれの風彩 「ショウジョウバカマ」1-2


花の咲き初めは雌しべの柱頭が飛び出た雌性期で、花粉はまだ雄しべの葯の中です(雌性先熟)。その後雄しべが伸びて雄性期になります。自家受粉を避けるためです。

花は径1センチ強で、花茎の頂に数個が総状花序につき(径3~5センチの半球~球状にまとまり)横向きに咲きます。
花の色は紅紫色ですが、地域・生育場所により濃淡が異なり白色もあります。

3.雄性期になったばかりの花でしょうか、葯はまだ出ていません
きれぎれの風彩 「ショウジョウバカマ」1-3


4.雄しべがさらに伸び、葯が出ている状態です
  一つの花には花披片が6枚あり、雄しべも6個あります
きれぎれの風彩 「ショウジョウバカマ」1-4



葉は冬も枯れないで残ります。雪融け直後は赤みを帯びているので、傷みかと思っていましたが、これは低温による凍結を避けるために耐凍性のあるアントシアニンという物質を葉に蓄えるからであり、この色素が赤いのだそうです。

本種は種子の他に、大きくて古い葉(3年葉)の先端部に小苗(栄養繁殖体)を形成し、それが根を張ることで増えることができます。実生の生育が困難なのでこのように確実に子孫を残す戦略をとっています。

ショウジョウバカマは不思議な生態をもっている植物のようです。

ところで、名前の由来は諸説ありますが、紅紫色の花を中国の伝説上・空想上の生物「ショウジョウ(猩々)」に、葉を「袴」に見立てています。実際には誰も見たことがない生物なのに・・・やはり不思議な植物です。
スポンサーサイト

| 草本(草花・野草) | 23:31 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

ずいぶん調べられましたね。
鱗片葉は知りませんでした。
とても参考になります。

| 多摩NTの住人 | 2014/05/29 07:57 | URL | ≫ EDIT

土曜日に山ぼうしさんの故郷近くに行ってきました。
ショウジョウバカマも探しましたが残念ながら見つからず。
オオイワカガミは見られました!
ネーミングに関しては竜も想像上ですが、リュウノヒゲなどいっぱいありますね。
確かに猩々は珍しい。

| らーしょん | 2014/05/29 10:39 | URL |

不思議な生態…、くわしい記事ですね。
ぼくは昨年初めて見つけて、あまりの美しさに感動しました、写真うつりのよい花でもありました。
それだけで満足して、こんなふうに調べたことはなく、たいへん勉強になりました。

| ディック | 2014/05/30 20:31 | URL | ≫ EDIT

多摩NTの住人さん こんばんは

小さい頃から(植物に関心を持つ前から)見ていた本種ですが
知らないことばかりで・・・。
そういう植物を取り上げていこうと思い、次はミズバショウに。

| 山ぼうし | 2014/05/31 19:06 | URL |

ら~しょんさん こんばんは

ショジョウバカマは残念でしたね~。
高地だからまだ花はあると思うのですが、終わりかな?
竜はほとんどの方がイメージできると思いますけど、猩々ってね~。

| 山ぼうし | 2014/05/31 19:11 | URL |

ディックさん こんばんは

私は小さい頃から何度も見ていますので(上辺だけ)、
改めて調べてみようと思った次第です。
今、初めてこれを見たら「何じゃこれ!」と艶姿を眺めていたことでしょう。

| 山ぼうし | 2014/05/31 19:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ino1127.blog57.fc2.com/tb.php/538-9148dfda

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT